飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

2017年のドライバーのトレンドは短尺?

更新:

毎年、新しいモデルのドライバーが発表され、新しい素材、新しい仕組みを取り入れています。低重心、低スピンは当たり前になりました。そして、新しい仕組みがトレンドになることもあります。ですが、2017年シーズンは少し違う感じがします。

これは、私の勝手な想像なのですが、短尺ドライバーが流行るのではないだろうかと考えています。2017年に入ってからシャフトを短くしたドライバーを使っていた選手が目立ったように感じまし。といっても、今のところはジミー・ウォーカーとリッキー・ファウラーだけですが。キャロウェイのパトリック・リードが以前より短尺ドライバーを使っていましたね。

ジミー・ウォーカーとリッキー・ファウラーの使用ドライバーを調べてみました。

 

ジミー・ウォーカー

ジミー・ウォーカーは、2017年SBSトーナメントofチャンピオンズに出場したときには、42インチのドライバーを使っていました。42インチといえば5番ウッドと同じくらいの長さとなりますから、短くて振り易いでしょうね。ドライバーが42インチなので、3番ウッドの方も短くセッティングをして、41.5インチにしていたとのことです。

ジミー・ウォーカーのドライバー


GDOギアカタログ
スポンサーリンク  

ジミー・ウォーカーは、タイトリスト 917D2 ドライバーを使っております。もともと、弾き感の強いドライバーですから、シャフトを短くして、思い切り振り抜いていけるようにすれば、さらに弾き感が増してボール初速が速くなるのかもしれませんね。どちらにしろ、シャフトが短いというのは、構えやすさと安心感がありますので、スムーズなスイングができそうなイメージがあります。

タイトリスト 917D2

  • ロフト角8.5°
  • 長さ:42インチ
  • シャフト:Aldila Rogue Silver Limited Edition 80X
  • スイングウェイト D1
ジミー・ウォーカーのドライバーは、42インチ
ジミー・ウォーカーのドライバーの長さは、42インチ。5番ウッドくらいの長さ。明らかにドライバーより、飛距離は落ちますが、狙ったところに確実にボールを運べます。

 

リッキー・ファウラー

リッキー・ファウラーもドライバーを短くして、2017年 ザ・ホンダクラシック に出場していました。リッキー・ファウラーのドライバーは、43.5インチとなっています。もともと、44.5インチだったドライバーのシャフトを短くして、43.5インチにしたとのこと。そして、フェアウェイキープ率を高めたようです。3番ウッドくらいの長さのドライバーにして、飛距離よりも、ミートさせることとフェアウェイキープを優先させようという考えなのでしょう。

リッキー・ファウラーはご存知の通り日系であることから、体格も欧米人のように大きくはありません。身長も高くありません。自分でも周りの選手と比べると、ボクは背が低いから・・・と発言しています。となると、短めのドライバーは彼にとっては丁度良い長さなのかもしれません。

 

リッキー・ファウラーのドライバー


フェアウェイゴルフUSA

King F7+ ドライバー

  • 長さ:43.5インチ
  • シャフト:Aldila NV2K 70X

ロフト角など細かなスペックは判りませんでした。

リッキー・ファウラーのドライバーは、43.5インチ
ジミー・ウォーカーのドライバーの長さは、43.5インチ。
3番ウッドくらいの長さ。

 

飛距離も大切。だけど、狙ったところにボールを運ぶことはもっと大切

これからは、飛ばすドライバーではなくて、安心して振り切れるようなドライバーが重宝されるかもしれませんね。実際のところ、ドライバーよりも3番ウッドの方が飛んでいると感じる事もありますし、フェアウェイウッドでのティーショットの方が振り切れて、ナイスショットの確率が高くなります。

スポンサーリンク
 

もともと、私は身長がそれほど高くありませんから、45インチで460ccというデカヘッドのドライバーには違和感がありましたからね。短いドライバーもこれからはトレンドになるかもしれませんね。

海外選手が使う短めのドライバーというのは、私たちアマチュアにはぴったりなドライバーのように感じます。飛ばすよりも、フェアウェイにボールを置くことができれば、とりあえず次のショットでなんとかできるかもしれませんからね。

 

短尺ドライバーは、アイアンとの長さのバランスが良いかも

ドライバーの長さを42インチ、43インチにするということは、アイアンの長さとのバランスを考えると、とても振り易さがあるかもしれません。例えば、ジミー・ウォーカーの42インチドライバーを例えて考えてみます。ジミー・ウォーカーは、タイトリストです。タイトリストのアイアンの番手長さは、概ね奇数で1インチ刻みとなります。アイアンのシリーズによって異なることもありますが。

アイアンが1インチ刻みだったことを考えると以下の様になります。

ドライバー 42インチ
3番ウッド 41.5インチ
3番アイアン 39インチ
5番アイアン 38インチ
7番アイアン 37インチ
9番アイアン 36インチ

従来のドライバーの長さは、45インチ前後となっています。アイアン、フェアウェイウッドとのバランスを考えると、ドライバーだけが突出して長いということになり、振り難さを感じますし、違和感があります。

ドライバーの長さを短くすることで、セッティング全体の長さのバランスが整ってくるという考えもできます。

PGAツアー選手でも短いドライバーを使ってるんだから

ジミー・ウォーカー、リッキー・ファウラーの短いドライバーを使っているということを考えると、PGAツアー選手ですから、シャフトが短いドライバーを使いたくなるということです。ですから、私のようなアマチュアゴルファーだったら、背伸びせずに短いドライバーを使った方が良いということですね。最近は、レディス用のドライバーで練習をしてます。これからも、シャフトが短いドライバーは、注目を浴びるだろうと思います。

日々、精進
がんばります

関連記事

関連記事

タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング... ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
2019年4月 マスターズ開催 とうとう、2019年もマスターズ開催が近づいてきました。 本当に1年ってはやいですね 2019年 マスターズ開催予定日 2019年4月11日(木)~ ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン