2017年~2018年の飛ぶドライバー傾向

~2017年のドライバー傾向

 

ボール初速アップを狙っているモデルが増えています。以前のように、ヘッドがたわむという効果や、ソール側のスリットで弾きを強くしたりしながらも、フェース面自体を肉薄化して、ルールギリギリの反発係数にしているモデルもあります。

キャロウェイのGBB EPIC ドライバーは、ヘッド内部に2本の柱を取り付けて、ヘッドの無駄なたわみを抑えることで、強い反発が得られるという構造になっています。今までのヘッドのたわみは無駄だったのか?と思ってしまいます。最近の飛ぶドライバーと言われるモデルの殆どは、フェース面の反発を高める工夫を取り入れています。

純正シャフトも軽く、トルクが多めになってきています。軽いシャフトの方が速く振りやすいからだろうと思います。

そして、既に気付いている人も居るかと思いますが、いつの間にかシャフト(クラブ全長)が長くなっています。以前は、44.75インチ、45インチ、45.5インチ という数値を目にすることが多かったのですが、2017年モデルは、45.75インチのモデルが増えています。これって、46インチのシャフトをカットせずにそのまま差してる感じがしますね。

シャフトが長い方が、ヘッドスピードが速くなりますし、強いインパクトで打てるますので、理論的にはボール初速が速くなりますね。ただ、打点のバラ付きが気になります。

ルール適合内で高反発化
スイートエリア拡大
シャフト長目

 

関連記事

テーラーメイド M3、M4 最新モデル発売中


テーラーメイド M3、M4 最新モデル発売中。テーラーメイド直販ネットショップでは、合わなかったら無料交換キャンペーン開催中です。