飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

河川敷ゴルフ場で100ヤード前後のショット練習


グリーンまで、約100ヤードを残して、9番アイアンでどれくらい寄せられるのかを試したくて河川敷のゴルフ場に行ってきました。ウェッジではなくて9番アイアンです。

9番アイアンの振り幅をコントロールしなければいけないという難しさがありますが、慣れてくると良いショットが打てるということに気付きました。コントロールというか、スリークオーターのショットです。

約100ヤードをウェッジで打つ

グリーンまで100ヤードをウェッジで打とうとした場合、私の場合はフルショットになります。しっかりと深い捻転をさせてショットをします。フルショット・・・つまりフルスイングになります。この、フルスイングというのが、ショットの精度にバラ付きを発生させているのではないだろうかと思いました。飛ばさなければいけないという気持ちから、チカラ任せにゴルフクラブを振ろうとしていたのだろうと思います。

また、短い距離をウェッジでフルスイングするとショートしてしまうことが多いです。ウェッジのロフトなりの打ち方が出来ていないのだろうと思います。

フルスイングをする・・・深い捻転をするということから、少しだけスイングの軸がブレているように感じます。しかも、フルスイングで狙っていこうとしているので、腕(手)が入ってしまうことが多いです。そうなると、クラブはアウト側から入ってしまい、左へ飛んでしまうということが多いです。

ウェッジなどはアウト側から入れて、切るように打った方が良いとも言いますが、なかなか難しいものです。やはり、フェース面をスクエアにしてボールを捉えていく方が良い結果であることが多いです。

河川敷のゴルフ場
▲河川敷のゴルフ場です。高層マンションの方向に向けてティーショットを打っていきます。川越えの橋越えです。

約100ヤードを9番アイアンで打つ

100ヤードを9番で打つとなると、少し大きいと感じてしまいます。それは、9番アイアンでフルショットをした場合です。少し抑えたショットであれば、距離を調整することが出来ます。・・・というように、言葉で言うのは簡単なのですが、抑えたショットというのは、難しいです。フルスイングよりも難しいです。ただ、慣れてくると精度の高いショットが打てます。

一般的にいうところの、スリークオーターなショットになるかと思います。
つまり、フルスイングの4分の3(3/4)くらいの振り幅になります。

私の場合、9番アイアンで捻転で左の肩がアゴの下に入るかどうかというくらいのスイングで、約100ヤードくらいのショットが打てます。ハーフショットで約50ヤードから60ヤードくらいのショットが打てます。これは、人によって異なるかと思います。パワーのある人であれば、もっと飛んでしまうかもしれません。

また、使用するクラブが9番アイアンなのでハーフショットをした場合には、けっこうランが出てしまうことがあります。ランを考えた飛距離調整が必要になってきますね。

スリークオーターのショットを応用する

通常のアイアンショットにもスリークオーターのショットを応用してみると、けっこうナイスショットの確率が高まります。振ろうとか、打とうとか、飛ばそうという気持ちが無いので、フルショットする時よりも良い感じでクラブが降りてきますし、アイアンのフェース面でボールを打てている感触が心地よいです。

スリークオーターのショットは、ゴルフレッスンなどでもトライすることがあるのですが、実際のラウンドで意識して打ったことはありませんでした。フルスイングの方が良いと勝手に思い込んでいたのだろうと思います。

というよりも、スリークオーターのショットと思っている、そのスイングこそが無理のないフルスイングなのかもしれないですね。

関連記事

ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン