飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス

中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとしています。

ナイスショットするのか、ミスショットになるのか、それはアドレスで決まります。ボビー・ジョーンズも構えたら心配するには遅すぎると言っています。また、中部銀次郎さんはアドレスをしてから3秒で打つという3秒ルールというものを自分で作っており、3秒の間に様々な自分の身体のことを確認してからショットをするようです。

アドレスに入ってから色々と悩んでしまって、静止状態になったとしても、ボールの置かれた位置、立った位置、姿勢ですべてが決まってしまいます。アドレスでどのようなショットになるのかは決まっているという言葉を聞いたことがありますが、実際のところゴルフ場ではけっこう雑なアドレスをしていることもあります。

中部銀次郎さんはアドレスのときの頭の位置、そしてスイング中の頭の位置をとても気にしています。頭が動かないように気をつけているということです。頭が動けば、軸が動いてしまうということになり、軸がブレているということになります。軸がブレてしまうと、ナイスショットの確率が低くなってしまいます。

中部銀次郎さんは頭を動かさないための練習として、自分の頭(おでこ)を壁につけて素振りをするという練習をしていたようです。そして、アドレスでは頭を動かさない・・・頭を垂れさせないために天から髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレスをしたと書籍に説明されています。

髪の毛1本を引っ張ってもらう・・・とても不思議な感じですし、独創的な感じがします。

アドレスをするときに頭が垂れ下がってしまわないようにするための工夫だったようです。頭は身体の部位のなかでも重さがあります。ゴルフボールは足元にありますから、自然と下を向きます。下を向けば頭が下がってしまいます。頭が下がってしまうと、尾てい骨から脳天まで1本の軸が作れなくなるというということです。

自分が真っ直ぐな軸を保とうとしていても、尾てい骨から方までは真っ直ぐ、首から頭は下がってしまっていることもあります。

頭のことを考えるアドレス

 

実は私も頭が下がってしまう傾向にあります。ボールを見ながらアドレスをすると自然と頭が下がってしまいます。頭が下がるとボールを近くなったような感覚になり不思議と安心感が芽生えてきます。つまり、ショットに対する不安があるから、ボールに近づこうとしてしまい、頭が下がってしまっているというアドレスになっているということです。頭が下がると気にかけてもいないのに、窮屈なアドレスとなってしまいます。

髪の毛1本で引っ張られているような感じで、頭を上げれば自然と顎も上がってくるし、顎が上がれば、肩が入る空間も作られるし、尾てい骨から脳天まで1本の軸が作られて、効率の良いスイングができます。

どんなにヘッドスピードが速くても、頭が動いてしまっては、スイングで蓄積したエネルギーが逃げてしまい、クラブヘッドがボールにヒットする時には弱々しいインパクトになってしまいます。

中部銀次郎さんは自分のことを飛距離が出ないゴルファーだと言っていました。飛距離が出ないのであれば、飛距離が出ないなりの効率のよいショットができる工夫を取り入れていたのだと思います。

週間ゴルフダイジェストに連載された 銀のゴルフ をもとに再構成された書籍であり、わかったと思うな を一部引用している、中部銀次郎の第一打 という書籍というかコミックというか漫画のなかに書かれています。今まで読んできた書籍と重複するところもありますが、とても勉強になります。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ
views 222
中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シ...
頭を動かさない軸を意識したショット | ヘッドアップしない...
views 1269
更新:2018年07月05日 ヘッドアップすると、ミスショットが増えてしまいます。スライスしたり、トップしたり、スイング軸がブレてしまったりすることもあります。ヘッドアップすると何がいけないのか、ヘッドアップを修正する方法をまとめました。 頭を動かさない軸を意識したショット | ヘッドアップ...
青木功と中弁銀次郎の出会い
views 137
青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さん...
適切なインパクトを身に付けて飛距離アップ
views 141
簡単なトレーニングを発見しました。自宅で布団、枕など重さがあって柔らかさがあるものにゴルフクラブのヘッドを押し当ててインパクトを再現するというトレーニングです。自分のスイングでのインパクトを再現するには、タイヤなどにクラブフェースを押し当てたりしていたと、中部銀次郎さんの書籍には書かれていました。 ...
見た目には変なスイングだけど・・・
views 182
中部銀次郎さんの書籍「わかったと思うな」183ページ辺りに書かれていることが、とても心に刺さりました。それは、最近のゴルフ界で強い選手にも通じるような文節だったからです。 その文節はこのように書かれています。 第三者から見て汚いスイングに映ろうとも、その人が大きなミスをしない方法を知...
自室の壁に頭をつけて素振り スイングチェック 【 中部銀次郎 】...
views 255
中部銀次郎さんが取り入れていた練習方法というか、スイングチェック方法というか、自室での練習方法のひとつで、自分の頭(おでこ)を壁につけて素振りをするという練習方法があります。 実際に試してみると、なかなか効果的です。 自分の頭(おでこ)を壁につけて素振りをすると頭が動いているのかどう...
自分のゴルフを客観的に見る
views 37
中部銀次郎さんは若かりし頃にはビリヤードに凝っていた時期があったようです。書籍にもそのような事が書かれています。書籍の中ではビリヤードという言葉ではなく、玉突き という言葉が使われていました。 玉突きをすることでゴルフのヒントらしきものが得られたというようなことも書かれています。ボールを打つと...
自分に必要なゴルフクラブの本数確認
views 477
2018/07/04 更新 最近、スコアは悪くないのだけど納得できないショットが続いたりすることがあります。ナイスショットだと自分では思っていないのに、スコアが良いと言うことがあります。 逆に、ナイスショットだと自分では思っているのに、そのナイスショットがスコアに反映されないようなラウン...
自信のあるクラブだけでラウンドをしてみた
views 592
自信のあるクラブだけでラウンドをしてみた結果を紹介します。実際のところ、ラウンドをしていると、自信を持って打てるクラブしか使いませんから、自然と使うクラブが限られてくるということもあります。 自信のあるクラブだけでラウンドをしてみた 目次 クラブが少ない方がスコアが良い ドライバー...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ