飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

適正なスピン量 と 弾道 と 打ち出し角 で飛距離アップ?

昨今、ドライバーで飛ばすための要素として、打ち出し角、バックスピン量 が必要だということが明確になってきた時代になったと感じます。たしかに、その通りだろうなと思います。スピン量を減らしてしまうとボールが上がり難くなってしまうので、それを防ぐためにロフトアップをして、打ち出し角を適切にするということも当たり前になってきたように感じます。

低スピンなドライバー

ただ、低スピンにすることでボールが上がりにくいと感じてしまうようなドライバーも増えてきたなと思うこともあります。やはり、ある程度はボールを上げる事が出来なければ飛距離は出ないと思います。低い弾道でも良いのですが、直ぐに着地してしまっては本当のキャリーを出すことができません。

スピンがあるから、バックスピンがあるからこそボールが浮いて、ボールが上がってくれます。揚力ですね。つまり、スピンはボールを上げるためのエネルギーとなっています。打ち出し角以上にボールが上がる理由のひとつはバックスピンがあるからでしょうね。逆にスピンが多すぎてしまってはボールが高く上がりすぎてしまって、前に飛びません。飛距離をロスしてしまいます。

スピン量を減らして、ボールが上がり難くても、打ち出し角を高めに設定してあげれば、良いという発想になるということはよくわかります。ですから、最近のドライバーは低スピンだけど打ち出し角は適切であるというか、今までよりはロフト角の数字が大きくなっていますね。そして適切な打ち出し角が得られるようなアピールをしています。低スピンなドライバーになってきたから、ロフト角の数字を大きくしようというようなアピールもありましたね。

ロフトアップ

ただ、ロフト角が大きくなると・・・スピン量が増えてしまうのでは・・・と思ってしまいます。スピン量が増えるというか、スピンが発生しやすくなってしまうという言い方の方が適切かもしれませんね。といっても、最近のドライバーはスピンを減らすために重心の位置に工夫が取り入れられていますからね。低スピンなドライバーといっても、スピンが無くなるわけではないので、実際のところあまりスピン量は変わらないのかもしれないと思ってしまうこともあります。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

ロフト角の数字が8度などの小さい数字、ロフトが立っている方がスピンは掛かりません。スピンが掛からないというか、発生するスピン量が少ないというのが適切かもしれないですね。そして、ロフト角の数字が11度、12度と大きくなっていくとスピンが発生しやすくなります。ある程度の年月に渡ってゴルフをしてきている人であれば判ると思います。

つまり、低スピンなボールを打つことが出来るドライバーなんだけど、結局はスピンが発生してしまうように感じるんですよね。もちろん、今までのドライバーと比べたらスピン量が少なくて、曲がり幅が減ったというゴルファーも多いと思いますから、なかなか一概には言えませんけどね。

さらには、打ち出し角はロフトの数字に2度から4度くらいプラスした角度になることが知られていますから、余計にボールの打ちだし角は高くなるはずです。バックスピン量を減らして、高い打ち出し角で打てば、飛距離が伸びるという考えですね。といっても打ち出し角が高くなるのはギア効果もありますから、結局はバックスピンは掛かります。そして、低スピンなボールは、たしかに理論上は飛距離が伸びそうな感じがします。ただ、ボールが上がるということは、ボールが着地したときにボールが止まりやすいのではと思ったりもします。

低スピンドライバーとロフトアップの矛盾

低スピンであればボールは上がりにくい・・・だけど、適切な高さでボールを打つことが出来れば飛距離を伸ばすことができる。だけど、打ち出し角を高くするにはロフト角を上げる必要性がある。ロフト角を上げるとスピンは発生しやすくなる・・・という捻くれたことを感がてしまうんですよね。

低スピンのボールが打ちやすいドライバー、ボール初速が速いドライバー・・・などなど最近は革新的なドライバーが増えてきましたが、最新のメカニズムに振り回されない、適切なスイングが最も大切なんだろうなということを再認識しますね。

日々、精進
がんばります

ドライバー 他の記事

関連投稿記事
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと
views 175
ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますの...
スライスが出る場合、ドライバーを疑ってみる
views 154
どんな打ち方をしても、スライスが出るという場合は、今使ってるドライバーを疑ってみようという話です。ドライバーを買い替えたけど、スライスが増え...
ZERO SRIXON スリクソン Z585 / Z785 | 2018年9月22日発売予定
views 622
ZERO SRIXON Z585 / Z785 | 2018年9月22日発売予定 ZERO SRIXON Z585 / Z785 Z...
ドライバーの苦手意識を克服する
views 248
ドライバーの苦手意識を克服する 目次 自信喪失が原因 練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない 苦手意識を克服する 技術向...
テーラーメイド P790 BLACK アイアン
views 139
写真:テーラーメイドゴルフ テーラーメイド P790 BLACK アイアン 特長 テーラーメイドP790BLACKアイアンが登場しま...
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離
views 95
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離 飛距離アップするために柔軟性が必要 ゴルフのストレッチと股関節の柔軟性 ゴルフのストレッチと肩甲骨...
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング
views 63
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング 下半身より手が使いやすいからゴルフで飛ばせない 下半身を鍛えておくことで、下半身から動かせ...
反発性能の高いドライバーを使えば、飛ばせる?
views 53
2018/07/04更新 反発性能の高いドライバーが、増えてきましたが、本当に飛ばせるのかどうか? 反発性能の高いドライバーとは? ...
ミニドライバー
views 97
少し前に流行した300ヤード飛ばすスプーン(フェアウェイウッド)は今でも人気があります。そして、その後に登場したのがミニドライバーと呼ばれる...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ