飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフの調子が悪くなるときの原因

調子が悪くなるとき ゴルフラウンドばかりしているとスイングが崩れてきます。やはりゴルフというスポーツに慣れてくると、自分でボールに合わせにいっている、腕でタイミングを取っているような感じがします。

スポンサーリンク
 

プロのゴルファーですら、ラウンドをしたあとはスイング調整をしたりしています。 プロを目指すわけではないのですが、競技ゴルフでは、なんとかして上位を狙っていきたいという気持ちはあります。そして、スイングの調整は 常にしておかなければと思っています。 わたしがスイングの調子を崩す時は、パターが不調の時。パターが入らない時にスイングを崩します。

パターが入らない・・・だからパターを手で合わせたりします。

パターが入らないから、手で合わせる、タイミングを合わせるという行為が、いつのまにか全ての スイングで同じような動作をしてしまっているようです。 スイングが崩れていてもラウンド中は自分自身では良いスイングをしていると思い込んでしまっているので、 始末が悪い状態になってしまいます。

パターが不調の時に、アイアンや他のクラブなども不調になることが多いので、その理由を追求してみました。

パターが不調の時には・・・

・顔が動く(カップを見ようとしてしまう)
・上体の起き上がりが早い(頭が上がる)
・手で打っている(完全に手打ち)

というような動作が入ってきてしまいます。

パターも小さなスイング

言葉を替えればパターもスイングだと思います。小さなスイングです。ストロークという言葉を使うことが一般的ですが。小さなスイングを必要とするパターで、手を使っていたり、頭が動いていたり、上体が起き上がっているということは、他のクラブでも同じ様な症状が出ているという可能性があります。これは、私の場合です。パターでもダフってしまうということはありますよね。あれは明らかに手だけでストロークをしているからだと思いますし、手で調整をしてボールをヒットさせようとしているのでダフってしまうのだと思います。パターでのダフリというのは、かなり致命傷なミスです。

スイングがおかしいと思ったら、まずはパターで真っ直ぐにボールを転がせるように調整をしたりしています。 その後、ショートアイアンで軽く振って真っ直ぐ飛ばせるのか確認をします。 ドライバーなどの長いクラブは、とりあえず振れば当たるので、なんとかなります。 短いクラブでしっかりと打てることが大切だと感じています。

スポンサーリンク
 

アイアンなどでダフリが出る時

・手でクラブを上げて手で打っている
・脚を全く使っていない
・捻転が出来ていない

というような動作が挙げられます。そして、手だけで打った場合の特徴としては、ボールの手前からクラブが地面に接しているということです。明らかにクラブでボールを捉える前にクラブが地面に接しています。

アイアンなどでトップが出る時

・手でクラブを上げている
・打ち急いで上体が浮いている
・インパクトでは既に顔があがっている

手で打とうとして、尚且つ上体が浮いてしまっているので、ボールの頭を叩いてしまうのでしょうね。もちろん、トップになってしまう理由はこれだけではありません。人それぞれ、原因は異なってきます。インパクトの瞬間に身体が伸び上がってしまうというような場合もあります。

自分の傾向を知るということ

自分のゴルフラウンドでの傾向を知るということが大切です。また、ラウンド後半になると脚に疲労が溜まってきますから、脚を使ったスイングがし難くなってきてしまうということもあります。または、股関節が痛くなってしまって、深い捻転が出来なくなってしまっているとか・・・色々な理由で適切なスイングが出来なくなってしまっているのだろうと思います。

そして、ラウンドでダフリが多かったときは、スコアが良くありませんね。ゴルフレッスンの先生にも言われることなのですが、ミスショットのなかでもダフリは最も良くないと言われています。トップならば、まだボールは超低空で先に進んでくれるからです。ダフってしまうとボールは飛びませんので、1打損してしまいますからね。

以下の記事も併せて読んでみてください。
新しい気付きが得られますように。

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン