飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

茂木宏美に習う ウッドを多用するゴルフ

「樋口久子 Pontaレディス」では渡邉彩香ちゃんが優勝をしたというのは、まだ記憶に新しいですね。その最終日を録画で見直していたのですが、最終日の組み合わせは、渡邉彩香ちゃん、茂木宏美ちゃん、そしてアマチュアの畑岡奈紗ちゃん という組み合わせでした。

最終日は、渡邉彩香ちゃんとアマチュアの畑岡奈紗ちゃんはドライビングディスタンス争いという感じで、どちらも飛距離を譲らない豪快なティーショットを打ち放っていたのが強烈でした。アマチュアながらもプロゴルファーを圧倒するドライバーショットを放つアマチュアの畑岡奈紗ちゃんは、将来が楽しみな選手ですね。

渡邉彩香ちゃんも、もともとは飛距離を武器にしていることから、負けずにドライバーを振りちぎっていましたね。このあたりの、負けずと接戦を繰り広げてくるゴルフは見ていて本当に楽しいですね。

だけど、もっとも印象的だったのは茂木宏美ちゃんです。個人的には茂木宏美ちゃんのゴルフがとても勉強になりました。茂木宏美ちゃんは自分にしか出来ない自分のゴルフを淡々とこなしていたのが印象的でした。

とあるPAR4ミドルホールでは、グリーン手前に池があることから、ティーショットはドライバーを使わないという選手が多く、渡邉彩香ちゃん、畑岡奈紗ちゃんもティーショットはスプーンで打っていました。ですが、飛距離が出ない茂木宏美ちゃんはドライバーを使いました。

セカンド地点へ移動してみると、渡邉彩香ちゃん、畑岡奈紗ちゃんが殆ど同じ場所にボールがありました。そして、少し後ろに茂木宏美ちゃんのボールがありました。少し後ろといっても、20ヤードくらいでしょうか? もう少し後ろだったかもしれません。

他の2人がスプーンで打って、自分はドライバーだけど、スプーンで打った人よりも飛距離が出ていないというのは、屈辱的です。屈辱的という言葉が合っているのかは判りませんが、私だったら悔しいし、屈辱感を露にしてしまいます。だけど、茂木宏美ちゃんは冷静に自分のボールを見つめて、次に自分が打つ弾道のイメージをしていました。

そして、セカンドショットで茂木宏美ちゃんが使ったクラブがフェアウェイウッドでした。3人の中で最もグリーンから遠いのに、かなり良い位置にまでボールを寄せてきていたことには関心しました。実際はカップがグリーンエッジ近くに切ってあったので、少しグリーン手前に外した状況でしたが、転がして寄せても何とかなるという位置でした。渡邉彩香ちゃん、畑岡奈紗ちゃんは飛距離が出ているので、セカンドショットで使ったクラブはアイアンでした。

さらに、とあるPAR5のホールでは、渡邉彩香ちゃん、畑岡奈紗ちゃんもティーショットはドライバーでした。茂木宏美ちゃんもドライバーでした。茂木宏美ちゃんのセカンドショットはウッドで自分の得意な距離を残すようなショットをしていました。飛距離が出ないから、刻もうと思わなくても刻まなければいけないような状況だったのかもしれません。

そして、渡邉彩香ちゃん、畑岡奈紗ちゃんはどちらも豪快なセカンドショットを放ちグリーン近くにまでボールを運んできました。そして3打目勝負です。3打目で最もグリーンまで距離が残っていたのが茂木宏美ちゃんです。茂木宏美ちゃんが取り出したクラブが13番ウッドです。解説者の言葉も、13番ウッドですか、あまり見ませんよねと言っていました。そして、最もグリーンまで距離が残っていたにも関わらず、カップ近くまでボールを寄せてきたので、やっぱり自分の得意な距離を残したんだろうなと思いました。。

つまり、何が言いたいかといいますと、渡邉彩香ちゃん、畑岡奈紗ちゃんよりも飛距離が出ない茂木宏美ちゃんの飛距離に頼らない、工夫を取り入れたゴルフがとても魅力的だったということです。自分は飛距離が出ないから、ショットの精度で勝負をするというゴルフを乱れることなく続けていました。しかも、ミスショットが防げるからなのか、ショートウッドを多用していたようですね。

私は13番ウッドというのを使ったことがありません。メンズ用のゴルフクラブで13番ウッドは珍しいですからね。ですが、自分が得意としている精密なショットを繰り出すには、ミスショットは許されませんから、アイアンよりもミスが軽減されるウッドを使うのは、ごく自然な流れなのかもしれないですね。

スポンサーリンク  

どうしてもアイアンを使ったほうがカッコイイというか、見栄えが良いというか、オレは飛んでるんだぜみたいな雰囲気をだしたくなってしまい、背伸びをして5番アイアンとか使ってみて、大きなスライスをしてしまったりすることもありますが、そんな虚栄は必要ないということを茂木宏美ちゃんのゴルフから学んだ気がしましたね。

飛距離が出ない故のマネジメント、そしてゴルフクラブ選び、飛距離を出す選手に惑わされない強い気持ち、そしてショットの精度の高さ・・・そういったところが勉強になりましたね。

ちなみに茂木宏美ちゃんのアイアンは6番アイアンからのセットとなっているみたいですね。

茂木宏美ちゃんは「樋口久子 Pontaレディス」では -5というスコアで4位タイでした。
これからも頑張ってほしいですね!

日々、精進
がんばります

その他、よく読まれている記事

リョーマ マキシマ ドライバー | Ryoma MAXIMA TYPE-D... リョーマゴルフといえば、ビートたけしさん、木村拓哉さんがアンバサダーを務めているということもあり知名度が高いです。 ...
ゴルフスイングの打ち方が判らなくなったとき... たまにゴルフ練習場に行くと、打ち方が判らなくなってしまって、ダフッたり、トップしたり、ボールが真横に飛んでしまうこともあ...
アプローチでトップばかりする人のウェッジ選び... アプローチショットでトップばかりして、スコアメイクができないという場合の対処方法を紹介します。アプローチショットのコツな...
ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢)... ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢) ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢) ゴルフク...
テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル... M2 D-TYPE ドライバーは2017年モデルです。少し古いドライバーですが、とても捉まりが良くて弾きの良いドライバー...
ゴルフドライバー 10年間の進化 | 何が進化したのか?... 2008年にSLEルールが制定されてから、10年が経過して、2018年となりました。 そして、2019年になりました。...
ドライバーのスライスの振り遅れとは... スライスの原因として引き合いに出されることが多いのが、振り遅れです。 では、振り遅れとは何かというのを知っておく必要が...
EPIC FLASH STAR と ROGUE STAR 比較 キャロウェイの2019年モデル EPIC FLASH STAR(エピック フラッシュ スター)ドライバーと前作モデルとな...
キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー | 試打レポ... キャロウェイ2019年モデルのEPIC FLASH STAR( エピック フラッシュ )ドライバーを打ちましたので、その...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン