飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

石川遼が腰と股関節が痛い?

石川遼選手が腰と股関節が痛いとのことで、AT&Tペブルビーチナショナルプロアマを欠場するとのことです。とても残念ですね。ゴルファーならではの悩みだと思いますし、私も股関節、腰、肘、首を痛めたことがあるので、その痛みと苦しみは良く判ります。

ゴルファーであれば、誰もが股関節、腰、肘、首に違和感を持っているという人は多いのではないでしょうか。またはラウンド後には腰が痛いということもあるはずです。

元ソース
石川遼が欠場 腰と股関節に痛み【 GDOニュース 】
石川遼、松山2勝目に「置いていかれている」 重くしたクラブで腰痛再発?

以前、ブログにも書いたことがあるのですが肘が痛くなってしまったことがあります。上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)という症状のようです。何故、肘が痛くなってしまったのかを自己分析したことがあります。もちろん専門家の先生から診断をしてもらって、肘が痛くなってしまった原因を探しました。肘が痛くなってしまってからでは遅いですし、痛くならないようにするという予防がとても大切だと感じたからです。

私が股関節が痛くなった原因、肘が痛くなった原因

飛ばそうと思って、深くて強い捻転をすればするほど、股関節に負荷が掛かります。一般的によく言われる股関節にのる という状態が作られます。そこから、勢い良く股関節を支点にするかのようにスイングをしていきますので、股関節が痛くなるのだろうと思います。

そして、股関節が痛くなってしまって捻転をして股関節に乗り切らないスイングをしていた時期がありました。股関節が痛かったので、股関節を庇うかのようにゴルフをしていました。股関節に負荷が掛からないということは捻転が浅い、あまり下半身を使っていないということになります。つまり、手打ちとなります。または上半身だけをつかったスイングとなります。深いが捻転が出来ていれば身体にエネルギーが蓄積されていればスイングスピードが速いですし、ゴルフクラブも自分が想像している以上の速さで振られていきます。捻転が浅いとスイングスピードが遅く感じますし、ゴルフクラブが戻ってきませんので、自分のチカラで戻そうとしてしまいます。それこそが手打ちです。これを続けていたことで左の肘が痛くなってしまいました。

今では股関節と肘が交互に痛くなるという状況となってしまいました。身体のどこが痛いというのは本当に嫌ですね。テンションが下がってきてしまいます。

石川遼の股関節と腰の痛みは・・・

どうやら左の股関節が痛いようですね。石川遼選手はドライバーに悩みがあるからなのかシャフトを90グラム前後の重いシャフトに変更をしたりしていましたので、それで自分の身体に負荷が掛かってしまっているのかもしれませんね。石川遼選手もそのようなことを発言していました。

スイングをすると痛みが走るのでチカラが抜けてしまう・・・というような発言もしていましたね。トレーニングをするのか、それとも少し休養すれば治るのか・・・スイングが変わったわけではないので、シャフトの重さが原因なのかもしれませんね。それとも疲れが溜まっているだけなのかもしれません。

とにかく早く治って欲しいですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン