飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

真っ直ぐボールの前に立つこと 【 美しいゴルフ アドレス 】

先日、河川敷のゴルフ場で練習ラウンドをしてきました。河川敷のゴルフ場は手引きカートを引っ張りながら歩きゴルフをとなるのですが、これが結構楽しいのです。そして全体的に狭いのですが、平らなライが多いというのも特徴的です。ライが平らなのに思わぬ方向へボールが飛んでしまうことが何度がありました。

スポンサーリンク
 

きっと、アドレスがおかしいのだろうと思います。

今は、適切なアドレス、適切なグリップが出来るように、常にアドレスとグリップのことを気にするようにしています。基本的なことなので、おろそかにしないようにしていますが、なかなか悪い癖が見に染み付いてしまっているようです。

自分ではボールを打とうと思っている方向に対して真っ直ぐに立っているつもりでも、やはり少し右を向いていることがあるようです。

また、スタンスをとったときに、自分の左足と右足のほぼ真ん中にボールを置いてアドレスをしたときも、ほんの少し頭が傾いていたりすることがあります。頭が傾いているということは、自分の目からみた手元、クラブのシャフト、そしてボールの位置が斜め上から見た状態となり、微妙に立ちにくいなと思うことがありました。

しかも、平らなライなのにです。平らなライなのに立ちにくいというのは、明らかに自分のアドレスの仕方がおかしいからです。何度かワッグルをして、足踏みをして、違和感を持ちながらも打ってしまうので、その違和感からくる不安を拭い去りたいために、ゴルフクラブがボールにヒットする直前に手で合わせてしまう傾向があるように感じています。

スポンサーリンク
 

ボールが置いてある位置より、少し後ろにアイアンのヘッドをちょこんと置いて、フェース面の入りから、ヘッドの挙動をイメージしながら、アドレスをすることが多いです。その時に、アドレスが適切ではないときには違和感を覚えることがあります。腕が詰まったような感じがする時や動きにくいと思う時もあります。そういったときには、アドレスをし直すのではなく、手元で調整をしてしまい、強烈なハンドファーストになっていたり、逆にハンドレイトになってしまっていることがあります。

練習ラウンドといえでも、ゴルフですから、同伴者の人たちに自分のアドレスがおかしいのか、どうかを見てもらうことなんて出来ません。

ボールに対して真っ直ぐ立つこと、目標に対してスクエアに立つこと、腕や手首に窮屈感を覚えない立ち方、頭を左に傾けない、頭を右に傾けない、美しいアドレスがどれほど大切なのかを痛感しました。

山間にあるゴルフ場であれば、アンジュレーションが効いており、平らなライが少ないという場合もありますし、そのアンジュレーションが難しさを感じさせて、なかなか面白いなと思うことがあります。左足下がり、爪先上がりなどなど、ゴルファーを悩ますライがあったりします。ですが、そういったアンジュレーションの効いたライに慣れてくると、どうやら自分のアドレスがボールに対して真っ直ぐに立てないというか、美しく立てないというか・・・つまり適切なアドレスが出来なくなっているように感じています。アンジュレーションが効いており、平らなライではないので、自分のアドレスが真っ直ぐじゃなくても丁度良いバランスが偶然に保たれていたのかもしれません。

河川敷のゴルフ場という平らなライで違和感を感じながら、適切なアドレスが出来ていないことに困惑していました。

おかしい。
何かが、おかしい。
とにかく、立ちにくい。

立ちにくいと感じてしまうと、構えたアイアンはアップライトで良いのか、もっとフラットの方が良いのかということも悩んできてしまって、ライ角も適切さを失ってしまい、アイアンの番手通りのショットすら出来なくなってしまう。

適切なアドレスをするということが、これほどに難しいのかと感じてしまった。

細かな話なのですが、私は右利きです。そして、右半身の筋肉が多く、右半身の筋力が左半身よりも強いです。自然と真っ直ぐ立ったつもりで、ほんの少し右側に傾いて立っています。右側に少し傾いて、真っ直ぐ立っているということになります。それは、感覚ではなく、体重体組成計という機械で明確になっています。

体重体組成計というのは、靴を脱ぎで体重計のような台の上に乗り、両手にグリップを握るのですが、自分の身長と体重をセットすると、自分の身体の細かな分析がされるという機械です。

スポンサーリンク
 

アドレスが適切に出来ないくらいで、そこまでするのか?と思われるかもしれませんが、私は・・・します。

以前より、右半身の筋肉が多くて、右側に傾いて立っているということは、なんとなく気づいていました。右側に傾いている、そして右半身の筋肉量が多くて、筋力も強いとなると、ゴルフスイングをしたときに左側に体重を移行し難くなるということも言えます。つまり、右側に体重が残ったままとなりやすくなります。

そういったことを考えると自然に立つのではなく、少し左側に体重を置いて立ったほうが右側への傾きが軽減されて、左右のバランスが保たれたアドレスが出来そうな感じがします。

この辺りは、ゴルフレッスンの先生と相談をしながら、調整をしていこうと思います。

アドレスの大切さを再認識しました。
アドレスは構え。
構えは姿勢。
姿勢が正しくて美しなければ、美しいアドレスは出来ない。

何度もアドレスなんてやっているのに、おかしくなる。適切なアドレスが出来ないから、適切なグリップが出来ないのかもしれない。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン