飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

中部銀次郎は林から脱出するときに木にあてたことが無い

中部銀次郎さんは林の中から脱出をするときに木にあたてことが無いとのことです。中部銀次郎のゴルフ(2)技の巻、わかったと思うな に書かれている内容です。

林の中か。

通常であればOBになってしまうゴルフ場もあるけど、ゴルフ場によってはOBじゃない場合もあるし、隣のホールでもOKだったりするゴルフ場もある。

考え方はシンプル。木に当たらないように、木にボールをぶつけないように脱出をするだけ。
そのためには、木々の隙間が広いところを狙う。

木々の隙間が広いところが、グリーンとは反対方向だったとしても、広い隙間を狙うのだと思う。そして、木の上を超えるようなボールを
打つのではなく、出来る限り低く、広い隙間をボールを通り抜けるように打つ。

そもそも、林の中にボールを打ち込んだ時点で自分のゴルフのアドバンテージは失っているわけですから、そこから大叩きをしないための
考えをするだけなんだと思います。

活字の説明をするのは簡単です。

ですが、実際に自分が林の中にボールを打ち込んでしまったらどうだろうか。

やっぱり、林の中に打ち込んでしまってアドバンテージンを失いかけているゴルフから挽回をしたいという気持ちが強くなってしまい、出来る限りグリーンに近い木々の隙間を狙っていくのだろうと思う。そして、ボールは木にあたってしまい、一度では脱出が出来ない。

そして、2打目。

場合によっては3打目を打たなければいけない状況に陥ってしまう。

わかっていても、なかなか出来ないと思います。自分が林の中に打ち込んだたら、迷うこと無くグリーンに近い木々の隙間を見つけようとしてしうだろうと思います。自分がボールを運ぼうと思っている方向とは真逆の方向に打ったほうが一度で脱出できる確率が高くても、真逆の方向に打つ勇気がありません。

たとえば、バンカーでも似たようなことが言えます。

私が練習ラウンドをする河川敷のゴルフ場のバンカーは強烈にアゴが高いバンカーがあります。ときには河川敷のゴルフ場は風の強さがあるからか、リンクスコースに似ていると言われることがありますが、その河川敷のゴルフ場もなんとなくスコットランドのゴルフ場の荒れ果てたフェアウェイと強烈なバンカーがリンクスコースに似ているなと思わせることがあります。そして、アゴの高いバンカーを一度脱出することは難しい。ならば、最初からアゴが低い方向、つまりボールを運ぼうと思っている方向とは真逆を狙ってバンカーショットをするれば一度で脱出ができるはずです。アゴは低いのでピッチングウェッジでも脱出が出来ます。ですが、そういった勇気を絞り出すことが出来ない自分が居たりもします。

勇気が絞り出せないのは、自分のゴルフ技術を過信しているからかもしれません。
というよりも、同伴者の目を気にしていることが多いかもしれません。

同伴者が見ていると、これくらいの林の木々ならボールを上げて出せるかもしれない。ボールを上げて木々を超えられたら、コイツは凄いヤツだと思わせることができるかもしれないという、少し背伸びした考えが芽生えてきてしまいます。

バンカーも同じようなことが言えると思います。

同伴者が見ているから、アゴが高い方向に打てばグリーンに近いのだけど、グリーン方向とは真逆に打つのはカッコ悪い。同伴者が見ているからこそ、高いアゴのバンカーを脱出してやると思ってしまうのかもしれません。それこそが、虚栄心なんでしょうね。

同伴者の目を気にして、カッコイイところを見せようというのが、既に大きな間違いということですね。

日々、精進
がんばります

関連記事

タイトリストTS1ドライバー、TS4ドライバー 比較... タイトリスト TS1 ドライバー、TS4 ドライバーを打ち比べてみましたので違いをレポートします。 タイトリストTS1ドライバー、TS4ドライバー 比...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーを使ってみた感想... 先日、ラウンドでテーラーメイド オリジナルワンミニドライバーを使わせてもらいましたので、その感想・レビューを紹介します。 テーラーメイド オリジナルワ...
M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた... テーラーメイドの公式ネットショップでアイアンを買ってみましたので、流れを紹介します。 M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた テーラ...
タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ... タイトリスト TS1 ドライバーを打ちましたので、そのレビューをします。 タイトリスト TS1 ドライバー タイトリストの軽量ドライバー シャ...
ゴルフのための体幹トレーニングは間違い?... ゴルフスイングという動作が科学されて、どのような動作と筋力が必要なのか理解できてくると、体幹を鍛える、トレーニングするというのは違うということに気付きます。体幹...
ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日発売... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン