飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

中部銀次郎は林から脱出するときに木にあてたことが無い

中部銀次郎さんは林の中から脱出をするときに木にあたてことが無いとのことです。中部銀次郎のゴルフ(2)技の巻、わかったと思うな に書かれている内容です。

林の中か。

通常であればOBになってしまうゴルフ場もあるけど、ゴルフ場によってはOBじゃない場合もあるし、隣のホールでもOKだったりするゴルフ場もある。

考え方はシンプル。木に当たらないように、木にボールをぶつけないように脱出をするだけ。
そのためには、木々の隙間が広いところを狙う。

木々の隙間が広いところが、グリーンとは反対方向だったとしても、広い隙間を狙うのだと思う。そして、木の上を超えるようなボールを
打つのではなく、出来る限り低く、広い隙間をボールを通り抜けるように打つ。

そもそも、林の中にボールを打ち込んだ時点で自分のゴルフのアドバンテージは失っているわけですから、そこから大叩きをしないための
考えをするだけなんだと思います。

活字の説明をするのは簡単です。

ですが、実際に自分が林の中にボールを打ち込んでしまったらどうだろうか。

やっぱり、林の中に打ち込んでしまってアドバンテージンを失いかけているゴルフから挽回をしたいという気持ちが強くなってしまい、出来る限りグリーンに近い木々の隙間を狙っていくのだろうと思う。そして、ボールは木にあたってしまい、一度では脱出が出来ない。

そして、2打目。

場合によっては3打目を打たなければいけない状況に陥ってしまう。

わかっていても、なかなか出来ないと思います。自分が林の中に打ち込んだたら、迷うこと無くグリーンに近い木々の隙間を見つけようとしてしうだろうと思います。自分がボールを運ぼうと思っている方向とは真逆の方向に打ったほうが一度で脱出できる確率が高くても、真逆の方向に打つ勇気がありません。

たとえば、バンカーでも似たようなことが言えます。

私が練習ラウンドをする河川敷のゴルフ場のバンカーは強烈にアゴが高いバンカーがあります。ときには河川敷のゴルフ場は風の強さがあるからか、リンクスコースに似ていると言われることがありますが、その河川敷のゴルフ場もなんとなくスコットランドのゴルフ場の荒れ果てたフェアウェイと強烈なバンカーがリンクスコースに似ているなと思わせることがあります。そして、アゴの高いバンカーを一度脱出することは難しい。ならば、最初からアゴが低い方向、つまりボールを運ぼうと思っている方向とは真逆を狙ってバンカーショットをするれば一度で脱出ができるはずです。アゴは低いのでピッチングウェッジでも脱出が出来ます。ですが、そういった勇気を絞り出すことが出来ない自分が居たりもします。

勇気が絞り出せないのは、自分のゴルフ技術を過信しているからかもしれません。
というよりも、同伴者の目を気にしていることが多いかもしれません。

同伴者が見ていると、これくらいの林の木々ならボールを上げて出せるかもしれない。ボールを上げて木々を超えられたら、コイツは凄いヤツだと思わせることができるかもしれないという、少し背伸びした考えが芽生えてきてしまいます。

バンカーも同じようなことが言えると思います。

同伴者が見ているから、アゴが高い方向に打てばグリーンに近いのだけど、グリーン方向とは真逆に打つのはカッコ悪い。同伴者が見ているからこそ、高いアゴのバンカーを脱出してやると思ってしまうのかもしれません。それこそが、虚栄心なんでしょうね。

同伴者の目を気にして、カッコイイところを見せようというのが、既に大きな間違いということですね。

日々、精進
がんばります

関連記事

アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説... 手打ちするとスイング軌道がアウトサイドイン軌道となり、スライスの原因となることが多いです。アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説していきます。スライスが多い人...
タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング... ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン