飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

小さなミスを引きずる痛手のゴルフ 【 ナイスパッティングで挽回する 】

ゴルフというのは不思議なスポーツで前のホールでミスしたことを記憶しているのか、それとも身体が憶えてしまっているのか、次のホールでも同じ様なミスをしてしまうことがあります。

例えば前のホールでバンカーに捕まってしまい1度で出すことが出来ずに、2度目に脱出ができたとします。すると次のホールではバンカーには入れないぞと強く思ってしまうからなのか、逆にバンカーに捕まってしまう事があります。

今日はバンカーにつかまることが多いなと思うときがありますが、それって自分で勝手にバンカーを意識しているんだろうなと思います。いまは、冷静にそんなことを書いていられますが、ゴルフ場でラウンドをしているときには、そんなことには気付きません。

そして、前のホールでは2度目でバンカーに出したから、なんとかして1回でバンカー脱出ができるようにと勢いよく打ってしまう。すると、大きすぎてグリーンを越えてしまったりする。

バンカーショットがグリーンを越えてしまったら、次にグリーンに乗せるためのアプローチは、さっきは大きかったらから大きくならないようにしなければという考えが頭に芽生えてしまって、寄せきれずにショートしてしまうことがあります。

ショットの大きさと距離とのバランスが保てなくなってくるのを感じます。また、そういった時には周りの人たちにスコア的に差が付けられてしまうという焦りが出てきます。焦れば、焦るほど冷静な判断が出来なくなってきてしまいますので、困ったものです。

バンカーで辛い思いをしたのでバンカーに入れたくないという気持ちが、逆にバンカーを意識してしまい、ボールは自然とバンカーの方に転がってしまいます。

ゴルフは気分が大事だと言いますし、気持ちの切り替えも大切だと言います。自分でも良くわかっているのですが、今日のゴルフで一番最初にバンカーに捕まって、2度目で脱出したということが頭の片隅にずっと残っていました。

バンカーにつかまった > 2度目で脱出 > 次のホールからバンカーを意識する > 次のホールでもバンカーにつかまる > 1度で脱出するも大きすぎてグリーン越える > グリーンを越えた 大きいから小さめのアプローチ > ショートして寄せきれない

という悪循環でのゴルフをしていると、パターの強弱すらおかしくなってきます。

悪循環を払拭する方法は人それぞれ異なるかもしれませんが、私はパターで払拭しようと思っています。パターをしっかりとカップインさせて気持ちを切り替えて、次のホールのティーショットにつなげるというイメージです。しかも、パターというのは同伴者と最も近づいてゴルフをする場面とも言えます。ナイスパッティングを見せ付けることで、コイツなかなかやるなと思わせる事も出来ます。

ゴルフは18ホール続きますので、どこで自分の気持ちを切り替えるのかはとても大切なことです。ティーショットで気持ちを切り替えるという人も居ると思います。私はティーショットで切り替えようとすると、無駄にチカラが入ってしまって、逆にトラブルショットに繋がってしまうことがあります。なんとか挽回するぞという気持ちが無駄なチカラを呼び起こしてしまうんだと思います。挽回しようと思ったときこそミスショットになってしまうことがありますからね。

また、今までのミスをティーショットで挽回しようとするということは、今までのミスを飛距離で補おうとしてしまうので、そもそも飛距離の出ない私には無理な課題だったりもします。

ならば、飛距離は問われないけど、精確さが問われるパターなら何とかなるかもしれないと思うわけです。パターで挽回して、気持ちを切り替えるには、パターが得意じゃないと出来ません。パターは難しいです。技術とか理論よりもセンスが問われると思います。ですが、ドライバーなどの飛距離を出すクラブよりは練習する時間も練習する場所も確保しやすいので、実はパター名人になるための練習もしやすいということが言えます。

ドライバーなどの飛距離を出すクラブの場合は、長いクラブを振り回せるような空間がなければいけません。自室でドライバーが振り回せるなら良いのですが。または庭があれば練習できますね。

そして、どこで挽回をするか、どこで取り返すか、どのような方法でスコアを元に戻すかは、自分が得意としているシチュエーションを見つけることが大切ですね。

日々、精進
がんばります

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン