飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフは投資金額で決まるのか|地クラブ

 

ゴルフは投資金額で決まる

結局、ゴルフというスポーツは投資金額で決まるのでしょうか?

いやいや、そんなことは無いと思いたいのですが、高価なドライバーは大量生産された廉価なモデルよりも高性能なので、実際のところよく飛んでくれます。高価なドライバーというのは、一般的には地クラブと呼ばれています。

各メーカーでは大量生産をしていますので、品質のバラつきを抑えるために、精密な反発係数に対応することが出来ません。概ねこれ位で良いだろうという感じになってきます。

ルール適合ギリギリの反発係数

ですが、地クラブは大量生産ではなく小ロット生産をしており、精密な設計によるクラブヘッドの開発製造が実現されています。判りやすく言うと、SLEルール適合の許容範囲限界まで反発係数が高いということです。つまり、飛ぶということです。ルール違反でもありません。

小ロット生産であるために、やはり単価は高くなってしまいますが、その効果は顕著に現れます。地クラブは、どのメーカーもブランドもとても個性的です。カスタマイズというかオーダーメイドというか、自分にぴったりなクラブをつくるということが出来ます。ヘッド、シャフト、グリップもバラ売りとなっていることが殆どです。

自分に合わせてカスタムできる

自分のスイングにぴったりなクラブをカスタマイズしてもらうわけですから、とても振りやすいです。シャフトも自分のスイングに合わせて選んでもらうことが出来ます。しかも反発係数も高いフェイスのヘッドですから、かなり飛びます。飛距離の追求と自分に合ったゴルフクラブを追求していくと、どうしても最終的には地クラブに行き当たるのかもしれませんね。

地クラブは、マイナーなイメージがあり、あまり人気が無いように思われるかもしれませんが、プロゴルファーも注目するほどの技術が詰め込まれているゴルフクラブを開発していたりもします。

 

主な地クラブメーカー

様々な地クラブメーカーがありますので、紹介をしておきます。

  • ABROAD
  • AKIRA PRODUCTS
  • BALDO
  • DOCUS
  • EPON
  • FUSODREAM
  • Grandista
  • KAMUI
  • Roddio
  • Romaro

上述したメーカーは一部です。そのほかにも多くの地クラブメーカーがあります。上述したメーカー、ブランドが全てではありません。まだまだ、他にも地クラブのメーカーはいくつかあります。本当にゴルフクラブで悩んでいるのであれば、地クラブを選択するというのも良いかもしれませんね。

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン