飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

前半はあれだけ嫌われたから入っておかしくない

先日のラウンドで同じ組になった人がパターが、とても上手な人でした。パターが上手な人の特徴としては、ショットがめちゃくちゃ上手いという人は少ないように感じますね。語弊があったら申し訳ありませんが。なんとなく、私の今までの統計でいくとパターが上手い人はショットが悪いというようなイメージがあります。

ショットが悪いといっても・・・そうですね・・・悪かったですね。

先日のラウンドで一緒になった人はドライバーでチョロとかしていましたね。それも数回。ドライバーをチョロしていますから、飛距離は150ヤードくらいでしょうか・・・いけませんねー ついつい、相手の悪いところばかりに目がいってしまうという・・・ゴルファーならではの習性かもしれませんね。そこから、ウッドを使ってグリーンまでの距離を縮めてくるのですが、ドライバーでチョロをしてもボールが良いところにあるんですよね。そして、きちんとアプローチで寄せてワンパットでパー。

ショットが悪くてもアプローチとパターが巧みなので、確実にスコアをまとめてきます。多少、ショットが悪くてボールが右へ行ったり、左に行ったりしても、確実にグリーンに近づけてきますから、流石だなと思いましたね。

パターはラインは読むというよりは、傾斜だけを気にしていると言っていましたね。あとは真っ直ぐにストロークをするだけと言っていました。真っ直ぐにストロークをしようとしても、必ず右が左へ曲がってしまうから、出来る限り真っ直ぐにストロークをするとのこと。

そして、ヒントとしてはグリーンが大きい場合やグリーンの奥行きがあまりなくて横に長い場合などは、無理してグリーンを狙ってグリーンにボールを乗せるよりもアプローチで寄せた方が簡単だとのこと。原理は判るのですが、アプローチはやっぱり難しいですからね。

しかも、そのパターの上手な人は綺麗なアプローチをするんですよね。

カチッ!というウェッジのフェースがボールを捉える心地よい音をさせてアプローチをしていました。しかも、バックスピンとかもしっかりかけていましたからね。素晴らしいアプローチだなと思いました。アプローチをするときの仕草がカッコイイだけではなく本当にカップに寄せていました。

そして、ワンパットでスコアをまとめていました。

その同伴者が一言・・・前半はあれだけ嫌われていたから後半入っておかしくない・・・と呟いていました。前半は確かにおしいパットが続いていましからね。あと数センチとか。前半はあれだけ嫌われたから入っておかしくない・・・という言葉には前半は苦しくて悔しい思いをしたのだから後半は入れさせてもらえるという意味なんだろうと思います。

ですが、本当は前半で悔しい思いをしたパターのストロークを後半は、確実に合わせられるように何かしらのコツを掴んでいたんだろうなと思います。それとも、波があるのかもしれないですね。良い波。悪い波。

でも、カップに嫌われていると感じるときはありますからね。カップに嫌われているのか、ナイスなストロークでもほんの数センチだけボールが逃げてしまったりとか。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン