飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ヘンリク・ステンソン シャフトが曲がってる

PGATOUR の YouTubeを見ていたら興味深い動画を発見しました。ヘンリク・ステンソンがシャフトが湾曲したクラブを使って練習をしているという動画です。少し昔の動画です。

Henrik Stenson uses bowed club to warm up at Cadillac Championship

何かのアクシデントでシャフトが曲がってしまったのだろうか?と思ったのですが、湾曲したシャフトを使った練習みたいですね。

シャフトが湾曲しているトレーニング器具もありましたね。石川遼も使っていたということで話題になったりもしました。DST Compressor warm up club ( DST コンプレッサー ウォームアップ クラブ )というネーミングでしたね。

ヘンリク・ステンソンが使っているのがDST Compressor warm up club ( DST コンプレッサー ウォームアップ クラブ )ではないでしょうね。シャフトに貼り付けられているラベルからすると KBSのシャフトっぽいですね。トレーニング器具を持ち込んではいけないので、通常のゴルフクラブのシャフトを曲げてドライビングレンジで使っている? ということでしょうかね。憶測ですけど。

ただ、シャフトが曲がったクラブでの練習というのは、とても良い効果を発揮してくれるみたいですね。シャフトが曲がっているということは、グリップよりもヘッドが後ろになりますから、自然とハンドファーストの形となります。インパクトの瞬間に手元で調整をしたり、無駄な動作が入ったりすることを防げそうですね。

ヘンリク・ステンソンはアドレスをして、テイクバックを始める時にフォワードプレスがけっこう大きいことがあります。テイクバックをする方向とは逆に両手(グリップ)を押してからテイクバックを始めたりします。その矯正のためにシャフトが湾曲したクラブを使っていたのかもしれないですね。

HENRIK STENSON – GOLF SWING FOOTAGE 2014

ヘンリク・ステンソンも左利きで、右打ちのスタイルですから、左腕手動がよくできているんだろうなと思います。ですが、左利きだからこそちょっとして動作がスイングに影響するのかもしれないですね。

トップ・プロも色々と工夫を取り入れてトレーニングをしているんですね。

ちなみに、ヘンリク・ステンソンは2015年 ドイツバンク選手権で首位をキープして最終日に突入をしました。もしかしたら、このまま・・・優勝をするかも!?

日々、精進
がんばります

関連記事

アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説... 手打ちするとスイング軌道がアウトサイドイン軌道となり、スライスの原因となることが多いです。アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説していきます。スライスが多い人...
タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング... ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン