飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ヘンリク・ステンソン シャフトが曲がってる

PGATOUR の YouTubeを見ていたら興味深い動画を発見しました。ヘンリク・ステンソンがシャフトが湾曲したクラブを使って練習をしているという動画です。少し昔の動画です。

Henrik Stenson uses bowed club to warm up at Cadillac Championship

何かのアクシデントでシャフトが曲がってしまったのだろうか?と思ったのですが、湾曲したシャフトを使った練習みたいですね。

シャフトが湾曲しているトレーニング器具もありましたね。石川遼も使っていたということで話題になったりもしました。DST Compressor warm up club ( DST コンプレッサー ウォームアップ クラブ )というネーミングでしたね。

ヘンリク・ステンソンが使っているのがDST Compressor warm up club ( DST コンプレッサー ウォームアップ クラブ )ではないでしょうね。シャフトに貼り付けられているラベルからすると KBSのシャフトっぽいですね。トレーニング器具を持ち込んではいけないので、通常のゴルフクラブのシャフトを曲げてドライビングレンジで使っている? ということでしょうかね。憶測ですけど。

ただ、シャフトが曲がったクラブでの練習というのは、とても良い効果を発揮してくれるみたいですね。シャフトが曲がっているということは、グリップよりもヘッドが後ろになりますから、自然とハンドファーストの形となります。インパクトの瞬間に手元で調整をしたり、無駄な動作が入ったりすることを防げそうですね。

ヘンリク・ステンソンはアドレスをして、テイクバックを始める時にフォワードプレスがけっこう大きいことがあります。テイクバックをする方向とは逆に両手(グリップ)を押してからテイクバックを始めたりします。その矯正のためにシャフトが湾曲したクラブを使っていたのかもしれないですね。

HENRIK STENSON – GOLF SWING FOOTAGE 2014

ヘンリク・ステンソンも左利きで、右打ちのスタイルですから、左腕手動がよくできているんだろうなと思います。ですが、左利きだからこそちょっとして動作がスイングに影響するのかもしれないですね。

トップ・プロも色々と工夫を取り入れてトレーニングをしているんですね。

ちなみに、ヘンリク・ステンソンは2015年 ドイツバンク選手権で首位をキープして最終日に突入をしました。もしかしたら、このまま・・・優勝をするかも!?

日々、精進
がんばります

その他、よく読まれている記事

キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー | 試打レポ... キャロウェイ2019年モデルのEPIC FLASH STAR( エピック フラッシュ )ドライバーを打ちましたので、その...
ゴルフスイングのテイクバック始動の順番... アドレスをしてテイクバックをするときには、身体のどこから動かすのか?どのような順番でテイクバックをしたら良いのか判らなく...
パターヘッド形状の種類と特徴 最近のラウンドで3パットが多く、18ホールで40パット以上となることが増えてきました。パット数が多いと、ショットが良くて...
キャロウェイ EPIC FLASH | 2019年2月1日発売... 更新:2019年01月10日 EPIC FLASH STAR ドライバー試打しました。 キャロウェイ EPIC ...
ゴルフスイング物理学 | 小澤康祐 ゴルフスイング理論の書籍というのは、冒頭にベン・ホーガン、レッドベターのことが紹介されつつ、そこから進化した事柄が書かれ...
テーラーメイド 2019年モデル | M5ドライバー、M6ドライバー... 更新:2019年01月11日 テーラーメイドが2019年モデルをリリースするようです。 2019年1月11日に詳...
2019年 明けましておめでとうございます... 無事に2019年を迎えることができました。 ありがとうございます。 2019年 本年もよろしくお願いいたしま...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... 更新:2019年01月17日 ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。...
ゴルフトレーニングで飛距離アップ 更新:2019年1月1日 ゴルフトレーニングで飛距離アップ 2018年11月からパーソナルトレーニングを...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン