飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ハンター・メイハン ウォームアップ | ラウンド前の練習

更新:

PGATOURのYouTubeチャンネルにハンター・メイハンのウォームアップの動画がアップされていましたので、シェアします。ハンターメイハンといえば、アンダーアーマーのサングラスですよね。まるで昆虫?を連想させるようなサングラスがトレードマークとなりつつあります。実は、昆虫っぽいサングラスというのはゴルフだけではなくスキー、スノーボードなどのスノースポーツでも人気だったりします。カジュアルだとは言えませんが、サイバーチックでスポーティーでカッコイイです。

スポンサーリンク  

ハンター・メイハン ウォームアップ動画


※動画はPGATOUR.com の YouTube より

まずはパターから練習をしていきます。カップに入れようとするだけではなく肩がスクエアになっているのかを確認したりしています。パターの練習を終えたらドライビングレンジへ移ります。

ドライビングレンジでの練習

まずはウェッジから軽く打ち放っていきます。そして、8番アイン、6番アイアン、5番ウッド、3番ウッド、最後にドライバーショットの練習をしていきます。ハンター・メイハンのスイングからするとウッド系のクラブが得意なのかもしれないですね。ショットには自信があるからなのか、あまり長いクラブの練習はしないんだなという印象があります。

スポンサーリンク  

ウェッジの練習

ドライビングレンジでの練習を終えて、チップショットの練習場に移ります。58°のウェッジを巧みに操りながらロブショットの練習に励みます。打ちやすいライだけではなく、ラフからも練習をします。わざとラフからの練習をするというのは見習いところですね。打ちやすいところじゃなくて、逆に難しいラフからのウェッジの練習は実戦的ですね。

積極的にグリーンを狙っていくからなのか、もしもグリーンを外してバンカーにつかまったときのことを考えてなのか、バンカーの練習もしっかりと行っています。

ウォームアップ・トータル

練習時間としては1時間35分。ショットの練習よりもパッティングの練習量が多いという印象ですね。

勉強になりますね。

日々、精進
がんばります

その他、よく読まれている記事

ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
テーラーメイドM6アイアン、M6フェアウェイウッド打ちました... M6ドライバーに続いて、M6アイアン、M6フェアウェイウッドを打ちましたので紹介します。 テーラーメイドM6ア...
ゴルフスイングでバンプさせるコツ 更新:2019年03月03日 ゴルフスイングは下半身先行、腰の回転が必要と言われていますが、この意味を間違えると身...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン