飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバー の スライス の 原因 と 仕組みを知る

スポンサーリンク

ドライバーのスライスに悩んでいますので、スライスが出ないようなスイングにしなければということで、いろいろと練習中です。その前に、なぜスライスが出るのかという、スライスの仕組みを知ることが大切だなと思いまして、昔のゴルフ書籍を引っ張り出してきて、スライスのメカニズムを再度勉強中です。スライスを治して、直進性を高めるだけで、飛距離アップができます。スライスの原因を考えてみました。

 

ドライバーのスライスのメカニズム

スライスをするメカニズムを知っていれば、スライスする原因が明確になってきます。どのようなスイングであっても、スライスをする原因としてはフェイス面が開いているということです。私が今まで勉強してきたこと、教えてもらったことを、思い起こしながらスライスについて追求をしていこうと思います。

フェース面が開いているということは、ロフト角が大きくなっているということです。すると、スピン量が増えます。しかもフェースが開いているということは、右回転のスピンが増えてしまい、ボールが右に曲がってしまいます。ですから、スライスボールを打ってしまったときというのは、高い弾道となり、右に曲がっていくことが多いです。

スライスを打っているうちは、飛距離アップができません。スライスボールは、ボールが右に曲がっていきますから、曲がった分だけ、飛距離をロスしてしまいます。スライスを治して、直進性を高めるだけで、飛距離アップができます。つまり、捉まったボールが打てるようにならないと飛距離アップは難しいということになります。

ただ、フック系、チーピンよりも、スライスの方が修正しやすいし、原因も掴みやすいです。

スライスばかり打っているのであれば、スライスとなる原因を見つけて、修正をすれば良いだけです。なかなか、スライスは治らないと思われていますが、実は簡単に治すこともできたりします。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、スライスの種類
1 2 3 4 5
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン