飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバー の スライス の 原因 と 仕組みを知る

ドライバーのスライスに悩んでいますので、スライスが出ないようなスイングにしなければということで、いろいろと練習中です。その前に、なぜスライスが出るのかという、スライスの仕組みを知ることが大切だなと思いまして、昔のゴルフ書籍を引っ張り出してきて、スライスのメカニズムを再度勉強中です。スライスを治して、直進性を高めるだけで、飛距離アップができます。スライスの原因を考えてみました。

 

 

スポンサーリンク
 
 
 

ドライバーのスライスのメカニズム

スライスをするメカニズムを知っていれば、スライスする原因が明確になってきます。どのようなスイングであっても、スライスをする原因としてはフェイス面が開いているということです。私が今まで勉強してきたこと、教えてもらったことを、思い起こしながらスライスについて追求をしていこうと思います。

フェース面が開いているということは、ロフト角が大きくなっているということです。すると、スピン量が増えます。しかもフェースが開いているということは、右回転のスピンが増えてしまい、ボールが右に曲がってしまいます。ですから、スライスボールを打ってしまったときというのは、高い弾道となり、右に曲がっていくことが多いです。

スライスを打っているうちは、飛距離アップができません。スライスボールは、ボールが右に曲がっていきますから、曲がった分だけ、飛距離をロスしてしまいます。スライスを治して、直進性を高めるだけで、飛距離アップができます。つまり、捉まったボールが打てるようにならないと飛距離アップは難しいということになります。

ただ、フック系、チーピンよりも、スライスの方が修正しやすいし、原因も掴みやすいです。

スポンサーリンク
 

スライスばかり打っているのであれば、スライスとなる原因を見つけて、修正をすれば良いだけです。なかなか、スライスは治らないと思われていますが、実は簡単に治すこともできたりします。

 

スライスの種類

典型的なスライスのパターンとしては3つあります。よく知られているスライスのパターンです。 1つずつスライスの仕組みというのもを分析していこうと思います。

  • プッシュスライス
  • プルスライス
  • ストレートスライス

 

プッシュスライス

 
球筋としてはボールが右に出て、さらに右に曲がっていくという、OBまっしくぐらな球筋。非常に危険度の高い球筋となります。この球筋が出だすと、ほとんどゴルフにならないと思われます。スコアが全くついてきません。OB連発したとか。そういう状態になります。どんなことをしてでもプッシュスライスは修正しなければいけないと思います。

スポンサーリンク  
プッシュスライスの原因
スイング軌道がインサイド・アウトでフェイス面が開いていることが原因であることが多いようです。ドローを打とうと思って失敗すると、この球筋が出たりなんかもしますね。

 

プルスライス

 
球筋としてはボールが左に出てから右に曲がってくるというスライスです。初めからスライスする分だけ計算して左側に狙いを定めておけば、なんとかフェアウェイキープをさせることができますが、飛距離はあまり出ません。スライスする分だけ飛距離を損します。自分の持ち玉はフェードだと思っている人の殆どが、このプルスライスだったりもするみたいですね。

プルスライスの原因
右肩が前に出る、左手首が曲がっていることなどによるアウトサイドイン軌道になっていることが原因。簡単に言ってしまうと、アウトサイドイン軌道でフェイスが開いたまま擦っている状態になっています。手が先行している場合はヘッドが遅れて、そしてフェイスが開いてボールにヒットしてしまうことも原因のひとつです。

 

ストレートスライス

 
ボールが真っ直ぐに飛び出して、右に曲がってくるという感じの球筋です。左に引っ掛けるのが怖くて、チーピンを嫌ってからなのか、もともと、こういった少しだけスライスを打ちたいという人も多いので、ストレートスライスが全くもってダメだというわけではないと思います。自分が思い描いていた球筋であれば問題ないかと思います。

ですが、スライスで悩んでいる場合には、コントロールされていないスライスなので、曲がり幅も大きくなってしまいます。ストレートスライスはスイングの軌道は適切だけどフェイス面が少し開いてボールにヒットしている場合が多いです。もともとフェイス面が少しだけオープンになっていたりするドライバーもありますので、真っ直ぐ打ってもストレートスライスやフェードになるドライバーもあります。

ストレートスライスの原因
ボールが真っ直ぐに飛び出してからスライスをするということはスイングの軌道は適切ということになります。ということは、フェイス面が開いていることが原因であることが殆どです。フェイス面が開いてします理由は色々あります。グリップが悪いとか、ヘッドが戻ってこないとか。

 

スライスする原因の共通点としては

ドライバーでスライスをしてしまう原因は球筋が異なっていても原因は似ていることがありますし、共通点がいくつかあります。スライスをしてしまうキーワード(ポイント)を知っておくことで、その原因をつくらないスイングができるようになる練習が必要となってきます。

  • 左肩が上がっている
  • 右側に体重が残ってしまってアッパーで打とうとして擦っている
  • 右肩が出る
  • ヘッドが遅れてくる
  • フェイス面が開いている
  • アウトサイドインの軌道になっている
  • 極端なハンドファーストになっている

 

スライスする原因としてはスイング軌道がアウトサイドインとなっており、フェイス面が開いてボールにヒットしてボールに右回転が発生しているということが多いです。これを図解で表現をすると下の図となります。

▲スイング軌道がアウトサイドインとなっており、フェイス面が開いているとボールに右回転が発生してしまいます。

 

ドライバーだけがスライスする理由

ドライバーだけがスライスをする大きな理由としては、ドライバーのロフトの数字が小さいからということです。ロフトの数字が小さければ、他のクラブよりもボールに与える回転数が少なくなります。だから飛距離をかせぐことが出来ます。

ボールに与える回転数が少ないけど、余分な回転が入ってしまうと、その影響を受けやすくなります。横への回転が与えられるとスライスしやすくなってしまいます。

ですから、ドライバーはスライスするからスプーン(3番ウッド)で打つ、またはクリーク(5番ウッド)で打つという代替案もありますが、これはスライスを誤魔化しているだけです。私はドライバーのスライスを誤魔化すためにスプーンとかを多用してますけど・・・。根本的な解決にはなりません。

ドライバーはゴルフクラブの中で最も飛距離を出せるクラブですが、それなりにフェイス面のコントロール、そしてボールに与える回転のコントロールが難しいです。だからこそ、最近では低スピンなクラブが人気なのかもしれませんね。低スピンということは回転数が少ないということになりますし、余分な回転も軽減できると言われています。

 

スイングよりもグリップ、アドレス、ボールの位置が大切

ドライバーのスライスとなる原因を追究していくと、ボールに右回転が発生してしまうという単純な原因に行きつきます。言い替えれば、真っ直ぐに飛ばすにはボールに右回転、または余分な回転が発生しないようにドライバーのフェイス面を真っ直ぐにしてボールにヒットさせることが重要となってきます。

スライスが発生する原因としてはスイング軌道、フェイス面などが取りあげられますが、根本的にはグリップ、アドレス、そしてボールの位置がスライスを誘発させている可能性が高いということが、私がいろいろと追求してきた結果です。

何故ならば、最近のドライバーはスライスを予防するために、もともとフェイス面が少しだけ左を向いている、フックフェイスになっていることが殆どだからです。

つまり、適切なグリップ、適切なアドレス、適切なボールの位置になっていなからこそ、テイクバックの時点で、既に適切ではないテイクバックになっているということになります。自分では、しっかりと肩も入って捻転しているように思っていても、身体に捻転のパワーが蓄積されていないから、ゴルフクラブが降りてくるスピードを感じないし、ゴルフクラブの重さも感じることが無いので、腕のチカラでクラブを戻そうとしてしまい、アウトサイドインの軌道になっているように感じます。完全なる手打ちですね。

アドレスでボールの位置の左側過ぎるとフォロースルーでクラブを前方に押し出しきれずに、フェイス面がボールを擦ってしまう可能性もあります。アドレスで既に右肩が開いているという場合もあります。

適切なグリップ、アドレス、そして適切なボールの位置になっていなければ、適切なテイクバックの始動が出来ません。つまり、既にゴルフクラブを腕で持ち上げていることが、スライスを発生させてしまう根本的な原因のような気がします。

基本的にゴルフクラブは腕のチカラだけで振ったとしても、真っ直ぐな軌道でフェイス面が真っ直ぐにボールにヒットをすればスライスなんてしないという考えを持っている人も居ますが・・・。

スライスが発生するスイングを作っている、グリップ、アドレス、ボールの位置から確認をしていくことが最も大切なのだということが判ってきました。

私の場合は、以前にグリップが緩む・・・ということがありました。思い起こしてみると、グリップが緩み始めたときから、ドライバーのスライスが強くなっている気がします。グリップが揺るむということは、緩まないようにチカラが入っている可能性があり、チカラが入っているからこそ、適切なアドレスになっていな可能性もあります。

もっともっと根本的なことからスライスを探っていくと、意外と簡単な原因である可能性がありますね。

 

スライスしないようにしようとするとスライスする

ドライバーでスライスしないようにしようと考えると、色々なことを意識的に行ってしまいます。それが、逆にスライスを誘発してしまっているようです。スクエアにアドレスをして真っ直ぐ打つことを意識した方がスライスを減らせそうです。スライスしないように・・・という意識が余計にスライスを誘発してしまっているように感じます。

スライスを誘発する原因を探ってみました。

心理的なこと

心理的なこと・・・これは、池などのハザードを目の前にした時のショットと似た様な心理が働いていると思います。池に入れたくない・・・という気持ちでショットをすると池に入れてしまうということに似ていると思います。池に入れたくない・・・池を越えられる程度に飛ばしおきたい・・・飛ばしておきたいという気持ちからチカラが入ってしまい、ダフって池ポチャかトップして向こう岸の縁にボールがヒットして池ポチャ・・・

ドライバーのスライスと池ポチャは全く別のショットなのですが、ショットする時の意識というか気持ち的には似ているところがあると思います。ドライバーショットの場合はスライスしたくない・・・ミスショットしたくない・・・OBしたくない・・・「したくない気持ち」から、自分で知らず打ちに、ボールに当てようと調整して打ってしまって余計にスライスになるということでしょうね。

深く考えずに、いつも通りに打つというのが最も良いのだと思います。

 

軸がズレる

私は、もともと左側へ身体が動いてしまいます。身体が動くというよりも、頭が左側に動くという感じでしょうか。そして、動いた分だけ軸がズレてしまいます。私は右目が利き目です。ドライバーショットのときには、ボールを置く位置は左足側に置きます。左側に置かれているボールを右目で見ようとしてしまうから頭が動いてしまい、軸がズレてしまって、身体全体が左へ動くというか傾いてしまいまい、結果的には「身体が浮いている」と言われたりする動作につながってしまいます。効き目である右目で見やすい位置に移動をしているのだろうと思います。

それって、パターでも同じ様なことがあります。自分の身体の真ん中辺りにボールを置いてストロークをします。その時、ストロークした後も、頭を動かさないように顔を下に向けておき、転がるボールを横目でボールを見ます。ストロークをして、パターのフェースとボールがコンタクトするかどうかという時に転がるボールの行方を追いたくなって、顔があがってしまい、結果的に頭が動き、軸がズレてしまうということに似ていますね。

軸がズレるということは頭が動いているということです。頭が動いているということは、顔が動いているということになり、目線が上がっているということですね。ヘッドアップですね。

ヘッドアップしないように横目でボールを追うということも必要かもしれませんね。ただ、頭を動かさずに、いつまでも下を向いたままは良くないですね。良くないというか首を痛めそうです。

 

右足を引いてクローズ・スタンスにする

スライスを予防するために右足を引くという方法があったりします。足を引くということは少しクローズなアドレスとなります。飛球線に対して、肩の方向は少しだけ右を向きます。

実は右足を引いてアドレスをするというのは、クローズ・スタンスにすることで、バックスイングでクラブを引いた方向に胸を向けておくことが出来ます。胸が右を向いたままであれば、下半身との捻転差も自然とつくれます。つまり、スタンスがクローズになるのではなくて、身体全体がクローズになるから身体が開かないということですね。このために右足を引くという動作があるのかもしれません。

ですが、フレッド・カプルスはオープン・スタンスで捉まったボールを打っていましたから、アドレスやスタンスは人それぞれの身体能力や骨格などによって良いと思えるスタイルは異なってくると思います。

 

間違ったギア効果によるスライス

スライスが出始めると、フェースをフックにしてみたりなんかして、フェース面を被せみたりということを試みることがあります。フェース面を被せるようにフックにしてみたりという手元で調整をするような事をすると、知らず内に極端なハンドファーストになってしまたりして、余計にスライスが出てしまいます。

最近、気付いたのですがフェースを被せてフックフェースのようにしてショットをすると余計にスライスが出ます。これは逆にスライス回転が発生するギア効果になっているように感じます。

もともとは、フックフェースにすることでクラブがボールにコンタクトした瞬間にフェース面が開かないようにという考えでした。ですが、フックフェースのままでボールを打つと、フェース面はフックのまま、左を向いたままで打つとヒール側にヒットしたときのようなギア効果が発生する? このあたりは色々と自分でテストしていこうと思います。

ドライバーというゴルフクラブは、とてつもない勢いで進化してきています。小さなヘッドは460ccという大きなヘッドになりました。その大きなヘッドを支えるためのシャフトの剛性も高まりました。スピン量を軽減するための工夫が取り入れられて、浅重心+低重心なドライバーは当たり前となりました。最近ではヘッドのクラウン部分にカーボンを採用するという今までに思いつかなかったアイデアも取り入れられています。その進化はこれからも続いていきます。

ドライバーというゴルフクラブは、これからも進化していくだろうと思いますが・・・スライスを撲滅するという課題は未だに解決されていません。きっと、スライスというのは撲滅できないのかもしれませんね。これは、ゴルフクラブの進化だけでは解決できないのかもしれません。

 

つま先上がりでスライスを治す?

「つま先上がりのショット」、「つま先下がりのショット」から今の自分のスイングを見つめ直すことで、スライスを減らすことができます。つま先上がり、つま先下がり という傾斜のライでのショットを通常のショットに活かすことができれば、スライスもフックも克服できるかもしれないということです。

ラウンドレッスンでは、傾斜になっているライからボールを打つためのヒントなどを教えてもらいました。つま先上がりの傾斜ではフックボールが出やすい。つま先下がりの傾斜ではスライスボールが出やすいというのは、よく知られていることです。傾斜での打ち方、傾斜でのショットで打ちやすいボールのことを理解していれば、通常のショットに活かして、スライスやフックを克服できると考えたわけです。

ゴルフは、傾斜での打ち方などの仕組みを知ることができれば、他のショットに応用ができるという面白い面がありますからね。これに気づくかどうかというのも個人差があるかもしれませんが、自分で考えて取り組んでみて失敗してみないと成長しませんからね。

 

つま先上がりのショット

つま先上がりとなっている傾斜でのショットは、基本的にはフックボールが出やすいです。何故、フックボールが出やすいのか・・・ライ角が大きく影響をしています。つまり、フラットな打ち方になるからです。つま先上がりの傾斜はボールの位置が通常よりも上に来ますから、アドレスをするとゴルフクラブはフラットなライ角となります。自然とインサイドにクラブが抜けていくので、カット打ちにならない(カット打ちになり難い)ということが言えます。

つま先上がり

 

つま先下がりのショット

つま先下がりとなっている傾斜でのショットは、基本的にはスライスボールが出やすいです。何故、スライスボールが出やすいのか・・・ライ角が大きく影響をしています。つまり、アップライトな打ち方になるからです。つま先下がりの傾斜はボールの位置が通常よりも下に来ますから、アドレスをするとゴルフクラブはアップライトなライ角となります。つま先が下がった状態での苦しいアドレスからは、トップするか、カット打ちになるというのが想像できます。

つま先下がり

 

傾斜からのショットの弾道 簡単まとめ

つま先上がりのライ

  • ボールのつかまりが良い
  • フックボールになる
つま先下がりのライ

  • ボールのつかまりが悪い
  • スライスボールになる

 

通常のショットにどうやって活かすか

傾斜で打つ場合はスライスかフックが出る。ならば、それを通常のショットに活かすことが出来ればスライスもフックも克服ができるということになります。通常のショットでスライスボールを打ちたいという人も居るかもしれませんが、出来ればフックボールの方が良いでしょうから、出来ればつかまったボールが打てる方が良いわけです。

ということで、つま先上がりの傾斜から打つということを想定してショットをする場合には、クラブをフラットにしてインサイドに自然と振り抜けるように意識すれば良いということになります。自然とつかまるボールになるということですね。そんなに簡単に出来るかは判りません。つま先下がりのライからはつかまったボールが打てる訳ですから、平らに近いライからのティーショットであれば、もっと打ち易いのではないかと思ったりもします。 ただ、インサイドに振り抜くことを意識し過ぎるとチーピンが出そうで怖いですね。

つまりクラブのライ角を意識することで調整ができるのではないだろうか・・・という考えです。

ライ角

一般的に市販されているドライバーのライ角がフラットなモデルが多いのは、この辺りのことを想定しているからなのかもしれませんね。フラットなイメージでアドレスをすると、自然とクラブのトゥ側が浮いて、上を向くようになります。逆にアップライトな場合は、トゥ側が下がってしまいますから、トゥダウン現象と同じような感じになってしまいます。

フラットに打つことを強く意識すると、低く左に飛ぶボールばかりになってしまいますので、少しは縦の振りも考えておかないといけませんね。3番ウッドなどを芝生の上から打つときには、払い打ちでシャフトを寝かせるようにして打つことが多いのですが、そういったイメージで打つ方が良いのかもしれませんね。

また、アドレス時の体重のかけ方としては、踵側に体重を乗せたら良いのだろうか・・・いろいろと試行錯誤をしてトライするしかありませんね。

スライスボールを打つ頻度が多い場合は、少しでも真っ直ぐに飛ばす確率が増えれば、それだけでも平均飛距離は伸びますからね。スライスボールは距離が出ませんから。つま先上がりの打ち方を活かすことをどうして今まで思いつかなかったのが判りません。ただ、通常のショットでつま先上がりのような打ち方を活かすにはどうするのか・・・模索中です。ただ、うまくいけばつかまるボールが打てるのは間違いありませんからね。

 

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 

PS
上述した内容は私が以前にスクールで教えてもらったことを思い出しながら、今現在の自分のゴルフと照らし合わせて考えていますので万人に通用するとは限りませんので、ご注意ください。スライスするのは、スウェーするから、右膝が動くから、頭が動くからなどなど・・・そういった理由もあると思います。もしかしたらドライバーが自分のスイングに合っていないだけかもしれません。スライスの原因を追究していくと、本当に様々な理由が考えられます。だから、ゴルフは迷走してしまうのだろうと思います。

ドライバーの練習、打ち方 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン