飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ダスティン・ジョンソン ウォームアップ | ラウンド前の練習

更新:

ダスティン・ジョンソンのラウンド前の練習動画がアップされていましたのでシェアします。いつも良いところまで上がってくるのですが、結果は2位とか3位とか・・・いつも惜しい感じですね。ダスティン・ジョンソンの強味としては飛距離ですが、とても柔らかいアプローチも得意としています。飛ばせて、寄せられる・・・そんな感じですね。

ダスティン・ジョンソン ウォームアップ動画

以下の順番にショットの練習をしていきます。

  • 60°ウェッジ
  • 54°サンドウェッジ
  • ピッチングウェッジ
  • 8番アイアン
  • 4番アイアン
  • 3番ウッド
  • ドライバー
  • 6番アイアン

ダスティン・ジョンソンは飛ばし屋なので、飛ばす練習ばかりなのかと思ったのですが、そうでもなくて、けっこうベーシックなショットの練習をしています。ウェッジからしっかりと打ち込んで今日の自分の調子を窺っているように感じます。ドライバーショットの練習を終えて、6番アイアンの練習をするというのは、何か意味がありそうですね。

スポンサーリンク
 

そして、ショットの練習を終えてチッピングエリアへ移動します。ピッチングウェッジでのピッチショットの練習を始めます。かなり、しっかりと転がして寄せることをイメージしてみるみたいですね。それも、わざとラフがあるところから練習をしています。

そして、パットの練習をします。5フィートという距離のパッティングを練習していますが、カップインできません。本人の課題としている距離感なのでしょうか? 飛ばして、寄せて、入る という3拍子揃ったら無敵かもしれませんね。

飛ぶし、寄るし、マルチなゴルファー

ダスティン・ジョンソンは飛ばし屋です。だけど、ショートゲームも巧みです。とくには、100ヤード圏内のグリーンを狙ったアプローチショットは、抜群です。イーグル率も地味に良いです。飛ばすだけではなく、アプローチショットの精度も高いです。

色々と勉強になりますね。

日々、精進
がんばります

その他、よく読まれている記事

リョーマ マキシマ ドライバー | Ryoma MAXIMA TYPE-D... リョーマゴルフといえば、ビートたけしさん、木村拓哉さんがアンバサダーを務めているということもあり知名度が高いです。 ...
ゴルフスイングの打ち方が判らなくなったとき... たまにゴルフ練習場に行くと、打ち方が判らなくなってしまって、ダフッたり、トップしたり、ボールが真横に飛んでしまうこともあ...
アプローチでトップばかりする人のウェッジ選び... アプローチショットでトップばかりして、スコアメイクができないという場合の対処方法を紹介します。アプローチショットのコツな...
ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢)... ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢) ゴルフクラブのライ角と打ちやすいアドレス(姿勢) ゴルフク...
テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル... M2 D-TYPE ドライバーは2017年モデルです。少し古いドライバーですが、とても捉まりが良くて弾きの良いドライバー...
ゴルフドライバー 10年間の進化 | 何が進化したのか?... 2008年にSLEルールが制定されてから、10年が経過して、2018年となりました。 そして、2019年になりました。...
ドライバーのスライスの振り遅れとは... スライスの原因として引き合いに出されることが多いのが、振り遅れです。 では、振り遅れとは何かというのを知っておく必要が...
EPIC FLASH STAR と ROGUE STAR 比較 キャロウェイの2019年モデル EPIC FLASH STAR(エピック フラッシュ スター)ドライバーと前作モデルとな...
キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー | 試打レポ... キャロウェイ2019年モデルのEPIC FLASH STAR( エピック フラッシュ )ドライバーを打ちましたので、その...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン