飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

スタートホールでつまずくのは、先にたたくものを、今たたいただけ


中部銀次郎さんの書籍 「もっと深く、もっと楽しく」に書かれている内容なのですが、スタートホールでミスをして先を急ごうとすると様々なミスを誘発させてしまうというようなことが書かれています。

スタートでつまずいてしまうと・・・ついつい先を急いでしまいがちとなってしまうというような事が書かれています。つまり、スタートでつまずいてしまった分を取り返そうという気持ちが強くなってしまい、不安、焦燥感、焦りの方が勝ってしまい、適切な判断ができなくなってしまうというようなことを伝えようとしています。

中部銀次郎さんの場合は・・・番手選びで迷ったことはなかったと書いています。グリーンまでの距離、その日の気象条件、グリーン周りの状況を把握して、番手を決める。決まったら、クラブを抜いて、直ぐにアドレスに入った。

焦ってしまって、適切な判断が出来ない場合、例えば9番アイアンできっちりと打っていけば良いという場面で、もしかしたら足らないかもしれないという考えが過ぎり、8番アイアンに持ち替える。ただ、頭の中には8番アイアンでは大きいという考えが残っており、ハーフショットとなり、結果的にはグリーンには届かずにショートしてしまうという。そんなしだいで、先を急いでいた。迷ったあげくに同じ様なミスが続くと、迷った自分に対する悔いが残る。悔いが清算できないまま次のショットを打つことになり、また悪い結果となりやすい・・・と書かれています。

先を急ぐというのは、早くグリーンにボールを乗せたいという気持ちなのだろうと思います。そして、スタートホールでつまずいた分を取り返したいという気持ちがあったのだろうと思います。

スタートホールでつまずいても凌いでいくためのヒントも書かれています。スターとホールでつまずくと焦ります。冷静に考えてみると、1ホール、2ホールでつまずいたとしても、先にたたくものを、今たたいただけ、そのうちパーが獲れるかもしれない、バーディーがくるかもしれない、それくらいの考えを持てば良い・・・というような事が書かれています。

ミスを忘れろ、ミスを引きずるな、気にするなと言っているようにもとれます。

私の様なアマチュアゴルファーであれば、スタートホールでダブルボギーを叩くことがありますし、時にはトリプルボギーでスタートなんていうこともあります。いきなりダブルボギーということは、しょっぱなから+2ですから、焦ります。どっかで取り返したいと思いますし、早く次のホールへ行きたいという気持ちになりますし、早くショットした思ってしまいます。それは、スタートホールでつまずいた分を早く取り返したいからだと思います。

スタートでつまづくと焦りが生じる、判断が鈍る、番手選びで悩む、ミスを引きずり次打もミスする、この先、パーがくるか、バーディーがくるかもしれないという希望を持ちつつも、先にたたくものを、今たたいただけ くらいの気持ちでいたほうが良いということですね。

「先にたたくものを、今たたいただけ」 という言葉はとても良いなと思いました。こんなことは言いたくありませんが、結果的には自分のハンディキャップ通りのスコアとなることが多いです。それは、前半が良くても、後半が悪いとか・・・そういった事を考えていくと、「先にたたくものを、今たたいただけ」 という言葉がとてもしっくりきます。

逆説的に考えると、スタートが良いということは、まだ叩いてないので、この先で叩くかもしれないという覚悟を持っておくことも大切なのかもしれませんね。

ただ、「先にたたくもの」 の 叩く数(打数)を減らしたいと思っていますから、後にも先にも叩きたくない・・・といっても簡単なことではありません。そのために練習をして経験を積んでいくことが必要なのだろうと思います。

日々、精進
がんばります

PR
もっと深く、もっと楽しく。―アマチュアのためのゴルフ聖書(バイブル) / 中部銀次郎

関連記事

ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン