飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

スコアは見てくれの悪いショットの上で成り立っている

中部銀次郎さんの書籍 ゴルフわかったと思うな 56ページに書かれていることなのですが、だいたいがスコアというものは、見てくれの悪いものの上に成り立っているものなんです。と書かれています。

とても良くわかります。

そして、7打目のパットが2メートルぐらい残っていて、しかも難しいラインだということがあります。外したら8。スリーパットしたら9という状況で7打目のパットが入ったら、有り難いという感謝の気持ちを持つこと・・・というようなことも書かれています。

このお話も良くわかります。

というのも、私の最近のゴルフはショットが悪すぎてなんとも充実感の無いゴルフが続いています。ドライバーでのティーショットは左へ行ったり、右へ行ったり、セカンドショットもトップしたり・・・アプローチもなんとかギリギリ寄せられていると感じ。だけど、ショットは悪いけどパットは良かった・・・ということで、ボギーペースのゴルフが展開されていきます。そして、パターで助けられながらも何とか凌いでいくんですよね。しかも、ボギーペースで。淡々とボギーペース。

見たくれは悪いですよ。中部銀次郎さんの書籍の中で出てくる言葉で言うと、汚いパーとかそんな感じになるんでしょうけど。

ティーショットでのドライバーなんてナイスショットと言えるようなショットがひとつも無かったし、セカンドショットもフラフラしてるし、アプローチも何だかトップ気味だったりなんかして。それでも、丁寧にパッティングをしていたら、パーが獲れたり。

そして、次のホールでもパーが獲れたり。そして、最後にはバーディーが獲れてハーフ42というスコア。

ナイスショットはひとつもなかったけど、ナイスパットが続いてくれたおかげでなんとか、スコアを形成することが出来たという経験がありましたので、中部銀次郎さんの言っている、有り難い という意味は良くわかります。

そもそもショットが悪いということは、スイングそのものが出来ていないということであり、色々と修正をしなければいけないことが多々ある。だけど、ショットが悪くても奇跡的な1打、偶然の1打に感謝をすることで、必然的なショットやパットをすることが出来ると思います。

ラウンドをしながら、なんとなく中部銀次郎さんの言っている意味がわかってきたなという感じでした。

日々、精進がんばります

その他、よく読まれている記事

プロギア RS E ドライバー 試打・評価 プロギア 2019年最新モデル RS E ドライバーを打ちましたので、詳細を紹介します。 プロギア RS E ...
中部銀次郎のスイング 全体的に脱力をしているにも関わらず、下半身にはしっかりとチカラがはいっています。とくに太腿あたりの盛り上がりは、相当な脚...
ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン