飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフの技術偏重 | わざわざ難しいことをしている

更新:

ゴルフというスポーツはショットの技術が必要となります。ショットの技術が必要になるからこそ、ショットの技術ばかりを追求してしまい、偏重してしまうことがある。

中部銀次郎さんはどちらかというと技術に偏ってしまうことのないゴルフを心掛けていたように感じます。技術があるからこそ見えなくなってしまうものがあるということを伝えようとしています。

技術偏重というのは、ゴルフというスポーツだけではなく、製造業、IT業、医療という分野にもあるようです。それは、技術が必要である分野や業界では必ずあるようですね。どうやら、技術に偏った考えをしてしまうということだろうと思います。

技術があれば、その技術を使いたくなりますし、披露したくなる気持ちが芽生えてきます。製造業であれば特殊な技術を使って加工をしてみようということにもなったりします。こんな特殊な加工技術があるんだということを自慢するかのように、最新の技術を披露したいという気持ちです。たまたま製造業の加工技術を引き合いに出させて頂きましたが、別に悪口を言っているわけではありません。私の経験です。

ですが、最新技術が本当に役に立つのか・・・ということを考えると最新技術じゃなくても良いということもありますし、古い技術でも十分に役に立つことがあります。見た目が悪くても十分に効果が得られるようなこともあります。

中部銀次郎さんの書籍の中で、器用にボールを上げてアプローチをするゴルファーが居ました。同伴者が鍋銀次郎さんに「素晴らしい捌き方ですね」と話をふったところ、中部銀次郎さんは「でも、ボールはカップに寄ってないよ」と応えるという文節があります。

難しいことをしてもボールが寄らなければ意味がない。見た目はカッコイイ、ロブショットでもボールが寄らなければ意味がない。目的はカップに寄せることであって、難しいショット技術を披露することが目的ではないし、カッコ良く見せるのが目的ではないということですね。

ゴルフの技術偏重 【 わざわざ難しいことをしている 】

グリーン周りのアプローチはどうしてもウェッジを使おうという気持ちになってしまいます。必ずウェッジを使わなければいけないというルールはありません。そして、寄せるためにウェッジを使わない方が良いという場合もあります。

ボールとカップの位置を考える

たとえばボールがグリーンを少しだけこぼれてしまって、薄いラフに置かれている場合。そのボールの位置からカップまでの距離が近い場合は、無理してウェッジを使う必要性はありません。ボールの位置からカップまでの距離が近い場合は、けっこう難しいアプローチであると感じることが多いです。

ボールとグリーンとカップまでの距離を 見極める

 
ウェッジを使わなくてもボールを転がして寄せることが出来ます。無難に転がすのが鉄則ですね。9番アイアンとかを使って転がすのも良いと思います。中部銀次郎さんは距離のあるアプローチは5番アイアンを使っていたと言います。アプローチで5番アイアンが使えるようになるのは逆に難しそうな感じがしますけどね。

グリーン周りからパターで寄せることをテキサスウェッジと言います。アメリカのテキサス州は気候が乾燥しており、芝生も枯れてしまっていることが多かったからなのか、グリーン手前までボールを運んできて、転がして寄せるというのが基本だったようですね。グリーン外からでもパターで転がして寄せられたとのことです。ちなみに、広めたのはベン・ホーガンです。

本当の目的を見出すことが出来れば、見た目も、難しい技術も必要がないということですね。そこに気付かないのは、そのゴルファー自身の問題であり、それは心の問題であろうということですね。

最善の方法で寄せて確実にスコアメイクしていきたいですね。

日々、精進
がんばります

関連記事

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバーを使ってみた感想... 先日、ラウンドでテーラーメイド オリジナルワンミニドライバーを使わせてもらいましたので、その感想・レビューを紹介します。 テーラーメイド オリジナルワ...
M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた... テーラーメイドの公式ネットショップでアイアンを買ってみましたので、流れを紹介します。 M4アイアン|テーラーメイドのショップで買ってみた テーラ...
タイトリスト TS1 ドライバー | 試打レポ... タイトリスト TS1 ドライバーを打ちましたので、そのレビューをします。 タイトリスト TS1 ドライバー タイトリストの軽量ドライバー シャ...
ゴルフのための体幹トレーニングは間違い?... ゴルフスイングという動作が科学されて、どのような動作と筋力が必要なのか理解できてくると、体幹を鍛える、トレーニングするというのは違うということに気付きます。体幹...
ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日発売... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン