飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフで虫に刺された時の痒み止めの方法

夏ゴルフで嫌だなと思うのが虫刺されですね。夏は暑いから半袖とショートパンツでラウンドをするという人も居るかもしれませんが、虫避けと紫外線から守るためにも長袖、長ズボンが良いと思います。ゴルフ場によっては男性のショートパンツでのラウンドを禁止しているところもありますので注意が必要です。

長袖、長ズボンを着用してても虫に刺されることがあります。
先日、久しぶりに虫に刺されました。

虫なのか、毛虫なのかよくわかりませんが、太ももの辺りと膝の裏辺りを複数個所を刺されておりとても痒いのです。長袖、長ズボンを着用していても刺されるなんておかしいですね。

当初は少し痒いなという感じで、あまり気にしていなかったのですが、無意識のうちに掻きむしっていたようで、虫に刺された周辺が赤くなってしまい、湿疹ができてしまいました。これは、明らかに蚊ではないと思います。

ゴルフ帰りに薬局に寄って、薬を購入して塗っていたのですが、まったく効果がありません。土日は病院がお休みですので、漢方薬を処方してもらおうと思ったのですが・・・そういえば知り合いの鍼灸の先生が、痒みはお灸で治るとか言っていたのを思い出して、知り合いの鍼灸の先生のところへ行きました。

さっそく、痒みのあるところにお灸をしてもらったところ痒みがなくなりました。

お灸で痒みが抑えられるなんて不思議なんですが、そのメカニズムとしてはお灸で軽い火傷の様な状態にする(本当に火傷するわけではありません)ことで、白血球が増えるとのこと。さらに、免疫物質が生成され、毒素排出などの反応を起こし痒みを抑えることができるとのこと。人間の身体とは不思議ですね。虫に刺されて痒いというのは、虫の針や毒が体内に残っているから痒くなるそうです。それが元で身体が拒否反応を起こして痒みとなるようです。人によってはアレルギー反応が起きてしまうこともあるようです。

痒み止めの薬の方が手っ取り早いのですが、お灸は痒みの根源から改善してくれます。
お灸で痒みを止めるなんて知りませんでした。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学