TITLEIST VG3 ドライバー 【 2016年 NEWモデル 】

タイトリストの新しいドライバー VG3が発売されますね。発売は3月上旬とのことで、そろそろという感じでしょうか。VG3といえばタイトリストの中でもタイトリストっぽくない雰囲気が無いというか、日本向けの優しいクラブというイメージが強いですね。今回はカラーリングが一新されて黒色基調となり、硬派で玄人っぽい雰囲気があります。カラーリングが一新されただけでも、大きくイメージが変わりますね。全く違うゴルフクラブになってしまったようにも感じますね。

キャッチは・・・ベストスコアを狙うすべてのゴルファーのために開発されたNEW タイトリスト「VG3シリーズ」です。

スポンサー広告

 

特長としては、幾つかあります。

(1) アクティブリコイルチャンネル
ソール側に溝が設けられておりインパクト時に溝がたわむという効果が得られるようです。たわむことでロフト角をキープさせる効果が生まれるようです。インパクト時のギア効果によるフェース面が上を向く(ロフト角が大きくなる)ということを軽減するための仕組みのようですね。また、反発効果も大きくなるとのことで、飛距離アップが望めそうですね。

(2) カップフェース構造で高反発エリアを拡大
ボール初速アップ、直進性アップ、許容性アップを狙った構造となっているようです。アクティブリコイルチャンネルとの相乗効果が得られるとのこと。

(3) VG3専用シャフト
このシャフトが興味あります。VG3専用シャフトとのことですが手元側を重くしてクラブの軌道を適正にしてくれるとのことです。カウンターバランスですね。どのようなシャフトなのかとても興味があります。

 

915シリーズとの大きく違う点

VG3ドライバーは軽量化が徹底されている
VG3ドライバーはカップフェース構造で高反発エリアを拡大
VG3ドライバーは専用シャフト装着。カウンターバランスで軌道を補正

 

VG3 ドライバー 詳細スペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ヘッド素材:SP700チタン(カップフェース)、811軽量チタン
  • ヘッド製法:鍛造(カップフェース)、鋳造(ボディ)
  • ヘッド仕上げ:PVD(フェース・ソール)、ブラックグロス(クラウン)
  • ロフト角:9.5°/10.5°
  • グリップ:タイトリスト ツアーベルベット・ラバー・360° フラットキャップ・レッド(M60/軽量)
  • シャフト:タイトリスト VG50/60、KURO KAGE XM50、Speeder 569 EVOLUTION II、Tour AD GP-5

 

その他のシャフト

  • KURO KAGE XM50
  • Speeder 569 EVOLUTION II
  • Tour AD GP-5

 

タイトリストNewVG3を芹澤信雄がとことん打った!


▲芹澤信雄さんVG3ドライバーを打ってみた・・・という動画です。とても参考になります。

 

  スポンサー広告
 

 

PR
XXIO3人娘も惚れ込んだ!プロも納得の飛び、やさしさ、顔、打音・・・XXIO9はやっぱりスゴかった!

PR
VG3 ドライバー 2016年モデル 【 GDOショップ 】

TITLEIST VG3 オフィシャルサイト

その他、関連記事があります

プロゴルファーのセッティング