タイトリスト C16ドライバー / アイアン

マスターズが開催される直前にC16シリーズが紹介されていた記憶があります。その タイトリスト C16ドライバー / アイアンが発表されました。最新技術と、最高の素材、デザインを取り入れたクラブとなっているようで、コストを気にせずに作っているらしく、かなり高額なクラブとなっています。ハードな仕様ではなく、アベレージ向けに作られているとのことです。限定生産とのことで、ドライバーは1,500本のみ限定。ヘッド体積は445cc。ロフトは9度、10度のみとなっています。そして右利き用のみしか生産をしていないとのことです。アイアンは1,000セット限定となっています。

価格はドライバーが$999。 アイアン が 4番からPWのセットとなっており、$2,999(カーボン・シャフト) $2,699(スチール・シャフト) となっています。

スポンサーリンク
 

 

C16 は コンセプト2016 という意味が含まれているようですね。コンセプトカーと同じ様な意味合いで作られたコンセプトクラブであるとのこと。コンセプトカーは大量生産する前に消費者の反応を測定するための意味も含まれていますし、デザインや技術の方向性を表現するための試作という意味もあります。タイトリスト C16 も コンセプトカーと似たような意味が含まれているようです。

ということは、大量生産をする前に先行して販売をする新しいモデルとも考えられますね。ユーザーの反応を確認しながら、改良を加えて、更に良いクラブ作りを目指そうとしているということが窺えます。

 

タイトリストのYouTubeチャンネルにC16ドライバー、C16アイアンのPR動画が投稿されていましたのでシェアします。ちなみに英語です。

C16 Drivers

 

C16 Irons

 

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ドライバーを買い替えるタイミングを考える... ドライバーを買い替えるタイミングというのは、人それぞれだと思います。新しいモデルが発表されれば、直ぐに新しいモデルを購入するという人も居ますし、1つのドライバーを長く使うという人も居ます。私の場合は、1つのドライバーを長...
デカヘッド ドライバー のメリットとシャフトの性能... 昨今、ドライバーのヘッド体積は460ccが標準です。飲料水のペットボトルが500ml つまり 500cc だったりするのですが、ペットボトルを見ると、これより少し小さいのがドライバーのヘッド体積と同じくらいになるんだなと...
短いクラブの方が打ちやすくて飛ぶ?... ジミー・ウォーカーが42インチのドライバーを使っているということが話題になりました。そこから思ったことは、やはり短いクラブは打ちやすくて、飛ぶのだろうか? ということです。 私は飛ぶゴルファーではありませんし、ドラ...
ミズノが新しい MPドライバーを発表 ミズノが新しい MPドライバーを発表しました。3月17日発売予定とのことです。 TYPE-1、TYPE-2 の 2種類登場しました。とても、硬派な印象が強いドライバーとなっています。そして、シンプルです。 2つ...
Mati putters というイタリアのパター 2016年 PGAのゴルフクラブ・レビュー動画を観ていましたら、初めて知るパターのメーカーというかブランドがありました。Mati putters です。日本語では何と読むのか判りません。マティ・パターでしょうか。イタリア...
スポンサーリンク