テーラーメイド 2017年 M1、M2シリーズ 発表

とうとう、テーラーメイドが2017年 ニューモデルを発表しました。基本的には、2016年のM1シリーズ、M2シリーズがベースとなっているようです。とても興味深いです。日本正規品の発売は3月となるようです。 こちらでは、一足早く発売されているUSモデルを紹介します。

スポンサーリンク
 

2017年 M1シリーズ

M1シリーズは、フェアウェイウッド、ユーティリティ(ハイブリット)の方にも、移動式ウェイトが搭載されています。前作よりもカーボン使用量を増やして、更に低重心となっているようです。主にはソール側のトゥ側周辺にカーボンを採用しているとのことです。ドライバーのヘッド体積は、460cc と 440cc があるとのこと。

ロフト角
8.5° / 9.5° / 10.5° / 12°

標準装着シャフト(カスタム費用無し)
Fujikura Pro XLR8 56 graphite (Standard)
Mitsubishi Kuro Kage Silver Dual-Core TiNi 60 graphite (Standard)
TrueTemper Project X HZRDUS Yellow 65 graphiがうとte (Standard)

※その他、希望のカスタムシャフトを選択可能(要カスタム費用)

スポンサーリンク
 

2017年 M2シリーズ

M2シリーズの方は、M1シリーズに比べると非常にシンプルな印象です。ドライバーは、後方にウェイトが配置されていますので、重心深度が深いのかもしれません。フェアウェイウッドは、ウェイトがフェース寄りとなっていますので、浅重心でスピン量が少ない弾道が打てそうです。ドライバーのヘッド体積は460ccとのこと。

ちなみに、2017年のM2ドライバーは、Dタイプという捉まりの良さを追求したモデルも準備されているとのことです。

 

テーラーメイド 2017年 M2 ドライバー USモデル


▲上の写真はM2ドライバー

2017年 ニューモデル M2ドライバーの場合は、ソールのトゥ側周辺にカーボンを採用しており、現行モデルよりもさらに軽量化と低重心化が進んでいるようです。2016年のM2ドライバーと比較すると、ソール部分に大きな改良点が見られ、ソール側のトゥ側にもカーボンを採用しているようです。また、スピードポケットの方は、2017年モデルの方が幅が狭くなり、深くなっているような感じとなっています。

ロフト角
9.5° / 10.5° / 12°

標準装着シャフト(カスタム費用無し)
Fujikura Pro XLR8 56 graphite (Standard)
※その他、希望のカスタムシャフトを選択可能(要カスタム費用)

フレックス
X / S / R / A

 

テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル


▲上の写真はM2ドライバー Dタイプ

Dタイプ の M2ドライバーは、ドローバイアスが入っています。捉まりの良さを追求し、スライスを軽減させるために、重心角を大きく設けているようです。従来のM2ドライバーは、決して捉まりが良いとは言い切れませんので、ドローバイヤスのM2 D-TYPE を作ったんでしょうね。

ロフト角
9.5° / 10.5° / 12°

標準装着シャフト(カスタム費用無し)
Matrix MFS5 White Tie 55 graphite (Standard)
※その他、希望のカスタムシャフトを選択可能(要カスタム費用)

フレックス
S / R

テーラーメイド M2 D-TYPE ドライバー USモデル 購入

 


今のところ、詳細が判りにくいですが、期待できそうですね。日本で発売されるのは、いつ頃になるのか気になるところですが、海外では既に発売されているとのことで、USモデルであれば購入ができるようです。

 

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
ジミー・ウォーカー の ドライバーは42インチ... 2017年の初戦となる SBSトーナメントofチャンピオンズ ですが、新しいシーズン初めということもあり、様々な話題が取り上げられています。キャロウェイの新モデル GBB Epic Driver ( エピックドライバー ...
アップライトなドライバー と フラットなドライバー 【 ライ角 】... アップライトなドライバーとフラットなドライバーはどらいが良いのかというお話をゴルフ仲間たちとしておりました。アップライトなのかフラットなのかというのは、ゴルフクラブのライ角のことになります。ドライバーを持って、アドレスを...
タイトリスト 915 D4 ドライバー タイトリストといえば、アダム・スコット、ジョーダン・スピース、ジミー・ウォーカーを思い浮かべますね。そして、タイトリストの915シリーズは人気があります。 最近、話題になっているのが 915 D4 ドライバーですね...
ドライバーのトレンドは、たわみ効果?... ここ数年のドライバーのトレンドはヘッドのたわみ効果なのだろうかということを感じます。少し前までは低スピンが推進されていました。重心を浅く、フェース側に重心を置いてスピン量を軽減させる。その影響としてボールが上がり難くなる...
ゴルフクラブは寛容性を考えて選ぶ 先日、ゴルフレッスンの先生と色々とディスカッションをしている時にゴルフクラブの選び方のヒントになるようなお話を聞くことが出来ました。ディスカッションといっても、談笑しているだけなのですが、そういったゆるい雰囲気の中で会話...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ