CONTENTS MENU
 

速く振る と 打ち急ぎ の 違い

急いで打たないと思っていても、打ち急ぎが良くないと判っていても、ゴルフ場では急いで打ってしまいます。打ち急ぎというか、しっかりと捻転してトップが作られていないのにダウンスイングを始めてしまうという感じでしょうか。

スポンサーリンク
 

これは、手打ちですね。捻転が浅くて直ぐに元のアドレスに戻ろうとしてしまっているんでしょうね。左の肩が全然顎の下に入っていないのにダウンスイングを始めてしまっていたりもします。

腕(手)でゴルフクラブを持ち上げて、打とうとしていますから、インパクトを迎える前にチカラが入ってしまいます。チカラが入ってしまうと、アウトサイドからクラブが入ったり、インパクトを迎える前にコックが解けてしまったりというミスショットを誘発します。

先日、練習をしながら気付いたのですが 打ち急ぎ と 速く振る というのは似てますね。打ち急ぎ と 速く振る というのは、どちらにしろ腕(手)で打とうとしているように感じます。

打ち急ぎ

捻転が浅いというのが原因とゴルフクラブを手(腕)で持ち上げてしまっているのでダウンスイングも手(腕)で始めようとしまっています。下半身、身体を使わなければいけませんね。捻転が浅いから、スイングのパワーが弱くなってしまい、ゴルフクラブが加速しません。ですから、余計に手(腕)で振ろうとしてしまいます。

特には緊張しているとき、焦っているときに打ち急いでしまう傾向にあるように感じます。例えばバンカーショットなんかは、打ち急いでしまう場合が多いように感じます。

速く振る

捻転が深くても、身体の向き、胸の向きを越えてしまって腕だけで振ってしまうようなスイングになってしまいます。下半身は固定されているかのように動かず、腕だけでクラブを振っている状態です。また、速く振ろうとして肩が開いてしまって大きなスライスとなってしまうこともあります。

速く振る ではなくて、結果的に速く振れた というのが適切なのかもしれませんね。速く振る というのは自分の意思で振ろうとしているわけですから、腕(手)だけで振ってしまっている可能性が高いです。

スポンサーリンク
 

どっちにしろ手打ち

打ち急ぎ、速く振る どちらも手打ちですね。手打ちをしていないと思っていても、実際は手で合わせてにいっているのだろうと思います。また、飛ばそうという気持ちが強いほど、手で振ろうとしてしまいます。足腰、下半身よりも手(腕)の方が器用に動かせるからなのだろうと思います。ということは、足腰が弱ってきているのかもしれませんね。

急いで打つ
速く打つ
緊張しているから
または、飛ばしたいから

ドライバー、アイアン、ウェッジも共通するのが急いで打とうとしないこと。飛ばそうと思って、速く振ろうとしないこと。ただ、速く振れば飛ぶのだけど、意識的に速く振ろうとしないという意味なのだろうと思います。

ロフト角の数字が大きいウェッジでショットをしてみると判ることなのですが、速く振るとフェースがボールの下を潜ってしまって飛びません。ゆっくり振ると、ウェッジのフェース面にボールが乗って、それなりに高く上がって飛んでくれます。ドライバーやアイアンも同じことが言えると思います。

ドライバーでナイスショットが打てても、芝生の上からのアイアンがダフリばかりだったら、スコアになりませんし、グリーンを狙っていくことも出来ません。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア