CONTENTS MENU
 

重いクラブでスローモーションのスイングをすること

重いクラブでスローモーションのスイングをすること・・・このトレーニング方法は、ゴルフレッスンの神様 ハーヴィー・ペニック氏のレッド・ブックに書かれている内容です。

スポンサーリンク
 

ゴルフに必要な筋肉を鍛えるには重いクラブで、いつも通りのグリップ、スタンス、アドレスでスイングをすることが良いとのこと。とくにラウンド前日に行うと良いとのことです。フルスイングをするのではなく、重いクラブを使ってスローモーションのようにスイングをすることで、ゴルフスイングに必要な筋肉を鍛えるだけではなく、脳に良いスイングを記憶させることができるらしいです。

私は、今までは重いスイングを使って自室でフルスイングをしていましたが、どうやらトレーニング方法が違っていたようですね。重いクラブを使用してフルスイングをした後は、通常のゴルフクラブが軽く感じますから、これが良いのだと思っていました。はじめは、スローモーションのように本当にゆっくりとスイングをすることが良いようです。

バックスイングからトップまでゆっくりとクラブを上げていく。その時に、目は手元を見たり、クラブヘッドを見ようとせずに、いつも通りボールを打つようにしておくこと。手元を見たり、クラブヘッドを目で追うような動作をしてしまうと、実際のラウンドでもそのクセが出てしまうことがある。

スイングが、トップに辿り着いたら、ゆっくりと左足の踵を下ろしていくと同時に、右肘を身体に引きつけていく。この動作もゆっくりとスローモーションのように行うこと。ここで気になったのが左足の踵を下ろすという部分ですが、どうやら左足踵が少し浮くヒールアップのスイングを基に説明されており、ハーヴィー・ペニック氏はヒールアップには肯定的。

そして、クラブヘッドがボールが置いてあるだろう場所に近づきつつあるところで、動きを止める。動きを止めたらしばらくその姿勢をキープする。身体の感覚を憶えさせる。これは、インパクトの再現のことかもしれません。また、下半身がどのような動きをして、どのようにチカラが加わっているのかを知ることが出来ます。ゴルフスイングは一瞬で終ってしまいますので、自分の身体といえでも、どのように動作をしているのかを知ることが難しいです。

そこから、もういちどバックスイングを行って、トップまでいき、同じ様にゆっくりと、スローモーションのようにスイングをしてくる。

これを4回続ける。

我慢できずに速いスピードでスイングをしないこと。

4回終えたら、フルスイングをする。

バックススイング、トップ、左足の踵を下ろしつつ、右肘を引き付けて、インパクト、フォロースルー、フィニッシュを作る。身体が痛いなと思うほど、続ける必要はないようです。逆に疲労が残ってしまうからでしょうね。

これを繰り返し行うことで、ゴルフスイングで必要となる筋肉を鍛えられるだけではなく、筋肉の動き、身体の動きを脳に伝達させて記憶させることが出来るとのこと。そして下半身の動きも覚えられる。とくにスローモーションでゴルフスイングをすれば、ミスショットは絶対に出ないとのこと。あくまでもトレーニングであり、重いクラブを室内で振っているわけですから、イメージトレーニングに近いのですから、ミスが出ないというのは、当たり前ですよね。ということは、逆説的に考えると急いだスイングはミスが出やすいということになりますね。

スローモーションでスイングをすることで、下半身の動きが覚えられますし、どのような動作をしなければいけないのかを脳に伝達させて記憶をさせることが出来るとのことで、自室で早速トレーニングをしています。

スローモーションでスイングをして、インパクト近くで止める、そこからまたバックスイングをしてトップを作るということを繰り返していくと、けっこう疲労感があります。ゴルフスイングは瞬間的な動作ですが、スローモーションで行うことで、相当なエネルギーを消費します。たしかにゴルフスイングに必要な筋肉を鍛えられそうです。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
素振りをするときは何か目標を作る 【 ハーヴィー・ぺニック 】... ハーヴィー・ぺニックの書籍に書かれていた内容ですが、素振りをするときは目標を作ると良いと書かれています。殆どのアマチュアゴルファーはショットする前に素振りを2~3回することが多い。 とても綺麗なスイングで素振りをする。だが、実際にショットをすると素振りとは全く違うスイングになってしまう。 実際...
大切な順にクラブを3本選ぶとしたら? 【 ハーヴィー・ペニック 】... ゴルフレッスンの神様と呼ばれているハーヴィー・ペニックがレッスン方法、上達の秘訣を書き留めたとされる、ハーヴィー・ペニックのレッド・ブックという書籍があります。そこには、とても興味深いことが書かれていました。 大切な順にクラブを3本選ぶとしたら?・・・という章説です。 大切な順にクラブを3本...
リラックス と 気を楽にする の 違い 【 ティーショットで緊張する人 】... またまた、殆どのティーショットでミスショットをするという人と同じ組になりました。春先にいっしょにラウンドをしたことのある人です。緊張をしているのか、ティーショットに自信が無いのか、何かしらの理由があってティーショットでミスショットを連発しているのだろうとは思いますが、そんなにスイングがおかしいという...
ベン・ホーガンはキャディに真西の方角を聞いた 【 感受性 】... ラウンド中のゴルファーとしての感受性は大切だなと思います。ハーヴィー・ペニックのレッド・ブックという書籍のなかでベン・ホーガンがキャディに真西を聞いていたという文節があります。 それは、グリーンを除く他の全てのものは変化をしないがグリーンだけは西に切れるように芝が伸びからであると、真西を聞く理由を...
ベン・ホーガンでも危険を避けてレイアップした 中部銀次郎さんの書籍を読んでいくと、文中に登場することがあるのが、ベン・ホーガンです。ベン・ホーガンのグリップのことやアドレスのことや考え方が、中部銀次郎というゴルファーのフィルターを通して、表現されていることがあります。 その中でも、ベン・ホーガンが危険を避けるためにレイアップをしたという話が紹...
SNS シェア