CONTENTS MENU
 

ゴルフ上達するために必ず通る関門

最近、上達するために通過しなければならない関門というか、難問というか、関所のようなモノを感じています。とくにはアプローチです。シャンクではないのですが、ボールが真右に飛び出してしまうことがあります。

スポンサーリンク
 

私は3打目で寄せていくタイプなので、3打目が真右に飛び出してしまったら、スコアになりません。自ずと4打目の寄せを必要としてしまい、難しいパットが残ることになります。これでは、スコアがつくれません。

グリーン手前の花道までボールを運んできて、良いところに運んだなと自分で思いながらアプローチ・・・ボールが真右に飛び出してしまい、グリーンよりも離れたところのラフへ・・・そこから4打目・・・同伴者のゴルフ仲間には、なに今の? 見た事が無い? 何してるの!? とか言われていますが、そうなってしまうんですから仕方がありません。

ダフってしまってフェースが開いているという感じではありません。ダフっていません。むしろ、クリーンにボールにコンタクトしようとしています。それが、いけないのかもしれませんが・・・どうしてアプローチだけが右にいくんだろ? なんて、悶々と悩みながらラウンドをしているものですから、同伴者も私の周りに寄らないようにしていたように感じますね(笑) なんだか、怪しい空気が漂っていたのかもしれません。

1度でも大きなミスをしてしまうと、それが不安になります。また、同じ様なミスをするのではないだろうかと思いながら、次のホールでもアプローチをするのですが・・・同じ様にミスをしてしまいます。同じ様なミスを続けていくと、トラウマみたいになってきてしまって、アプローチが怖くなってくるんですよね。これは、重症ですね。

ということで、その時のラウンドの後半は、刻みながらボールを運んできて、アイアンでアプローチをしていました。7番アイアンとか、8番アイアンとか、とりあえずボールは前に転がってくれますからグリーンに乗せられる確率が高まります。パットしやすい位置に乗せることは出来ませんが、真右に飛び出すアプローチショットよりは断然有利ですから。

今日は、もうダメだろうな・・・なんて諦めた気持ちになると、ドライバーやアイアンがナイスショット連発するというのも不思議なもんです。安全に打とうという気持ちが失せているので、むしろ気楽に振れていたのだろうと思います。

アプローチでボールが少し左の前方に飛び出すのであれば、手打ちになっていて、アウトサイドから入っているんだろうなということは判ります。これは、原因が判りやすいので、修正しやすいと言えますし、少し左でも前方へボールが飛んでいますから、なんとかなります。

上達するための関門としてはシャンクというものがあります。シャンクというのは、いきなりラウンド中に発生したりなんかしますので大変です。私のアプローチもシャンクのように真右にボールが飛び出すのですが、ネックにボールが当たっている感じではありませんでしたが、これから原因を探っていくことになります。

アプローチで真右にボールが飛ぶ・・・つまりウェッジでボールが真右に飛ぶ。距離は30ヤードとか50ヤードくらいとか。ボールが右に飛ぶということは、フェースが開いている可能性があります。ウェッジはフェースを開いて使うこともありますが、私の場合はそういったところじゃない感じがします。ボールの位置が悪いか、急いで打っているか、自分で当てにいっているか、グリップが緩んでしまって開いているのか・・・飛距離アップもしたいと思っていましたので、ドライバーを振り回す練習などもしていまいたが、これから小さなスイングをたくさん練習しようと考えています。7時-5時、9時-3時のスイングでボールが真右に飛ぶ理由を探っていこうと思います。

これは、上達するために通過する関門のようなモノなんでしょうね。

ドライバー、ウッド、アイアン、ウェッジ、パターなど、ラウンドで使うクラブは全体的にバランスよく練習をしておかないと、どのようなミスが発生するか判りません。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
SNS シェア