CONTENTS MENU
 

中途半端な距離のアプローチショット

グリーンまで、またはカップまでの中途半端な距離といえば、20ヤード、40ヤード、80ヤードなどの100ヤードも無い様な距離が思い付きます。100ヤードくらいであれば、ウェッジでフルショットという判断が出来ますが、中途半端な距離は悩みます。100ヤードじゃなくても、この距離はフルショットで打てるという距離感が誰にでもあるはずです。得意な距離感というやつですね。中途半端な距離のアプローチショットが悩むというのは、中途半端な距離というのは色々なショットがあるからでしょうね。併せて、中途半端な距離なのですが、グリーンを狙う、カップ近くを狙うためのショットになりますから、漠然と飛ばしておけば良いというショットでは良い結果が得られないからでしょうね。

スポンサーリンク
 

 

逆にドライバーでのティーショットというのは、距離はあまり気にしていない様に思います。距離を気にしていないというのは語弊があるかもしれませんが。というよりも、最終的な目的であるグリーン、カップを目指したショットではないので、距離は気にせずに漠然とした考えで打っていると思います。小さな範囲を狙っていないということですね。その結果が190ヤード飛んだ、200ヤード飛んだということでしょうから。最初からティーショットのドライバーで185ヤード地点を狙って打つ ということは、殆どありません。フェアウェイバンカーが180ヤード付近に配置されていて、そのフェアウェイバンカーを越えるくらいはドライブしたいという考えを持ったりというのはあると思いますが、何ヤード越えるかなんてことは考えていません。

ということを考えると、グリーン(カップ)までの中途半端な距離のショットというのは、意外にも難しいのかもしれませんね。中途半端な距離のショットを攻略するには、幾つかの選択肢が思い付きます。

ボールを低く出してランを使って寄せるのか?

ボールを上げて寄せるのか?

どのようなクラブを選択するのか?

ということを考えながら、最善の方法を選択するのですが、殆どが ピッチエンドラン になります。というよりも、それが最も簡単であり、私にはそれしか出来ないというのが正直なところですね。ボールを上げたりもしますが、ボールにスピンをかけられたりすることが出来ないので、殆どはピッチエンドラン。少しのキャリーとランで寄せる。

中途半端な距離のショットは選択肢が増えてしまうように思います。色々な選択肢があり、どのように攻略をするのかというのが楽しかったりもするわけです。選択肢が増えると悩んでしまいますから、私は基本的には転がしのアプローチをするようにしています。バンカーなどのハザードを越えなければいけない場合はボールを上げますが。

転がしといっても、ショットする場所から目的としているグリーン(カップ)まで、ボールを転がし続けることは出来ませんから、少しだけボールを上げて、ボールを落としたところから少しだけ転がる ピッチエンドランですね。

中途半端な距離のアプローチショットをする時に考えるのは、距離感ですが、その距離感を出すには、今までの自分の感覚や練習場での距離感を思い出したりします。アプローチでは、7時-5時、8時-4時、9時-3時 という振り幅で練習することが多いです。

最近は中途半端な距離のアプローチショットで、大きかったり、短かったりすることが多いです。距離感が合っていないのか、合わせられないのか、スピンが少なくてダラダラと転がってしまうこともあります。寄せワンの予定なのに、入れてパーというパターの距離が大きく残っていたりすることもあります。

もっとアプローチを練習しなければいけないなと感じています。

 

スポンサーリンク
 

 

Titleist Script Notes

Titleist の YouTubeチャンネルに Script Notes という各選手のアプローチ・ショットの再生リストが投稿されています。グリーン周りの何を見て、何を感じて、どのように狙うかという映像であり、やっぱりタイリストのボールはコントロールに優れているというPR動画です。でも、なかなか見応えがあります。
Titleist Script Notes YouTube再生リスト

 

Jordan Spieth – Titleist Script Notes

ジョーダン・スピースの118ヤードの狭い場所を狙ったアプローチショット。

 

Rickie Fowler – Titleist Script Notes

リッキー・ファウラーの83ヤードのショット。

 

Zach Johnson – Titleist Script Notes

ザック・ジョンソンの80ヤードのアプローチショット。

 

Jimmy Walker – Titleist Script Notes

ジミー・ウォーカーの94ヤードのショット。

 

どのようなアプローチでも距離感を合わせられれば、バーディーが獲れる可能性は高くなりますし、寄せワンでパーを拾うことができる確率も高くなってきます。スコアメイクのヒントはショートゲームにあるのかもしれませんね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア