最初から悪いスコアを覚悟するのがゴルフかも? 【 心の制約 】

中部銀次郎さんの書籍を読んでいて、強烈に感化されてしまっているからなのか、ゴルフというのは最初から悪いスコアを覚悟していたほうが良いスコアが出るように感じるようになってきた今日このごろです。

スポンサーリンク
 

最初から悪いスコアを覚悟するというのは、最初から諦めているわけではなくて、悪いスコアだったら・・・という状況が悪くなってしまった時の事を最初から覚悟をしているので、対処の仕方があるというか、何かしらの対策が出来るだろうというような考えなんだと思います。そして、心にゆとりを持つことが出来るので、スコアが悪くても心が折れることはありません。ゴルフはメンタルが重要なスポーツだと言いますが、本当にそうなんだということも少しずつですが判ってきました。

最初から悪いスコアを覚悟するというのは・・・ゴルフというスポーツは不思議な側面があって、最初からレギュレーション通りの 4 という数字を獲りにいくと、何故か 8 だったりします。ですが、レギュレーション通りじゃなくても良いかもしれないという考えを持っていると何故だか判りませんが 4 というレギュレーション通りの数字だったりします。

そして、最初から 6 という悪いスコアを覚悟していれば、3 という1打少ない数字になったりすることもあったりします。

PAR3のホールでも似たようなことが起きたりすることもあります。150ヤード程のPAR3ですからピンを狙っていこうという気持ちが沸いてきますし、なんとかバーディーを獲りたいという気持ちもあったりなんかします。ということは最初からレギュレーションよりも良いスコアを期待している自分が居るということになります。最初から 3 以下・・・つまり 2 を狙っているのだけど、何故だか判りませんが、6 とか 5 というような数字になることがあります。しかもPAR3のホールで。PAR3だけど、なんとか 4くらいでおさめたいなとか考えていると 案外 3 とか 2 という数字になったりすることがあります。

これは、きっとゴルフ技術があるとか無いかとか、上手い下手とかじゃなくて、心の制約というものが自分の身体を萎縮させてしまっているのだろうと思います。中部銀次郎さんの書籍にも心の制約という言葉が出てくるのですが、やっと自分の中で 心の制約 という言葉を消化できたような気がしました。

それって、なんだか平均台の上を歩く心理に似ているような感じがするんですよね。これは、私の勝手な考えなので、何を言っているんだコイツは? と思われてしまうかもしれませんが。

高い平均台

高さがある平均台は踏み外したら大変なことになるという緊張があり、それが心の制約になる。ただ、真っ直ぐ歩くだけのことなのですが、真っ直ぐ歩くことが難しく感じてしまいます。

高い平均台

地面からあまり離れていない、つまり高さの無いような平均台であればバランスを保って歩き渡ることが出来ると思うのですが、とても高さがあって踏み外して落ちてしまうと大変なことになりそうな平均台の場合は、何故だか歩き渡るが出来なさそうなイメージが沸いてきます。理由は落下すると危険だからであり、落下することがリスクであるからこそ、踏み外すことなく歩くことの重要性が強調されてしまい、自分の心の中で絶対に踏み外してはいけないと思ってしまうからでしょうね。

スポンサーリンク
 

低い平均台

低い平均台は踏み外しても安全なので緊張が無いからスムーズに渡ることが出来る。落下しても大きなリスクは無いし、落下したとしても平均台に乗ることも出来るし、歩きなおすことが出来るということから、心にゆとりが生まれてきます。

heikindai-hikui

もちろん、なかには幅が狭い台の上を歩くというのが苦手だという人も居ると思います。私も幅が狭い台の上とか、幅の狭いラインの上をはみ出さずに歩くということは苦手な方です。

平均台も高さが無ければ歩き渡る自信はあります。ですが、平均台に高さがあって、踏み外すと大きなリスクがある場合は、歩き渡る自信がありません。踏み外してはいけないとか、落ちると大変に危険だとか、自分にとって良く無い情報、悪い情報が入ってくることで、平均台の狭さを凝視してしまい、そこに心の制約が生まれるのだろうと思います。

平均台を引き合いに出しましたが・・・これって、ゴルフも同じ様な感覚があるのではないだろうかと感じています。危険、リスクがある、怖い、出来ない、自信が無い、不安が、無理だ・・・というネガティブな思考(否定的な思考)が自分自身を抑制してしまいます。それは意識の壁みたいなものです。

最初から4を狙う、最初から3を狙うということは、4とか3じゃなければダメなんだという自分への制約が生まれてきます。制約が生まれることで集中が出来る場合もありますが、大半の人は心に制約ができると身体が萎縮してしまうようです。心の制限、心の制約、メンタルブロックというような言葉で表現されるようです。

この様にしなければいけないこの様にあるべきだ というような決め付けてしまうような観念があります。リスクを回避するための心が働きます。そうなると、何があっても自分が想い描いている通りの安全な方法を貫き通そうとしてしまいます。また、リスクを回避しようとする考えから、思わぬ動きをしてしまうこともあります。

冷静に考えてみると・・・やっぱり最初から 4 とか 3 とか狙っているときはミスしてしまうことが多いように感じます。また、池などのハザードを気にしていたり、OBなどを気にしていると、余計にトラブルになってしまうようなことが多いと思います。それは、ゴルフ技術の問題ではありませんよね。自分の心の問題だと思います。

石川遼選手も2016年 今年は心 を大切にする というようなことをテレビ発言をしていました。その意味もを判ってきます。

という様なことを考えていると中部銀次郎さんがいうところの 心の鍛錬 という言葉の意味とか大切さが判ってきますから不思議ですね。この辺りを考えて、自分の心をコントロールすることが出来たら、素晴らしいゴルフが出来そうな予感がしますね。

心の制約に左右されずにショットするにはどうするのか・・・私にもよく判っていませんが、練習場でのナイスショットを思い出しながら、練習場で打つような感じで、気楽に打てばナイスショットができるような気がします。そうなんですよね。気楽に打つということですよね。その気楽さというのが、本当に気持ちを楽にさせてくれて、身体をスムーズに動かせるんだと思います。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア

 

よく読まれている投稿記事
関連投稿記事
努力した分だけ上達する・・・自己分析が必要... どれだけ努力をしても、練習をしても上達をしないのは、自己分析が曖昧なのだろうということに気付きました。つまり、自分のゴルフの中で、何が不足しているのか、どこでスコアを損しているのかを把握していなければ、練習方法すら見出す...
調子の悪い時に1日 2ラウンドをするという間違い... 今年の夏は1日に2ラウンドをこなすということが多くありました。午前7時からスルーで1ラウンドをスタートすれば、午後11時前には1ラウンドが終ります。ですから、その後に午後スルーで1ラウンドをすることができます。よくあるの...
1メートルのパットは1打だけど、3センチのパットも1打... 8月に入って暑さが増してきました。夏ゴルフは暑さとの戦いという面もありますね。熱中症には注意しなければいけませんね。最近のラウンドはショットは、まずまずなのですが距離の短いアプローチと距離の短いパットが思うようにならず、...
アプローチでミスをするとスコアが全然つくれない... 最近のゴルフラウンドではアプローチのミスによるダメージがとても大きく、修正することが出来ずに大変なことになりました。もともと、ショットはドライバーもアイアンもスライス傾向にあります。 スライスして正解というか、...
ゴルフと千利休百首 茶道で有名な千利休が書いたとされる千利休百首というものがあります。複雑で難しい茶道での点前作法を31文字の歌として判りやすく、覚えやすくまとめたのが千利休百首です。 茶道なんてゴルフとは関係ないと思われるかも知れま...
スポンサーリンク
 
ライザップゴルフでレベルアップ
ライザップゴルフで飛距離アップとスコアアップ