CONTENTS MENU
 

転がすアプローチは、けっこう難しい

転がすアプローチは、ボールを上げるアプローチよりは簡単。ゴルフは転がした方が簡単になる。ゴルフはゴロフだという言葉もある通り、ゴルフは転がした方が簡単、転がした方が大きなミスを防ぐことが出来ると言われていますし、実際にそうだと思います。中部銀次郎さんも書籍の中でアプローチは転がした方が良い、場合によっては5番アイアンも使うとか書いていたりもします。つまるところ、転がしのアプローチというのはランニングアプローチのことです。

スポンサーリンク
 

 

ボールを上げるのが難しいというよりは、上げようとしてしまう動作が入ってしまうからミスが発生してしまうのだと思いますし、上げようとするからこそウェッジというクラブが難しく感じてしまうのだろうと思います。ですが、私の場合は逆なんですよね、ボールを低く出して転がそうとするほうが難しく感じます。何故ならば、どれくらい転がるのかが読めないからです。ボールがグリーンに乗って、しばらくして止まるというわけではありませんからね。ある程度、転がってくれますから、その転がる距離を見極めないといけませんから、けっこう難しいです。

ボールを上げてしまえば、1バウンド目は大きく跳ねて、2バウンド目は小さく、3バウンド目でボールは止まってくれるというイメージが頭の中にありますから、どうしてもボールを上げた方がボールは止まりやすい・・・というイメージがあります。

ただ、考え方を変えてみると、ボールを上げてボールを止められるからといって、カップに寄せきれるのかどうかというのは、全く別の問題となってきます。転がした方が、当たり前なのですがグリーン上で転がってくれてカップインすることもあるだろうし、カップに寄せきれるだろうという想像が出来ます。

ホームコースのメンバーだけで構成されたアプローチ実践会というか、アプローチを強化するためのサークルがあるんですが、アプローチのうまい人はグリーンカラーの使い方が上手いです。ランニングアプローチで、わざとグリーンからにボールを落とします。ボールを落とすというか、ボールをぶつけて、勢いを落としてランさせてきます。絶妙です。

バンカー越えのボールを上げるアプローチもうまいです。ソフトボールのピッチングみたいにでボールを投げているように見えます。アプローチ実践会ですから・・・ボールを寄せること、カップに寄せることを考えて練習に取り組んでいます。究極は転がそうが、ボールを上げようが、寄せることが最大のポイントですから・・・というのは判るのですが、思い通りに寄せるのは難しいです。

アプローチは転がすのが良いと言いますが、転がすのは難しいと感じます。転がす打ち方は、ボールを上げる打ち方よりは優しいとは思いますが、どれほど転がっていくのかが読めないというのが不安になりますね。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア