CONTENTS MENU
 

ローリー・マキロイ のセッティング と 飛距離・ミート率など

2016年 ドイツバンク選手権でローリー・マキロイが優勝しました。その時のクラブセッティングが紹介されていましたのでシェアします。基本的にはNIKE(ナイキ)で揃えられています。

スポンサーリンク
 

ローリー・マキロイ の セッティング

基本的にはNIKE(ナイキ)がメインとなっています。ただ、残念なことにNIKE(ナイキ)はゴルフクラブの製造販売から撤退するということが決まっています。これから、ローリー・マキロイがどこのクラブを使うのかは興味深いですね。ひとまずはNIKE(ナイキ)のクラブが合っているようなので、今直ぐにでも別のクラブに変更をするという感じでは無さそうですが、フェデックスカップが終ったら変更をするのかもしれませんね。

  • Driver: Nike Vapor Fly Pro (Mitsubishi Rayon Diamana S+ 70 XTS shaft), 10.5 degrees
  • 3-wood: Nike Vapor Speed (Fujikura Rombax Pro 95 X shaft), 15 degrees
  • 5-wood: Nike Vapor Speed (Fujikura Rombax Pro 95 X shaft), 19 degrees
  • Irons: Nike VR Pro Blade (4-9; True Temper Project X 7.0 shafts)
  • Wedges: Nike Engage (47, 52, 56 and 59 degrees; True Temper Project X 6.5 shafts)
  • Putter: Scotty Cameron Concept M1 Prototype
  • Ball: Nike RZN Tour Platinum

Winner’s bag: Rory McIlroy, Deutsche Bank Championship

スポンサーリンク
 

ローリー・マキロイ の 飛距離・ミート率など

ローリー・マキロイのSTATSをPGATOURサイトよりばっすい。ヘッドスピードはマイル表記になっていますので、メートル毎秒に変換をします。ミート率とヘッドスピードが判ればボールスピードを計算することができます。

  • DRIVING DISTANCE : 305.9
  • CLUB HEAD SPEED : 119.76
  • SMASH FACTOR : 1.496

まとめると下記の通りとなります。

  • ドライビングディスタンス : 305.9ヤード
  • ヘッドスピード : 53.52m/s
  • ミート率 : 1.496
  • ボールスピード : 80.06m/s

ボールスピードが80m/sというのはスゴイですね。本当に最近のPGAツアー選手のドライビングパフォーマンスというのは恐ろしく進化していますね。ヘッドスピードが速いとか、ミート率が良いとか、そういったことよりもローリー・マキロイの精確なショットが良いスコアに繋がっているのだろうと思います。

他の選手の距離・ミート率も読んでみてください

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア