CONTENTS MENU
 

ローリー・マキロイ の セッティング 【 ツアー選手権byコカ・コーラ 】

ツアー選手権byコカ・コーラで3人プレーオフを制して優勝したローリー・マキロイのセッティングが紹介されていましたのでシェアします。ツアー選手権byコカ・コーラで優勝したマキロイは、あっという間に世界ランキングは3位となりました。そして、FedExCupポイントランキングは1位となりました。

スポンサーリンク
 

 

ローリー・マキロイのセッティング

ローリー・マキロイといえば NIKE(ナイキ)です。その、NIKE(ナイキ)はゴルフクラブ用具の製造販売からは撤退をするとのことが決定しています。それでも、NIKE(ナイキ)を使い続けるというのは、慣れてしまったクラブを安易に変えたくないという考えがあるからなのだろうと推測できます。

ローリー・マキロイが使っているゴルフクラブがNIKE(ナイキ)だということよりも、今後はどこのゴルフクラブを使うのかという事の方が興味がありますね。

  • Driver: Nike Vapor Fly Pro (Mitsubishi Rayon Diamana S+ 70 XTS shaft), 9.5 degrees
  • 3-wood: Nike Vapor Speed (Fujikura Rombax Pro 95 X shaft), 15 degrees
  • 5-wood: Nike Vapor Speed (Fujikura Rombax Pro 95 X shaft), 19 degrees
  • Irons: Nike VR Pro Blade (4-9; True Temper Project X 7.0 shafts)
  • Wedges: Nike Engage (47, 52, 56 and 59 degrees; True Temper Project X 6.5 shafts)
  • Putter: Scotty Cameron Concept M1 Prototype
  • Ball: Nike RZN Tour Platinum

Winner’s Bag: Rory McIlroy, TOUR Championship より

 

スポンサーリンク
 

 

飛距離 や ヘッドスピードなど

  • DRIVING DISTANCE : 306.8
  • CLUB HEAD SPEED : 119.84
  • SMASHFACTOR : 1.496

マイル表記となっていますので、メートル毎秒に変換すると以下の通りとなります。

 

2016年 ツアー選手権byコカ・コーラ 優勝時

  • ドライビングディスタンス : 306.8ヤード
  • ヘッドスピード : 53.57m/s
  • ミート率平均 : 1.496
  • ボールスピード : 80.14m/s

 

2016年 ドイツバンク選手権で優勝した時のデータ もありましたので、比較ということで記載しておきます。ほぼ、同じようなSTATSとなっています。これは、ある意味驚くべきことなのかもしれません。

2016年 ドイツバンク選手権 優勝時

  • ドライビングディスタンス : 305.9ヤード
  • ヘッドスピード : 53.52m/s
  • ミート率 : 1.496
  • ボールスピード : 80.06m/s

 

上述したSTATSは、あくまでも平均です。各大会で概ね上述した数値のパフォーマンスが出せているのだろうということです。もちろん、ティーショットでの1発の飛びというのは、もっと飛んでいることもありますが、平均すると上述した数値になるということです。

ツアー選手権byコカ・コーラの時とドイツバンク選手権の時を比較すると、数値には大きな差がありません。常に同じパフォーマンでゴルフができているということなんでしょうね。ローリー・マキロイが時々、クチにする言葉 「自分のゴルフができれば勝てると思う・・・」 言葉通り、どのような状況であったとしても自分のゴルフができる準備をしてきているというところに、世界ランキング上位キープをするプロゴルファーとして、トップアスリートとしての質の高さが垣間見えてきます。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア