継続は力なり 【 グリーン周りのアプローチ 】

継続は力なり という諺がありますが、本当にその通りですね。最近のゴルフラウンドで実感をしています。とくにグリーン周りのアプローチなどは明らかに練習の成果が出てきていると自分で実感しています。

練習場でもグリーン周りのアプローチを想定して、短い距離のアプローチを何球も練習をしていました。10ヤード、20ヤード、30ヤードの距離を徹底的に練習をしていました。ピッチングウェッジで低い球で転がしてイメージした場所にボールを運ぶ練習をしていました。

何球も打っていると、ボールがフェイス面に乗るという感覚も掴めてきますし、ボールにスピンが掛かりやすくなりブレーキが掛かったようにボールが止まってくれます。さすがにバックスピンは無理ですが。しっかりと1パットでおさめられるだろうという距離まで寄せられると、とても楽なゴルフが出来ます。

自宅でも短い距離の転がしアプローチを練習していましたからね。カツン、コロコロ・・・を 地道に練習をしていました。

継続は力なりと言いますが本当だと思います。

地道にこつこつと積み上げてきたものは、着実に身に付きますね。
そして、練習は嘘をつきませんね。

今更ですが、8時から4時のスイング、5時から7時のスイングの大切さが身に染みてきました。アプローチでしっかりと寄せることが出来れば、自然とパターへの不安が軽減されてきますし、明らかに2パットの確率が高まってきます。今まで少しだけ短い距離のアプローチの練習を怠けていたということが露呈となりました。ちょっと反省。

50ヤード、60ヤード、80ヤード、100ヤードのショットの精度をさらに高めていこうと思います。PAR5のホールではグリーンまでの残り距離が100ヤード以内ということが多いので、PAR5でバーディーの確率が高まるようにもしていきたいですね。

後は、もうすこし自分に飛距離があれば、グリーンまでの距離170ヤード、グリーンまで180ヤードという距離も果敢に攻めていけるのになと思います。グリーンまでの距離が170ヤード、180ヤードくらいある場合はどうしてもグリーン周りのバンカーに捉まりたくないという気持ちが先行してしまいます。

ほんの少しだけ距離が足らずにグリーン手前のバンカーに捉まったというような経験が何度もあります。運が良ければ1パット、だけどバンカーから出して2パットが普通ですからね。悪い状態であれば、1度ではバンカーから脱出できずにダブルボギーなんてこともありますからね。

そういえばホームコースの先輩に聞いた話なのですが、先輩はどうやら自宅で少し変わったパターの練習をしているとのこと。それもパターでボールを転がすのではなくて、少しボールを上げて転がすような練習をしているとのことです。パターでボールを上げることは難しいので、1センチとか2センチくらいしか上がらないと思います。

グリーン脇ではウェッジを使うよりもパターで転がした方が良い場合が多いです。そういったときにグリーンとグリーン・カラーの境目を越えるためにパターで少しだけボールを上げられるような練習をしているとのことです。

パターが巧みなゴルファーはアプローチも上手だというイメージがあります。逆かもしれないですね。アプローチが巧みなゴルファーはパターも上手・・・。ジョーダン・スピースはとてもグリーン周りの処理が上手ですよね。アプローチもパターも巧みな技を使ってきます。今年、2015年のマスターズでもグリーン周りは上手でしたね。パターもしっかりと入れていました。

これからもアプローチ練習を地道に続けていこうと思います。

皆さん、色々なことを考えて、色々と工夫をしているんだなと感心しました。

日々、精進
がんばります

スポンサー広告
 

その他、パターに関する時期、アプローチに関する記事がいくつかありますので、併せて読んでみて下さい。