CONTENTS MENU
 

PAR5でパーが獲れればスコアメイクのヒントが見つかる

ホームコースの先輩達とラウンド後に談笑している時に色々と面白いお話を聞くことが出来ました。PAR5 ロングホールでパーが獲れれば距離の長いPAR4ミドルホールでもレギュレーション通りのゴルフが出来るだろうという内容のお話しです。または、

つまり、PAR5はロングホールであり、500ヤード以上、または540ヤード前後だったりすることもあります。距離の長いホールでレギュレーション通りの5打でゴルフが出来れば、他のPAR4ミドルホール、PAR3ショートホールでもレギュレーション通り、またはボギーペースのゴルフが出来るのではないかという話です。

PAR5 ロングホールでパーが獲れるけど、PAR4 ミドルホールではパーが獲れないというのはおかしい。PAR5でパーが獲れたときと、PAR4でパーが獲れなかったときでは明らかに違うゴルフをしているのではないかという様なお話をしていました。

確かにそうかもしれませんね。

PAR5 ロングホールでパーが獲れるのであれば、PAR4 ミドルホールではボギーが獲れておかしくありませんからね。これは、ホールの距離の長さしか考えていない、とても極端なお話なので厳密なことを言えば、PAR5 ロングホールよりも難しいと感じさせるPAR4 ミドルホールもあります。

飛距離が出ない私にとっては、距離の長いPAR4は難関です。PAR4で440ヤード前後などのホールもありますから・・・どうしようかな・・・とティーグラウンドで立ち尽くしてしまうこともあります。

PAR5 ロングホールであろうとPAR4 ミドルホールであろうと、ホールの距離差はあるものの、やるべき事は同じであり、執拗にグリーンを狙ったりとか小細工をするから、スコアメイクが出来なくなるのではないだろうかというのは、とても判ります。ですが、PAR5 ロングホールでパーが獲れてもPAR4 ミドルホールでパーが獲れないのもゴルフであるという意見もありました。バーディーを狙っていたけどボギーになってしまったというのもゴルフだろうし、ボギーを覚悟していたけどパーが獲れたという事もある。この辺りにスコアメイクのヒントがあるように感じますね。

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア