CONTENTS MENU
 

練習をしても調子が悪い時、練習をしてないのに調子が良い時

練習量を増やそうと思っていながらも、あまりの寒さに練習へ行くのが億劫になってしまうことがあります。ただ、あまり練習をしてないのに、まずまずなゴルフができることもありますし、練習してないわりには、調子が良いということもあります。練習しても調子が悪いとき、練習をしてないのに調子が良いときの違いを考えてみました。

スポンサーリンク
 
 

練習し過ぎでおかしくなる?

練習ばかりしていると、逆に練習し過ぎでスイングがおかしくなってしまうことがあります。そして、自分のスイングがおかしくなっていることに気付かないこともあったりします。

何故か打てない、その原因が判らない時というのは、実は練習のし過ぎだったりすることがあります。練習のし過ぎで本当に自分のスイングパフォーマンスを見失ってしまっていることがあります。練習をすれば、するほど、悪くなるのは、たくさんスイングをすることで、疲労のため、スイング軸がズレてしまっていたり、足の踏ん張りが利かなくなってしまい、イマイチ良い当たりで打てなくなってしまうことがあります。となると、どうして打てないのか、どうして当たらないのか? と自分で勝手に悩んでしまい、不安になってしまうことがあります。

練習し過ぎると、ナイスショットが打てたり、ミスショットばかり続いたりすることもあります。その、調子の波が自分の感覚を狂わせてしまうのだろうと思います。実は調子が良いとか悪いとかではなくて、練習のし過ぎで疲れているだけだったりすることもあります。

練習し過ぎは、身体に疲労を蓄積させるだけなのかもしれません。練習しているにも関わらず、うまく打てなくなると、どうして打てないのか? どうして当たらないのか? という悩みと不安を増幅させてしまうだけのようにも感じます。

 

スポンサーリンク
 

 

練習してないのに調子が良いのは?

練習していないのに調子が良いというのは、全く練習をしていないわけでもなかったりします。素振り練習用の重いバッドを振り回していたり、自室でパターの練習はしていたりします。ラウンド前にドライビングレンジで練習を少しすることもあります。ラウンド前の練習というのは、練習というよりは確認という感じです。今日はどんなボールを打つのか確認という意味の方が大きいかと思います。

お上手な先輩はアイアンしか練習しないという人も居ます。5番アイアン、7番アイアン、9番アイアンしか練習をしないという人も居ます。アイアンが打てれば、なんとかなる。アイアンが打てれば、ウッドも同じ様に打てば良いという、今までのゴルフで培ってきた経験なのだろうと思います。

もう1人の先輩はドライバーと7番アイアン、ウェッジの3本しか練習をしないという人も居ます。ゴルフクラブの中で最も長いドライバーが振れれば、他のクラブが簡単に感じる。でも、アイアンの精度も必要なので7番アイアンを練習する。ウェッジは必ず必要になるから入念に練習をするとか・・・人それぞれ自分のゴルフ哲学というものを持っているのを感じさせてくれますし、とても勉強になります。

練習してないのに調子が良いのは・・・ラウンド前の確認(練習)で、今日の自分のショットの傾向を掴んでいることと、ミスショットをしても当たり前という考えを持っていて、悩みや不安などが無いというところだと思います。結局のところ自分の気持ちというか心をコントロールできているということが良いスコアメイクに繋がっているように感じます。

日々、精進
がんばります

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア