CONTENTS MENU
 

人が見ていないから ボールを動かす

ゴルフは自分で自分にペナルティを課すという珍しいスポーツです。人が見ていないからといって何かをしようと思えば、何かできてしまいます。例えば林の中にボールを打ち込んで、とんでもない場所にボールがあったけど自分でボールの位置を動かしたり、本当はボールが無かったけどポケットから新しいボールを置いたりと、そんなインチキもやろうと思えば出来てしまいます。実際は、こんなことはしませんし、してはいけないことです。

人が見ていなくても、人が見ていても、自分のゴルフ技術を思う存分発揮してゴルフをするということが大切だと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

潜行密用 如愚如魯
(せんぎょうみつよう ぐのごとくろのごとく)

潜行密用 如愚如魯(せんぎょうみつよう ぐのごとくろのごとく)という言葉があります。

潜行密用(せんぎょうみつよう)は、ひそかに、目立たないように、如愚如魯(にょぐにょろ)は愚か者のように という意味があります。

誰も見ていなくても、美しい行動をする人。人の評価、人の目を気にすることなく、本当の自分の能力を発揮して取り組む姿勢。面倒な仕事でも地味な仕事でも大したことのない仕事であっても自分の能力を発揮して、利益追求とか売名のためではなく、人としてやるべきことに向けて取り組む姿勢というような感じになります。

人が見ていなくても、人が見ていても、人としてやるべきことをする。人が見ていない時こそ、人としての真価が問われる。人が見ていないからこそ美しい行動、適切な行動、人としてやるべきことを行うことが大切だということです。

人が見ていなくても、人が見ていても、自分のゴルフ技術を思う存分発揮してゴルフをすれば、周りの人たちもその努力、そのひたむきな姿勢、真摯な取り組みに感動するかもしれません。そんなゴルファーになりたいですね。

 

スポンサーリンク
 

 

バガー・ヴァンスの伝説

バガー・ヴァンスの伝説というゴルフを主題にした映画があります。

主人公のラナルフ・ジュナは林の中にボールを打ち込んでしまいます。木々が密集した、とんでもない場所です。これを打つのは無理だと思ったのか、ボールを拾おうとします。ですが、キャディーであるバガー・ヴァンスが声をかけて、思いとどまらせます。

そして次にはショットをしようとしたらボールが自然に動いてしまった。ボールが動いてしまったと申告をする主人公のラナルフ・ジュナ。今度は、誰も見ていないし そんなの気のせいだ ペナルティなんて馬鹿げているとか、ペナルティを課すなんて愚かだと周りから言われます。ですが、ゴルフは誰もが正直に申告をするスポーツだから・・・ということで、+1打のペナルティを自分に課します。

人が見ていなくても、人が見ていても、ゴルファーとしてやるべきことをする。美しいゴルフをするという気持ちというものを感じさせてくれます。これは、人としての心のお話しです。

 

 

Stay hungry, Stay foolish

Stay hungry, Stay foolish は ハングリーで愚か者という意味。スティーブ・ジョブズの言葉です。潜行密用 如愚如魯(せんぎょうみつよう ぐのごとくろのごとく)という言葉、行いをスティーブ・ジョブズ氏も実践していたようです。人が見てないところ、または見えないところこそ美しくデザインをするということにも拘っていたようですね。iPhoneなどもケースを外したときの中身まで美しくデザインするということに拘っていたようです。普通にiPhoneを使っていたら、ケースを外して中身をこじあけることなんてないのに・・・でも、そういうことなんでしょうね。そういった心が本当の良い商品、製品を生み出すのだろうと思いますし、利益追求、効率追及ばかりの企業ではなく、人として、企業として、本当に出来ること、本当に美しい製品を追求していこうという姿勢のあらわれのようにも感じます。

潜行密用 如愚如魯(せんぎょうみつよう ぐのごとくろのごとく)。仕事も同じですよね。楽しい仕事じゃなくても、地味な仕事だったとしても、自分の能力を発揮して仕事に取り組む。人としてやるべきことを行う。それは、人が見ていなくても行うこと。人が見ていないときこそ、美しい行動をすること。

誰かに見られていても、見られていなくても、誰かに知られなくても、こつこつと地道にやるべき事をやる。誰も見ていないのに何で一生懸命にやっているのだろう? 馬鹿なヤツだな~と思われたとしても、言われたとしても、人の目を気にせずに、評価を気にせずに、自分がやるべきことをやるということが大切。

ゴルフも林にボールを打ち込んで誰も見ていなくても、適切な処置をしなければいけないし、誰かが見ていなくてもゴルファーとして適切な行動をしなければいけないと思います。

Stay hungry, Stay foolish
他人から愚かだと思われても、地道にこつこつと、目的に向かって、夢に向かって

人が見ていないときこそ
人としての真価が問われます

人が見ていないときこそ
ゴルファーとしての真価が問われます

人が見ていないときこそ
美しい心で行うこと

ゴルフ技術が向上するヒントも、そういったところに隠されているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ 先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありませ...
SNS シェア