CONTENTS MENU
 

次のホールのティーショットにつながる良いパッティング

自宅でパターの練習をしている人は多いと思います。パターは転がすだけなので、大きなスペースを必要とするわけでもないし、1メートルくらいでも練習が出来ます。

スポンサーリンク
 

パターだけは、ゴルフ技術とかゴルフ理論というよりも、その人の生まれ持った感性が活かされると思います。ボールを見ないでパットをするジョーダン・スピースも居ますから。

ティーショットが良くて、セカンドショットも良くて、2オンしてパーが穫れるかと思ったら3パットでボギーなんてこともあります。ティーショットとセカンドショットが勿体無いなと思うこともしばしばあります。

チカラ任せではどうにもならないのがパターですね。ほんの少しパターの芯を外してしまったら、微妙な転がりをしてしまうこともありますし、なかなか思い通りのパッティングが出来ないこともあります。おかしいな、どうしてスライスしたんだろうかと疑問を抱きながら、次のホールへ行き、そして疑問を抱きながらティーショットを打つことになります。

前のホールで思い通りのパッティングが出来ずに、疑問などを持ち続けたままで、次のホールでのティーショットをしなければいけません。疑問を持っているということは、不安にもつながります。そのまま次のホールでティーショットを打ってナイスショットが出るのかどうか。それは、きっとナイスショットは出ないだろうなと思います。ということが判っていながらも、その時は自分の気持ちをうまく切り替えたりすることが出来ないんですよね。

3パットを2パットしなければという考えもありますが、グリーン上である程度自分の思い通りのパッティングが出来れば、次のホールでのティーショットを気持ちよく迎えるができます。3パットを2パットに縮めることも大切ですが、次のホールのティーショットへの気持ち良いつなぎの部分でもあります。だから、パッティングは重要なんだろうなと思います。つまり、パターを使った後に使うクラブはドライバーになることが多いということです。ティーショットでのドライバーでミスショットばかり続く場合は、自分のスイングの問題もあるかもしれませんが、前のホールのパッティングがしっくりこなかったということが原因となる場合もあります。

ティーショットを打ち、セカンドショットを打ってグリーンにボールを乗せてパターをしてオシマイという考えではなく、次のホールへのつなぎのことを考えることで、気持ちのバランスを整えながらゴルフをすることができるようになるかもしれないと考えています。終わりは始まりという感じでしょうか。

パットはボールをカップに入れるという、ゴルフというスポーツでは最後の締めとなる部分でもありますし、ゴルフというスポーツはボールをカップに入れることが最終的な目標ですし、カップに入れる打数が少なければ少ないほど良いです。だから短い距離のパットでも大切にするという気持ちも芽生えてきます。短い距離のパットを難なくクリアーすることができれば、次のホールのティーショットも気持ちよくショットが出来る可能性が高まると思います。それは、気持ちの問題かもしれませんが、ゴルフというスポーツではその場面での気持ち、メンタルはとても大切です。

1メートルのパットを確実に入れる、50センチのパットも確実に、30センチのパットでも確実に入れることが出来るような練習をするということは、パターの練習になるのですが、もしかしたら次のホールでのティーショットを気持ちよく打つための練習にもなっているのだろうなと思いました。

ゴルフの大会をテレビで見ているとテレビに映し出されたプロがちょっとしたミスをしたり、3パットをしたりなんかして、思わぬ小さなミスをした時には、解説者の人が次のホールに響かなければ良いですが・・・というような解説をすることもあります。その通りですね。ゴルフには次のホールがありますし、今のホールだけで終わるわけではありません。

ゴルフは18ホールあり、それが連続していきますから、ホールごとのつなぎも大切なんですよね。次のホールで待たされたりなんかすると、待ちチョロとかありますからね。待たされることで、自分のリズムが狂ってしまうこともあります。待たされるだけで自分のリズムが狂うなんて、まだまだ修行が足らないのかもしれませんが、ゴルフをうまくこなしていくための自分のリズムと次のホールへのつなぎの気持ちをしっかりと持たなければいけないということですね。

ティーショットでミスばかりをしているのは、もしかしたらドライバーが苦手なのではなくて、前のホールのパッティングがおかしかったからかもしれません。つまり、前のホールでのミスショット、ミスパットを引きずっているからティーショットも失敗してしまうのかもしれないですね。

ですが、前のホールでダブルボギーだったから次のホールで取り返すぞと鼻息を荒くして挑むと、これまた大変なことになることもありますので、ゴルフというのは、本当に奥が深いんだなと思います。

パッティングは次のホールへつながる大切なストローク。大げさかもしれませんが、パターを終えたら次のホールのティーショットが待っていますので、パターの次に使うゴルフクラブはドライバーを使うことが多いということですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
首が痛い 【 頚椎椎間板ヘルニア? 】 今までほったらかしにしていたのですが、実はゴルフ練習をした後やゴルフラウンド後に首に違和感があるなと思っていました。痛いというか、硬いというか、首を回し難い感じがしていました。ゴルフというスポーツの動きとして、頭は動かさずに肩や身体だけを回転させたりしますので首に負担が掛かるんだろうなと思っていて、...
飛距離計測GPSはゴルファーの精神安定剤 ゴルフラウンドで飛距離計測ができるGPSを使うことが悪いとは思っていません。コンペや競技で使用することが禁止されていれば、使わなければ良いだけですから。私もGPS計測器を使ってラウンドをすることはあります。 それは、競技前の練習ラウンドで、ティーショットで打ったボールがどれくらい飛んでいるのか、...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ? 飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつかは...
SNS シェア