CONTENTS MENU
 

打てないと思ったら猫背っぽくなってました

ゴルフスイングで頭を動かさないというのは、とても大切なことです。頭を残すことで軸がズレないようにすることができますし、ビハインド・ザ・ボール 頭がボールより後に置くことも自然とできます。

スポンサーリンク
 

ゴルフスイングで頭を残すというのは、残そうと思ってやるのではなく、自然とできることなんだということを、最近になってやっと判るようになってきました。

今までは、無理やりに頭を残そうとしていた傾向があり、ゴルフをした後は首回りに痛みを覚えることもありました。なんか打てないな、当たらないなと思いながら、レッスンの先生にスイングを見てもらったところ、下向いているからじゃないですかとアドバイスを貰いました。下を向いているという言葉にはいろいろな意味が含まれていることを再認識しました。

首が痛いときがあった

実は以前から違和感があり、ゴルフ後は首が痛いなと思うことがありました。適切なアドレスができていれば、自然と頭を残すことができるのですが、無理やり頭を残そうとしているので、首に痛みを覚えるようになったのだろうと思います。

私の場合は顎を引いてしまうようなアドレスとなっていました。言葉を言い換えると、下を向いているという感じでしょうか。顎と喉元がくっついてしまうよに下を向いていました。横から見ると完全に頭が垂れ下がっているような状態となります。

 
ゴルフスイングの動作は、頭より下の肩や胸などが回転をします。それなのに、顎を引いて、頭を垂らしているので、首周りに負荷が掛かるようです。また、顎を引いた上体となっているので、テイクバックでは左の肩の通り道が無くなってしまって、捻転が浅くなっていました。頭が垂れてくると、猫背っぽい姿勢になってしまうようです。これが、下を向いている という言葉の意味でしょうね。

猫背というのは、身体が丸くなっている状態です。細かく表現すると、猫背は、頭が前に出ているか頭が垂れ下がっている。そして、肩が前に出ており、お尻が後ろに出ている姿勢になっています。ゴルフスイングにとって良くないことばかりです。

スポンサーリンク
 

頭を上げる・顎を浮かす

背筋を伸ばして、頭を垂らすことなく、下を向かず、顎は引かない。すると、お尻から腰、背中、頭までが真っ直ぐになります。自然と身体が左右に捻転しやすくなり、首にも負荷が掛かりませんし、自然と頭が残るようなスイングをすることができます。

 
ゴルフ と 老化 と スイングの捻転 という記事にアドレスのことを書いたことがあるのですが、しばらくすると出来なくなってしまいます。常にアドレスのチェックは必要ですね。というよりも、日常生活の姿勢が最も大切なのかもしれません。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア