ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

中部銀次郎さんの書籍

中部銀次郎 わかったと思うな ラストメッセージ

ゴルフのことで迷ったり、悩んだり、次はどのようなトレーニングをすれば良いのか判らなくなったときには、中部銀次郎さんの書籍を読むようにしています。

スポンサーリンク
 

読むというよりも、殆ど内容を暗記してしまっている。書籍の内容を暗記していても、何度も読み返す。読み返すことで、再認識するし、以前読んだときの自分の気持ちと、今の気持ちに差があるので、以前読んだときには何も感じなかった箇所がきになったりすることもあり、常に新鮮な感じがする。

実は、ゴルフレッスンの先生とも教科書というか、レッスンの題材として、中部銀次郎さんの書籍をもとにレッスンをしたりします。そのレッスンは、スイングばかりしたり、技術論ばかりじゃなく、心のトレーニング的な講義というかセミナーみたいな感じです。

ディスカッションをすることで、ゴルフ場での自分の心の状態、気持ちなどをコントロールできるようなヒントを得ようというレッスンです。ちょっと変わったレッスンですけどね、こういったレッスンはとても自分のためになります。

中部銀次郎さんの書籍で、とくにお気に入りなのが二冊あります。

わかったと思うな 中部銀次郎 ラストメッセージ(ちくま文庫)
中部銀次郎 ゴルフ珠玉の言霊(日経ビジネス人文庫)

以下の二冊は何度も読んでいます。

わかったと思うな―中部銀次郎ラストメッセージ (ちくま文庫)

中部銀次郎 ゴルフ珠玉の言霊 (日経ビジネス人文庫)

中部銀次郎さんは、ゴルフ上達というか、ゴルフを如何にストレス無く楽しむか、そして本当の意味でのゴルフを教えてくれているように感じます。技術論などは、殆ど記載されていません。大半は考え方と気持ちの持ち方、そして心のコントロールの仕方が記述されています。それは、ゴルフ書籍というよりは哲学書籍に近いと思います。ゴルフだけではなく、人の生き方、仕事への取り組み方などにも通じる面があります。だから、私は哲学だと思っています。

自分の仕事が技術職だとしても、技術のことばかりではなく、顧客との折衝方法も覚えるだろうし、問題解決能力などの対応力も身につけなければいけません。ゴルフも技術ばかりではなく、様々な問題可決能力が必要となります。

わかったと思うな は 思い上がった心のことを言っているのだと思います。練習場では偶然にナイスショットが出たとしても、ゴルフ場でそのナイスショットが出るのか? 無謀なゴルフをしていないか? 自分の技量をわきまえることなどを覚えることが出来ます。

ゴルフ珠玉の言霊 は タイトルからして霊的パワーを感じてしまいますね。言霊ですからね。その言霊は言葉のことで、ラウンド中は悪い言葉をクチにしないというようなことから、自分の心をコントロールするためのヒントが記載されています。

スポンサーリンク
 

私は、今までゴルフ技術の書籍ばかり読んでいました。最新のゴルフ技術が良いと思い込んで、それを習得すればスコアが縮まると思っていたからです。でも、実は技術ばかりじゃなくて、心のトレーニングも必要だということを知りました。

中部銀次郎さんの書籍を読んでから練習場で無駄なボールを打つことが少なくなりました。多くても50球くらいしか打ちません。練習場で打つ球数の問題というよりも、闇雲な練習が減ってきました。

少しずつですが、中部銀次郎さんの言っている意味がわかってきたような気がしますが、それでも、まだまだ・・・わかったと思うな なのかもしれませんね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア