CONTENTS MENU
 

中部銀次郎流の良いパッティングチェック

中部銀次郎さんは良いパッティングをするために、パット3点セット という決まりをつくっていたようです。このパット3点セットは単純なことなのですが、とても奥が深いので勉強になりました。

パットは雑念に惑わされやすいということが書かれています。そして、前のホールでは強く打ちすぎてカップを大きくオーバーをしてしまった。だから、このパットは大きくオーバーしないように繊細なタッチでストロークをしたい。でも、頭の中にオーバーをしたくないと考えてしまうと、今度は逆に大きくショートしてしまう可能性もあります。パッティングというのは繊細であり、雑念に惑わされやすいものである・・・というようなことが書かれています。

スポンサーリンク
 
 

そして、悩んで、考えて、迷って・・・長くアドレスしていれば、それだけ感性は鈍ってきてしまう。つまり、アドレスをする前に考えていたことや、見えていたラインが見えなくなったり、適切なストロークが出来なくなってしまうこともあると書かれています。

あれこれ迷うよりは、覚悟を決めて打ってしまったほうが良い結果が得られると中部銀次郎さんは書いています。その中で、中部銀次郎さんがパッティングするにあたってのチェック項目というものが3点あるらしく、それが記載されていました。

(1) 左手の小指にチカラを入れる(緩ませない)
(2) 姿勢
(3) 全体のテンポ

上記3つがあげられていました。

 

(1) 左手の小指にチカラを入れる(緩ませない)

小指側にチカラを入れてグリップをすることで、パターをしっかりとグリップすることができる。フェース面がブレてしまうことも少なくなる。左手の小指が緩んでいるとボールが良い転がりをしないことが多い。緩んでいると、カップ近くでラインに負けてしまう場合はグリップがゆるんでいる

 

(2) 姿勢

パットが不調の時は知らずうちに前屈みになってしまっていることが多いとのこと。不安だからボールとフェース面をよく見ようとしてしまって頭が垂れ下がって、背中は丸まってしまっているのだろうと思います。姿勢が悪ければストロークも不安定になりやすく、ラインにうまく打ち出せないことが多い。適切な姿勢でストロークをすること。

 

(3) 全体のテンポ

不安や焦りがあるとセカセカしたり、落ち着きがなくなることがあります。気持ちが焦ってくると、動作も慌ててくるということですね。そして、パターでのストロークもせっかちになってしまい、打ち出した最初のひと転がりでボールが跳ねたりすることがある。そうなってしまうと、カップに届いても蹴られるなどの惜しい思いをするから注意が必要。
 

以上、3つが中部銀次郎さんのパット3点セットとのことです。
 
ですが、冷静に考えてみると、どの項目もパターだけではなく、他のクラブでのショットにも通用するようなことが書かれています。特には他のクラブでのショットの場合は 全体のテンポ というものが大切になってくるのではないかと考えています。飛ばそうと思えば、速くスイングをしようとしてしまいます。速いスイングが打ち急ぎを誘発してしまっていることもあります。

姿勢も大切ですね。他のクラブでのショットの場合は適切なアドレスが出来ていないと、適切なスイングが出来ません。パターも同じことが言えるということですね。

パターでいつもフェースがボールにヒットする手前でダフっている場合には、他のクラブでも同じ様な現象が出ている可能性がありますね。その原因はグリップが緩んでいるか、姿勢が悪いか、それとも真っ直ぐに立てていないだけかもしれません。適切なパッティングが出来るようになれば、他のクラブではナイスショットが打てそうな気持ちになってきますから不思議ですね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス... 中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ 中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シャ...
頭を動かさない軸を意識したショット 【 ヘッドアップしない 】... 中部銀次郎さんはヘッドアップをしないために壁に頭をつけてスイングの練習をしていたと書籍に書いています。頭が動けば壁にぶつかってしまう・・・だからこそヘッドアップをしないスイングの練習になるということです。 ヘッドアップをすると良くないことばかりが起きます。スライスを誘発させたりもします。というの...
青木功と中弁銀次郎の出会い 青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さんは、キ...
迷うゴルフは危険 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄に書かれている内容で興味深い文節がありました。同伴者が問題は13番ホールだ・・・というところから始まります。 距離はバックから417ヤード、フロントから385ヤード。ティーグラウンドからゆるい打ち下ろしとなっており、200ヤードから270ヤードが平らになっている...
SNS シェア