CONTENTS MENU
 

松山英樹スイング分析 【 LEXUS 】

松山英樹選手がLEXUS所属なのはよく知られていることですね。その、LEXUSから松山英樹選手のスイング分析動画がYouTubeに公開されていました。これが、また素晴らしいスイングをしているんですよね。

スイングの解説は芹澤信雄さんです。

 

松山英樹プロのスイング分析-DRIVER-

とにかく捻転がすごいですね。身体に強烈なエネルギーが蓄積されているんだろうなと思います。また、トップがつくられたときに一瞬、間が出来るというところは見習うべきところですね。間を作るのではなく、間が出来ると言われていますが、なかなか難しいですね。

しかし、アドレスが美しいですね。とても綺麗に立っていると思います。美しいアドレスだからこそ、美しいスイングができるのだろうと思います。

 

松山英樹プロのスイング分析-IRON-

アイアンもドライバーショットと同じようなスイングですね。同じようなというか、ほぼ一緒に見えますね。ドライバーもアイアンも同じスイングをするという言葉を聞いたことがありますが、なるほどと思います。ダウンのときにクラブが地面対して美しい直角となります。これが、芹澤信雄さんはLEXUSのLだと解説しています。なるほど。

 

とても良いヒントをもらったきがしました。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 

その他、松山英樹選手に関する記事がいくつかありますので、併せて読んでみてください。

その他、有名選手のラウンド前のウォームアップ動画がありますので、併せて見てみてください。

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか... ソニーオープンinハワイでジャスティン・トーマスが優勝しました。その時の映像を録画しておいて、後から見ていました。解説の方が、とても興味深い表現をしていました。ジャスティン・トーマスのグリーンを狙ったアイアンショットの精度の高さを、長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか、よ...
重いウェッジはザックリのもと 昔はダイナミックゴールドのシャフトが刺さったウェッジとか使っていました。理由は単純で、ウェッジは重たい方が良いだろうと言われたからです。そして、雑誌などを読んでもウェッジはクラブの重さを使うから、重い方が良いというようなことが紹介されていたりして、それを鵜呑みにしていた時期でした。 ウェッジは単品...
速く振る と 打ち急ぎ の 違い 急いで打たないと思っていても、打ち急ぎが良くないと判っていても、ゴルフ場では急いで打ってしまいます。打ち急ぎというか、しっかりと捻転してトップが作られていないのにダウンスイングを始めてしまうという感じでしょうか。 これは、手打ちですね。捻転が浅くて直ぐに元のアドレスに戻ろうとしてしまっているんで...
SNS シェア