CONTENTS MENU
 

松山英樹に習う、自分に合ったドライバーのチューニング

アメリカの試合で4勝している松山英樹選手ですが、彼の使っているドライバーやシャフトなどを調べてみると、彼なりのドライバーの選び方というか、調整の仕方みたいなものが見えてきます。松山英樹選手は使い慣れたクラブを長く使うタイプです。アイアン、ウェッジなどは鉛を張って調整をしたりもしています。

スポンサーリンク
 
以前、スリクソン ZR-30 ドライバーを使っていましたが、途中からキャロウェイ グレート・ビッグ・バーサー ドライバーに変更しました。確かに別のドライバーにチェンジはしたのですが、実は本人はドライバーをチェンジしたのではなくて、チューニングした、セッティングし直しただけ・・・ヘッドを取り換えただけと思っているのかもしれません。その理由としては、どちらのドライバーにもシャフトは、グファイトデザイン ツアーAD-DI 8TX を装着していたからです。

 

スリクソン ZR-30 ドライバー


※写真はGDOギアカタログより

松山英樹選手が昔から使っていたのは、スリクソン ZR-30 ドライバーです。ヘッド体積が 425cc という少し小振りになっています。2008年に発売されたドライバーですが、松山英樹選手は使い続けていました。もともと、ZR-30 は 低スピンなボールが打てるヘッドとなっています。このドライバーを使って、メモリアルトーナメントで優勝しました。

 

キャロウェイ グレート・ビッグ・バーサー ドライバー


※写真はGDOギアカタログより

2015年に発売されたドライバーです。ヘッドの後方には、スライド式に移動できるウェイトが取り付けられています。ウェイトを移動させることで、重心位置を変化させて、自分好みの弾道に調整ができるというのがポイントでした。このドライバーにしてから、立て続けに優勝してます。

 

スポンサーリンク
 

 

新しいドライバーじゃなくても良い? 実はシャフトがポイント

松山英樹選手が使っていた、スリクソン ZR-30 ドライバー、キャロウェイ グレート・ビッグ・バーサー ドライバー どちらも最新モデルのドライバーではありません。ただ、共通して シャフトは グファイトデザイン ツアーAD-DI 8TX を、使い続けています。

ですから、ZR-30ドライバー から グレート・ビッグ・バーサーにドライバーを替えたのではなくて、ヘッドを取り換えただけという感覚を持っているのかもしれません。つまり、今まで自分が使い慣れて、振りやすいシャフトは、そのまま使うことにして、シャフトの先端に取り付けるヘッドだけを交換したという意味なのかもしれません。シャフトが同じということは、振り心地は同じで、ヘッドの特質が変わっただけであり、ドライバーを替えたというよりは、チューニングした、セッティングし直しただけという感覚を持っているのかもしれません。

私のゴルフ仲間にも、シャフトをメインとして考える人が居ます。

最近のドライバーは、スリーブが付いていれば、シャフトを自分で取り換えたりすることが可能です。私のゴルフ仲間は 「 ヘッドだけ取り換えたんだよね 」 と言っておりました。ヘッドだけ替えたという言い方も不思議です。ヘッドを変更すればドライバーを変更したとも言えるのですが・・・もともと、自分に合ったシャフトをメインに考えているのであれば、「ヘッドだけ替えた」という考え方になるのだろうと思います。

もちろんドライバーヘッドの重さや特質、グリップの重さ、そしてシャフトの特質が合わさってドライバーというゴルフクラブは成り立っています。ただ、ゴルフクラブというのは自分に合ったシャフトであれば、打ち難かったドライバーがとても振り易くなることもあります。

 


ドライバーを替えるというのは、ヘッドもシャフトもグリップも変更するということになり、スイングウェイト(バランス)も変わってきてしまいます。松山英樹選手の場合は、シャフトをメインとして考えているんだと思います。スイングウェイト(バランス)は、あまり変わらない、振り心地も変わらないという・・・そのままの振り心地を保つ・・・それが、ドライバーヘッドがキャロウェイのグレート・ビッグ・バーサーだっただけ・・・という理由なのかもしれません。それほど、シャフトというのは自分のスイング、ゴルフクラブの性能、振り易さに大きな影響を与えているということが伺えます。


 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア