CONTENTS MENU
 

松山英樹選手を見て想うこと

松山英樹選手はウェイストマネジメント フェニックス オープン2015でも堂々とラウンドをしていましたね。優勝できなかったとか、途中で崩れたとか言われていますが・・・確かにそうなのですが、あの場所に当たり前のように居るということが凄いと感じました。松山英樹選手を始めて知ったときは、もっと細い身体だったと思いましたが、今はまるで熊の様な体つきになっていますね。しかも、他の外国人選手と並んでも見劣りしない体格となっています。

既に 1,350,092ドルを稼ぎ出しているとのこと。この金額だったら、日本に戻りたくなくなってしまうだろうな。でも、松山英樹選手はお金が全てじゃないだろうと思います。

ずっと以前から、世界的に有名なプロゴルファー達と試合をしてきたかのような風格すら漂っています。これからも頑張ってほしいですね。

PGA Tourのサイトでも堂々と紹介されています。
PGA TOUR HIDEKI MATSUYAMA PROFILE

スポンサーリンク
 

 

日本は退屈な国?

松山英樹選手を見ていると、日本という国が退屈だと感じているのかなと思う面もあります。以前、テレビで松山英樹選手の特集が放映されていたときに、取材陣がこのような質問を投げかけていました。

「海外で勝てると考えていますか?」

その質問、言い換えると、日本人は海外で勝てないという風潮があるが、勝てると考えているのですか? と質問をしているように感じました。そんな質問をされたら、退屈な大人が作った退屈な日本なんて・・・と思ってしまうでしょう。

松山英樹選手はこのように答えていました。
答える前に少し溜息っぽく息を吐いて・・・

「自分はどう考えても日本人だし、外国人になれないけど、自分は勝てると思ってやっているのであって、負けるか、出来ないと考えてやっていない。そんなのだったら最初からやらない。だから勝てると思っているから、勝てると思う」 という様な回答をしていました。松山英樹選手らしい言葉足らずな回答でした。だけど何を言おうとしているのかは良くわかります。きっと、心の中では「また、そんな質問かよ・・・」と思っていたに違いありません。

出来ると思っているから頑張るし、挑戦をしている。
出来ないと思っていることに挑戦する人は居ない。

当たり前のことです。

今の世代の若い人たちは苦労をしらないとか、ゆとりの世代だとか、ネガティブだとか言われることもあります。もしかしたら、本当にそうなのかもしれません。ですが、私たちの親が経験してきた時代と今の時代は少し違うのです。現代に生きる若者達も現代ならではの問題、障壁にぶち当たりながら頑張っているのです。

日本人は、いつの間に海外で勝てないと思い込んでしまったのでしょうか?

様々なスポーツでも勝てなかったからなのかもしれません。ですが、日本国民全体がそう思っているのであれば、なんとも弱い民族が集まった国になったものだと思ってしまいます。その弱気な考えが、退屈さを感じさせている要因のひとつかもしれませんね。日本人が弱くなったから、どんどん日本には海外の人たちが入ってきて、外国人の方が仕事をバリバリこなしてしまっているのも頷けますね。

 

スポンサーリンク
 

 

若いけど実力あるけどなにか?

バブルの時代には、どんな人材でも高給で雇ってもらうことが出来ました。そういった時代でした。そして、バブルが崩壊をした直後から実力重視となりました。学歴もあったほうが良いけど、学歴よりも仕事が出来る人、学歴よりも気付きのある人、能力のある人というように、その人の実力を重視するという傾向が目立ち始めました。

そして、実力主義の流れが現代にも引き継がれているのであれば、松山英樹選手は実力がある人間です。ゴルフ業界では実力のある人物です。松山英樹選手の、ふてぶてしい発言などが大人たちの反感を買ったこともありました。「なんだ、あいつ、生意気な言い方だな」なんて言葉も耳にしました。生意気だけど、やることはやってますからね。生意気なのを直すのは、少しずつ勉強をしていけば良いのだと思います。

若くても凄い人はたくさん居ます。若くても素晴らしい会社を経営しているような人も居ますし、立派な弁護士になった人も居ます。年下だけどプロゴルファーとインストラクターの資格を取得した後輩も居ます。

今の時代、若いから=出来ない、若いから=未熟 と 考えるのは止めたほうが良いですね。若いからこそ頭が柔軟で面白いアイデアも生まれてきます。若い世代の人たちが会社を経営した方が、面白い会社になると思いますし、様々なアイデアが生まれてきて、世の中が充実するかもしれません。

年上の人たちも若いから、出来ない、未熟だとか思うのではなく、もっと若い世代の能力を信じた方が良いです。そして、若い世代の人たちの能力を摘み取ってしまうのではなく、能力を開花させることを考えた方が良いです。姑息な考えを持った大人の場合は、若い世代がの人たちが自分よりも能力があることが判ると、その能力を潰そうとする人も居るみたいですからね。

若いけど、実力あるけど、それが何か?
やるべきことはやってます。

あとは、社会的に受け入れられるような受け答え、言葉の使い方が伴ってくることが大切だと感じています。

 

松山英樹選手の今後

以前、テレビで松山英樹選手が「勝つだけで良い」、「物欲が全然無いんですよね」、「勝っただけで良い。それだけで良い」というような発言をしていました。

これからは、勝つだけではなく、自分自身がどれほど影響を与える立場に居るのかを考えていくことが大切になってくるのではと思います。

海外の試合に参戦するのも勝つためだとは思います。本当に勝つだけで良いのでしょうか。強いから勝てているのだと思いますが、自分が何のために勝つのか、誰のために勝つのかというようなことを考える事も必要になってくると思います。

私はサラリーマンとして働いていますが、自分のタメだけに働いているわけではありません。もちろん自分のためでもあります。究極は会社というフィルターを通して社会貢献をしているということになり、私が携わっている仕事のことで社会の人たちの手助けになっているはずです。そのために働いていると言えますし、それが社会人だと思います。短絡的ですが、社会人として働く理由を見出しています。

松山英樹選手も「勝つ」ことは悪いことではないですが、勝つための理由、勝つことによってどのような影響があるのか、そしてどのような効果があるのかを知るべき時期にあると思います。彼ほどの知名度になれば経済効果も大きいでしょう。試合は勝負です。ゴルフも勝負です。スポーツは勝負です。理由の無い勝負は、自分の腕試しの意味しかないし、小さなお山の大将に成りかねないのではと思います。

何故、勝ちたいのか? 日本では勝てるから、海外で勝てるようになりたい・・・と答えるかもしれません。海外で勝てるようになったら、オリンピックに出たいというでしょう。いえ、既にオリンピックに出たいと言っていました。オリンピックは国と国の交流です。国を代表してスポーツを通じて、お互いの技術を切磋琢磨します。そんなオリンピックで「勝ちたい」という気持ちだけで勝てるのかどうか・・・彼なら勝てるかもしれません。ですが、オリンピックでは「日本という国の代表として・・・」という気持ちを持って欲しいですね。

松山英樹選手に足らないもの それは、志

志があると言い張るのであれば、心がけが不足しているのかもしれません。

これからの活躍を見届けたい選手ですね。

 

スポンサーリンク
 

 

その他、松山英樹選手に関する記事がいくつかありますので、併せて読んでみてください。

スポンサーリンク
 
関連投稿記事
松山英樹のヘッドスピード・飛距離・ミート率など ジョーダン・スピース と 石川遼選手の飛距離、ヘッドスピード、ミート率を調べたので、今回は松山英樹選手を調べてみました。飛距離、ヘッドスピード、ミート率などが PGATOURサイトに記載されていますので、その記述を元にまとめてみましたのでシェアします。 ちなみにミート率という言葉は海外では Sma...
松山英樹のショットはネズミみたいだ? 松山英樹選手の少し前の動画です。去年のメモリアルトーナメントのときの動画なのですが、松山英樹がフルスイングをするとネズミが鳴いているようだということで、彼のフルスイングをまとめた動画がアップされていました。 Hideki Matsuyama's squeaking shoes at the Mem...
松山英樹に習う、自分に合ったドライバーのチューニング アメリカの試合で4勝している松山英樹選手ですが、彼の使っているドライバーやシャフトなどを調べてみると、彼なりのドライバーの選び方というか、調整の仕方みたいなものが見えてきます。松山英樹選手は使い慣れたクラブを長く使うタイプです。アイアン、ウェッジなどは鉛を張って調整をしたりもしています。 以前、ス...
松山英樹スイング分析 【 LEXUS 】 松山英樹選手がLEXUS所属なのはよく知られていることですね。その、LEXUSから松山英樹選手のスイング分析動画がYouTubeに公開されていました。これが、また素晴らしいスイングをしているんですよね。 スイングの解説は芹澤信雄さんです。   松山英樹プロのスイング分析-DRIVER...
松山英樹が優勝したときのクラブセッティング ウェイストマネジメント フェニックスオープンで優勝をした松山英樹選手ですが、本当に素晴らしいですね。おめでとうございます!最終日の追い上げの爆発力と集中力は強烈ですね。彼が素晴らしいゴルフをするというのは誰もが知っていることです。そして、気になるのはセッティングですね。どのようなゴルフクラブを使って...
SNS シェア