CONTENTS MENU
 

キム・ハヌルちゃん 優勝時のセッティング

キム・ハヌルちゃんが優勝したときのクラブセッティングが紹介されていましたのでシェアします。基本的には本間ゴルフを使用してます。イ・ボミちゃんと同じで本間ゴルフさんです。所属しているクラブメーカーが同じである場合は使用しているクラブも同じか似ている傾向にあるのではないだろうかと考えたりもします。2人が使用しているクラブは同じなのですが微妙にセッティングが異なるようですね。キム・ハヌルちゃんとイ・ボミちゃんのセッティングがどのように違うのかも見てみたいと思います。

スポンサーリンク
 

 

キム・ハヌル / アクサレディスin MIYAZAKI 優勝時のセッティング

まずは、キム・ハヌルちゃん優勝時のセッティングです。

  • ドライバー:本間ゴルフ TW727 455 ドライバー (9度)
    ※シャフト: VIZARD YA55(硬さR 44.75インチ)
  • フェアウェイウッド:本間ゴルフ TW727 フェアウェイウッド (3番15度)
  • ユーティリティ:本間ゴルフ TW727 ユーティリティ (19度、22度、25度)
  • アイアン:本間ゴルフ TW727V アイアン (6番~10番)
  • ウェッジ:本間ゴルフ TOUR WORLD TW-W (48度、52度、58度)
  • パター:オデッセイ ミルドコレクションパター プロトタイプ
  • ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR ボール(2015年モデル)

 
アイアンが6番からというセッティングになっています。6番アイアンといっても、TW727V の場合は6番アイアンでロフトが28°となっています。

そして、興味深いのはドライバーのシャフトですね。シャフトは、VIZARD YA55 フレックスRを使用しています。シャフトはイ・ボミちゃんと同じです。イ・ボミちゃんの優勝セッティング はこちらです。キム・ハヌルちゃんはシャフトの長さが45インチよりも短くして44.75インチとなっています。これは興味深いですね。VIZARD YA55 フレックスR シャフトの詳細を調べてみましょう。

 

VIZARD YA55 フレックスR シャフトの詳細スペック

  • 調子 : 中調子
  • バット径 : 15.4mm
  • チップ径 : 8.6mm
  • 重量 : 54.0グラム
  • トルク : 4.35
  • 振動数 : 258cpm

 
フレックス4.35というのは、市販されているドライバーに標準装着されているシャフトのフレックスS相当くらいでしょうか。まずまずな硬度ですね。

イ・ボミちゃんが ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ で優勝をしたときのドライバーもVIZARD YA55 フレックスRを装着していました。ですが、イ・ボミちゃんのシャフト長さは 45.5インチとなっており、キム・ハヌルちゃんよりも少々長めのシャフトとなっています。ちなみにロフトも違います。この辺りはとても興味深いです。判りやすくまとめると下記となります。

スポンサーリンク
 

 

キム・ハヌル ドライバー

ドライバーのシャフトの長さが 44.75インチとなっています。ロフトが9度となっています。

  • ドライバー:本間ゴルフ TW727 455 ドライバー (ロフト9度)
  • シャフト:VIZARD YA55(硬さR 44.75インチ)

 

イ・ボミ ドライバー

ドライバーのシャフトの長さが 45.5インチとなっています。ロフトが10.5度となっています。

  • ドライバー:本間ゴルフ TW727 455 ドライバー (ロフト10.5度)
  • シャフト:VIZARD YA55(硬さR 45.5インチ)

イ・ボミの優勝セッティング

 

もちろん、ゴルファーが変わればスイングが変わりますし、打ち方も変わりますし、同じシャフト、同じドライバーでもスペック・バランスの差異が出るのは当たり前だとは思います。当たり前だとは思うのですが、キム・ハヌルちゃんはテレビで見ていた雰囲気ですとドライバーショットは240ヤード程飛ばしていましたから、今のセッティングがフィットしているのでしょうね。彼女は、かなりパワーがあるんでしょうね。

下の動画はキム・ハヌルちゃんのインスタグラムに投稿されていた、ドライビングレンジでのショットです。

 

キム・ハヌルちゃんのこれからの活躍が楽しみですね。
そして、日本人選手も頑張って優勝をして欲しいなと思います。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア