GDO運営のゴルフスクール GOLFTEC
CONTENTS MENU
 

勘違いフェード・ヒッター 【 自分の持ち球 実はスライス 】

自分の持ち玉を考えると、私はフェードです。以前、ゴルフレッスンの先生とラウンドをしたり、レッスンラウンドをしたりしていたので、先生は私の持ち玉をフェードですね~と言っていました。

スポンサーリンク
 

私も自分の持ち玉は、フェードだと思っていました。その時、先生は私のフェード打ちを褒めているのかと思い、自信満々、得意気になっていました。

ですが、先日のレッスンラウンドで先生が・・・私のドライバーをショットを見て・・・フェードというよりは、スライスを打っているフェードですねとキツイ一言。

身体が開いて、腕が入ってアウトサイド軌道で、フェイスも開いてボールにヒットしているので、思い切りスライスを打って、フェードだと思い込んでいる典型的な勘違いのフェード・ヒッターですよと言われてしまいました。

・・・絶句。

何故、もっと早く言ってくれないの?と聞いたら、以前のレッスンラウンドはフェードとかスライスとかではないところを教えるためのレッスンラウンドだったので、順番に進めていかないと消化できなくなりますから、あえて何も言いませんでしたとのこと。

なるほど。

自分でも判ってはいたんですけどね。

スポンサーリンク
 

身体が開いているのも判っているし、腕で合わせにいってアウトサイド軌道になっていることも判っています。そしてフェイスも開いています。たまたま、フックフェイスになっているので、スライスの曲がり幅が軽減されているだけだろうと思います。

私はチーピンが嫌いです。

強烈に曲がるフックが嫌いです。

90度、直角に曲がるようなフックとか見たくもありません。

だから、勘違いフェード・ヒッターとして少しボールがスライスするような弾道の方が安心感があったのは事実ですし、精神衛生面にも安定していました。そして、スライス打ちのフェードというのは、フェイス面が少し開いてボールにヒットしますので、ボールが上がりやすいということがあります。これが、また、自分ではナイスショットが打てているような錯覚に陥っていたのでしょうね。

ティーグランドに立つときも少し左を向いて、少しオープンにして、スライスを打てばフェードの出来上がりです。

レッスンの先生曰く、最近のドライバーを含めたゴルフクラブというのは、適切なスイングで打つことが出来れば、自然とドローかストレートボールが打てるように作られているとのことです。もちろん、シャフトの関係などもありますが。左へ曲がったり、右へ大きく曲がったりするということは適切なスイングが出来ていないということになります。

やはり右利きなので、右手(右腕)にチカラが入りやすく、スイング途中で右手(右腕)で押すような動作が入ってしまうことがアウトサイド軌道になってしまうことを手伝っているようです。併せて、右脇が開いてしまうというか、右肘が身体から離れるような動作もあるとのこと。

グリップの緩み もあるので、細かなところをチェックしていこうと思っています。
グリップの緩みは気の緩みという記事を書いたのですが、グリップが緩むことで、スイング中に不安になり腕(手)にチカラを入れてクラブを支えようとする動作も加わっているとのことです。

もう、ボロボロだ~

自称フェードヒッターを脱却するためにスイング調整中です。

今現在は、ストレートボールを打てるようにスイングを調整しています。

ストレートボールを打てるようなれば、ボールが曲がらない分、少しだけ飛距離(キャリー)が伸びるだろうということなので、頑張ってみようと思います。飛距離が伸びるのは嬉しいですね。たしかにスライスは飛距離が出難いですから、スイングを調整して飛距離が伸びるなら嬉しいです。

スポンサーリンク  

一度には、スイング修正で色々なことは出来ないし、一度にたくさん修正をしてしまうと、これからのゴルフラウンドに影響を及ぼすといけないので、スイングを部分的に修正をしていこうということで、先生とお話をしました。

さぁ~て 何がなんだか判らなくなってきましたよ~
今後はどうなることやら

自称フェードヒッター脱却!

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア