ゴルフテックシックスパッドで体幹強化
CONTENTS MENU
 

海外のジュニアゴルファー育成は進んでる?

海外のジュニアゴルファー育成制度というのは進んでいる様に感じますね。7歳から15歳のジュニアゴルファーがドライバー、アプローチ、パターの技術を披露するコンテストの様な Drive, Chip and Putt Championship が 開催されています。ストロークプレーでの打数ではなく、技術に採点をするというところが新しいですね。ドライバーは決められた幅でどれだけ飛ばせたかによってポイントが加算されます。アプローチ、パターはどれだけ寄せられたかというところを採点するようです。

採点をするコンテストだからこそ、子供達は上達しやすいのかもしれませんね。褒められれば子供は嬉しいですからね。新しいモチベーションを見つけることが出来はずですし、ゴルフというスポーツがもっと好きになるでしょうね。

Drive, Chip and Putt Championship はジュニアゴルファーを育成するプログラムではないのですが、ジュニアゴルファーの技術向上に大きく関わっているでしょうし、有名プロゴルファー達が支援していたりもします。

スポンサーリンク
 

 

Drive, Chip and Putt Championship

Drive, Chip and Putt Championship のイベントにジョーダン・スピース、レキシー・トンプソンが参加したときの映像です。場所はニューヨークの様です。ジョーダン・スピースがグリーンジャケットを着用してイベントに参加している理由としては、Drive, Chip and Putt Championship の決勝会場となるのがオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブだからです。

そして、ジョーダン・スピースとレキシー・トンプソンはジュニア・ライダーカップの選手として、チームメイトとして共に活躍していたからです。

Drive, Chip and Putt Championship から才能のあるジュニア・ゴルファーが育つかもしれない・・・そんな期待感がありますね。

 

スポンサーリンク
 

 

ジュニア・ライダーカップ スピースとレキシー

INSTAGRAM に 写真が投稿されていました。2008年頃の写真だそうです。ですから、今から8年程前ということですから、ジョーダン・スピースが14歳くらい、レキシーが13歳くらいでしょうか。 まだ、子供です。でも、今はの2人はスーパースターですからね。子供の将来、未来というのは多くの可能性があるんだなということを感じさせてくれますね。


▲バッグを担いで歩くスピースとレキシー。

 


▲グリーン上での2人。既にスピースのパターはスコッティキャメロンっぽいですね。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア