CONTENTS MENU
 

自宅でパターの練習 【 ジョーダン・スピースの真似 】

冬は自宅でパター練習をするのが良いですね。外は寒くて身体が冷えてしまってスムーズにスイングが出来ませんからね。ということで、自宅でパターの練習をするのであれば、ジョーダン・スピースのボールを見ないパッティングを真似してみようかなと思いまして、色々と試してみました。

スポンサーリンク
 

理由としては、ボールを見ないから入れごろ外しごろの微妙な距離のパッティングを気持ちよくカップイン出来るのかもしれないと思ったからです。1メートル前後のパッティングを外すときというのは、ボールとパターのフェイス面を見つめるようなアドレスをすることで、ストロークの強弱が鈍ってしまっているように感じたからです。

ジョーダン・スピースは全てのパッティングでボールを見ずにパッティングをしているわけではありません。ロングパットなどはしっかりとボールとパターのフェース面を確認してストロークをしています。

ボールを見ずに適切なストロークが出来るのなら、微妙な距離のパッティングでミスを減らすことが出来ますし、それがスコアメイクに繋がってきます。

ジョーダン・スピースのボールを見ないパッティングのポイント

(1) 方向を合わせて真っ直ぐストロークをする
(2) カップと同じ位置くらいにボールを転がす
(3) 腕を使わない
(4) クロスハンド・グリップ
(5) フォワードプレスが大きい

自宅でパターの練習 【 ジョーダン・スピースの真似 】

いきなりクロスハンドグリップなんて出来ませんので、いつも通りの握り方でストロークをしてみました。あまり変わったことにトライすると本当のストロークができなくなりそうで怖いですね。

少し離れたところにバケツか何かを置いて、その中にボールを投げ入れる時というのは、ボールを持っている手元を見て投げるということはしません。目印としているところを狙ってボールを投げます。その時には目で見て距離を見極めてボールを投げるチカラを調整して加減をしてボールを投げます。もちろん、ゴルフでいうところのパターというのはボールを転がしますからボールを投げるというのとは、少し意味が違ってきます。

ですが、狙ったところにボールを投げる と 狙ったところにパターでボールを 転がすというのは似ている点があるということですね。目印に向かってボールを投げるというのはアプローチにもリンクしてくるところがありますね。的確なアプローチをするにはボールを投げるような感覚で距離を見極めるとか・・・そんな言葉を聞いたことがあるかと思いますが、ジョーダン・スピースのパターはまさしくその通りだと思います。

パターの場合はボールを転がすので、投げるというよりはボーリングの方がイメージが近いかもしれませんね。ゴルフが上手な人はボーリングも上手だと言いますからね。きっとライン出しを必要とするからでしょうね。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック) ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思います。...
飛距離は天性のモノなのだろうか ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとスイングを...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談話なので...
雨ゴルフは仕事が増えて飛距離が落ちる 雨ゴルフは嫌いではありません。 ですが、好きではありませ。 ただ、雨ゴルフは仕事が増えるので、それが厄介ですね。 傘をささなきゃいけないし、グローブが湿ったりしないようにしなきゃいけないし、グリップが濡れたらふかなきゃいけないしということで、色々と動作が増えるので・・・仕事が増えます。その煩わし...
長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか... ソニーオープンinハワイでジャスティン・トーマスが優勝しました。その時の映像を録画しておいて、後から見ていました。解説の方が、とても興味深い表現をしていました。ジャスティン・トーマスのグリーンを狙ったアイアンショットの精度の高さを、長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか、よ...
SNS シェア