飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ジョーダン・スピースのセッティング 2017年

トラベラーズ選手権でジョーダン・スピースが優勝しました。最近、パッとしない感じでしたが、今回の優勝で世界ランキングは3位となりました。ちなみに世界ランキング2位は、松山英樹選手です。1位は、ダスティン・ジョンソンとなっています。
Official World Golf Ranking

スポンサーリンク
 

ジョーダン・スピースのセッティング

最新モデルを使っているのかと思ったのですが、ドライバーは 915D2 となっており、古いモデルを使っています。自分のスイングに合っているのか、それとも使い慣れてしまって変えたくないのか・・・理由は判りませんが、スピースは古いモデルを使って勝っています。

  • Driver: Titleist 915D2 (9.5 degrees)
    Shaft: Aldila NV 2KXV Blue 70X
  • 3 Wood: Titleist 915F (15 degrees)
    Shaft: Graphite Design Tour AD-DI 7X
  • Hybrid: Titleist 816H2 (21 degrees)
    Shaft: Graphite Design Tour AD-DI 95X
  • Irons: Titleist 716 T-MB (4), Titleist 716 AP2 (5-9)
    Shafts: True Temper Project X 6.5
  • Wedges: Titleist Vokey SM6 (46-08 F Grind, 52-08 F Grind, 56-10 S Grind and 60-04 L Grind)
    Shafts: True Temper Project X 6.0 (46, 56, 60) True Temper Project X 6.5 (52)
  • Putter: Scotty Cameron 009 Prototype
    Grip: SuperStroke Flatso 1.0 (Black/White)
  • Ball: Titleist Pro V1X

元ソース:Jordan Spieth’s Winning WITB

スポンサーリンク
 

タイトリスト 915 D2 ドライバー


※GDOギアカタログ

ヘッドの体積は460cc。ソール側に設けられたアクティブリコイルチャンネルによって、強い反発が得られる面積が拡大されており、打点がズレても弾き感が強くなっています。つまり、寛容性がある、ミスに強いドライバーということです。寛容性があるというのは、優しい、簡単という意味なのですが、それがタイトリストらしくないとも言われたりしていますね。併せて、低スピンなボールが打ちやすくなっています。 純正装着シャフト:Titleist SPEEDER 515

ジョーダン・スピースのパター

一時期はパターを変更したというのが話題となりましたが、今まで使用していたスコッティキャメロン 009 プロトタイプに戻しています。

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38