CONTENTS MENU
 

石川遼 が テレビ解説

石川遼さんがヘルニア一歩手前の症状で休戦中となっています。そして、試合をお休みしている間は日本国内ツアーのテレビ解説を務めることになったようですね。既に、東建ホームメイトカップで丸山茂樹さんと共にテレビ解説をしていましたね。

スポンサーリンク
 

石川遼というプロゴルファーの目線から解説される内容には、とても興味を持ちます。今までに無い新しい気付きも得られるかもしれません。

ですが、テレビ画面に映る石川遼さんを見ていると・・・そこは、あなたの居場所じゃないと思ってしまいました。石川遼の居場所はゴルフ場、コースであり、表彰台の上・・・と思ってしまいました。

石川遼さんがテレビ解説をするというのは、斬新であり、石川遼ファンとしては嬉しいものです。ですが、その間はゴルフをしていないということになりますから、ますますゴルフ選手として衰えてしまうのではないだろうかと老婆心ではありませんが、心配してしまうところですね。

もちろん、見えない所でトレーニング、練習、治療などをしているとは思いますし、腰痛が治れば戦線復帰をするだろうとは思います。ですが、一度ゴルフの試合から離れてしまうと、なかなか復帰し難いのでは無いだろうかと思ってしまいます。私の様なアマチュアゴルファーでも久しぶりに競技に参加したりすると緊張しますからね。緊張しないために、常にラウンドをしてみたり、コンペに参加したりして、自分の感覚を維持するというようなことをしたりもしますから。プロゴルファーなら、もっと緊張をするだろうしメンタル的な負担も大きいと思います。腰痛が治癒すれば簡単に復帰できるような訳でも無いだろうと思いますから。

丸山茂樹さんも海外で活躍をして、日本国内ツアーに復帰した時には怪我などもあり、なかなか思うようにゴルフが出来なかった時期が続いていました。怪我というのは選手のモチベーションまで奪ってしまうという大変なことなのだろうということが想像できます。

ローリー・マキロイは足の靭帯を断裂してしまって、試合に出ていなかった時期がありました。まだ、記憶に新しいですね。マキロイが靭帯断裂をしたのは2015年7月初旬だった記憶があります。2015年9月には復帰をしていたはずですから、2ヶ月間程戦線離脱をしていたということになります。試合に参戦していないというだけで、ローリー・マキロイは世界ランキング1位ではなくなってしまいました。試合に出なければポイントを稼ぐことも出来ませんから、当たり前の事だと思います。

石川遼選手も同じ様に、戦線離脱をしているということは、試合に出ていないということなので、ランキングは下がってしまうだろうと思います。2016年2月から腰痛で戦線離脱をしていますから、すでに2ヶ月が経とうとしています。腰痛が治癒していないのであれば仕方が無いのでしょうが、早く復帰しないと苦しい1年間になるのではないでしょうか。そんな心配をしてしまいます。

アメリカで勝つという夢、目標があったはず・・・いやメジャーで勝つと言っていたはず・・・2015年もギリギリ滑り込みでシードを確保できたのですから、一息ついて安堵もあるだろうし、重ねて腰痛という故障もあり、様々な障壁を乗り越えていかなければいけません。

そして、さらに高みを目指して頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
SNS シェア