飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アイアンセットの変化 5本セット? 4本セット?

アイアンセットといえば、昔は3番アイアン?9番アイアン PW AW SW という 10本セットが多かったように思います。昨今は、5番アイアンからのセットが多くなっていますね。さらには、PW AW SW などのウェッジがセットに含まれていないというような場合もあります。市場に出回っているアイアンセットというのは時代と共に少なからず変化をしてきているということを感じます。

これからはアイアンセットは4本セットになるかもしれない? という話題があがっています。

 

スポンサーリンク
 

 

プロゴルファーが使用するアイアンセットも色々と変化が見られます。とくに、国内女子ツアーの場合は6番アイアンからのセッティングにしている選手が増えてきています。5番アイアンを抜いている選手が多くなっており、その代替としてユーティリティを入れていることが多いです。または、9番ウッドとか7番ウッドの活躍も見られますね。とても参考になるセッティングだと感じています。

ただ、私はウェッジなどを単品で揃えたりすることもありますが、出来る限りアイアンセットと同じメーカーのウェッジを揃えたいと考えている方です。バランスが整うだろうという考えです。ですから、5番アイアン〜9番アイアン PW AW SW は 同じメーカーのセットで購入することが多いです。

昔は3番アイアンからのセットをでしたから、自分が使えなくてもとりあえず3番が入っていましたからね。というよりも当時は5番ウッドやユーティリティーと呼ばれるゴルフクラブが無かった記憶がありますね。5番ウッドはあったかもしれませんね・・・というよりも、あまり見かけなかったというか浸透していなかったのかもしれないですね。私が3番アイアンからのセットを使用していた昔は、奇数番手だけのアイアンを使っていましたね。3番、5番、7番、9番・・・そしてウェッジという具合でしたね。それで、丁度良かったんだろうと思います。最近では3番アイアンなんて見かけませんからね。せいぜい、4番アイアンくらいでしょうか。それでも珍しいという感じがします。殆どの人が3番ユーティリティ、4番ユーティリティではないでしょうか。むしろ、ロングアイアン、ユーティリティーも入れずにウッドを活用するという人も多いですね。

3番アイアンからのセットと、最近の5番アイアンからのセットの価格を比較するとあまり価格差がないようにも感じますね。本数が少ない5番アイアンからのセットのほうが割高? と感じてしまいますね。厳密に言えば、格差は発生しているようですが。

ホームコースの先輩たちはグリーンを狙う時にはアイアンではなくウッドを使う人が多いですね。ウッドの方がボールが高く上がるからという理由のようですね。もちろん、グリーンまでの距離が短けばショートのアイアンの出番にはなりますが。私もアイアンは得意ではないんですよね。アイアンは難しいです。現場でアイアンショットでナイスショットが出ることは殆ど無いですね。それでも、ボールが前に飛んでくれているのでなんとかなっているという感じです。

スポンサーリンク
 

 

ちなみに最近では3番ウッドは要らない・・・5番ウッドで3番ウッド並の飛距離が出るというような、飛ぶ5番ウッドが話題になっていますね。飛ぶ3番ウッドの次は、飛ぶ5番ウッドです。以前まではドライバーの替りとなるスプーンが人気でしたね。ぶっ飛びスプーンとか、ティーショット用のスプーンなどが人気でした。その次に、ぶっ飛び系の5番ウッドですか・・・きっとフェアウェイからスプーンを打つのが難しいから、スプーン並の飛距離が出る5番ウッドを・・・という考えのだろうとは思いますが。飛んでくれるのは助かりますし、私も飛距離アップには専念をしていますから。ですが、短いクラブで飛びすぎるというのも考えものではないだろうかと思うこともあります。

最近の現代的なスプーンと昔のドライバーを比べたことがあるのですが、現代のスプーンは昔のドライバーと同じくらいのヘッド体積なのです。つまり、昔のドライバーで直ドラをしているのと同じような感じになりますからね。

少し前に7番アイアンで160ヤード、180ヤード飛ぶというクラブがありました。飛ぶのは凄いです。凄いのですが、自分のなかでの距離感が狂ってきますし、そもそもアイアンは飛ばすよりも狙うクラブだと感じることもありました。また、飛びすぎるアイアンは下の番手との距離感調整バランスが自分の中で整理ができなくなってきますので、大変なことになることもあります。

ただ、ホールの第一打目であるティーショットは飛ばしておいた方が良いだろうとは思います。出来る限りグリーンに近づけておけばアドバンテージは取れますからね。ただ、200ヤードだったり、170ヤードだったりという飛距離のバラ付きが出たりすると、色々と考えなければいけないことが増えてきますから、飛ばすだけではなく精度も大切な要素となってきます。

昔のゴルフクラブは現代のクラブと比べて飛ばないかもしれませんが、とても分かりやすかったようにも感じますね。つまり、番手通りの距離感が掴みやすかったように感じます。その距離感があるからこそ適切な番手選びをしてショットをしていくということが出来ていたはずです。

クラブの進化、ゴルフ場の変化、自分自身の変化などなど・・・様々な変化についていかないといけないのだろうかと色々と考えさせられますね。クラブが進化しようとも、ゴルフというスポーツの最終的な目的は良いスコアで上がることですから、良いスコアでゴルフが出来るようなゴルフクラブが最も良いゴルフクラブだろうと思います。

日々、精進
がんばります

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
2017/9/16 1:38